メンタル・仕事

仕事が休みなのに休まらない原因8選【休まらないのは気にする事が多いから】

仕事が休みなのに休まらない原因8選【休まらないのは気にする事が多いから】
スポンサードリンク

はい!どうもDAISUKEです!(@desing_d

仕事は休みなのに、なんだか色々考えてしまったりして休まらない

こんな事で悩んでいませんか?
結論を言ってしまうと『あなたは真面目過ぎます
雇う側からしたら、真面目な人はとても助かりますし、信頼できます。
しかし、真面目過ぎる人は自分を大事にする事が下手くそで、気がついたらずっと気を張っている状態などになっています。

この様な状態が続くと、仕事が休みの日であってもリラックス出来ないので疲れが取れていないだとか。
休日にも関わらず、仕事をしてしまったり。
最終的には、休日を全く楽しめない状態になってしまう人もいます。

仕事が趣味という人もいると思うので、そういう人でない限りは休日はしっかり休んでリフレッシュした方が生産性は上がると思います。
そもそも、休まらないと思ってしまった時点でそこまで仕事をしたくないという事でしょう。
そういった、真面目すぎる人の為にそうなってしまう原因と対処方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

仕事が休みなのに休まらない原因8選【休まらないのは気にする事が多いから】

仕事が休みなのに休まらない原因8選【休まらないのは気にする事が多いから】

仕事が休みなのに休まらない原因と対処法は以下の通りです。

ポイント

  • 自宅で仕事の事を考え過ぎている
  • 会社からの電話に敏感である
  • 仕事の案件でLINEなど常に鳴っている
  • 仕事をしっかり終わらせていない
  • 自分の休日を上司が把握していない
  • そもそも会社に問題がある
  • 休日に予定がない
  • 趣味がない

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

自宅で仕事の事を考え過ぎている

真面目な人によくあるパターンですが、自宅に帰っても仕事の事をあれこれ考え過ぎです。
真面目な上に、心配性の人が多いかもしれません。

そして多くの心配事は杞憂で終わってしまう事の方が多いので、考えるだけ結構無駄だったりします。
これは、自分の努力次第で帰宅後には考えないという事をするように出来るので頑張ってみましょう。

対策

出来る対策としては、帰ったら仕事の事を考えないルールを作りましょう。
そして、会社の関係のある物などはなるべくリビングなどに置かない様にしましょう。
スマホ、カバン、スーツこういった物は基本的に見えない場所に起きます。

あとは忘れてリラックスするだけなので難しくありません。
どうしても電話などが気になる場合は、マナーモードなどにしておき20時に一回だけ見るという事などしたら良いと思います。

会社からの電話に敏感である

休みなのに休まらない人の中で、会社からの電話などに敏感に反応してしまう人いますよね。
私はこれを緊張型の人と思っています。

電話に出なければ怒られる、自分のミスが何かあったのか、不安と怒られるのではないか?という緊張で休まらないという感じですね。
責任感なのか、怒られるのがいやなのかわかりませんが、電話に敏感な人は帰宅してからスマホを遠ざけてみましょう。

対策

個人的な対策方法としては、『帰宅したらスマホ見ないマン』というキャラクター付けをしてしまいましょう。
『自分、変えるとスマホ全くみないので分からないです』という様な事を、会話の中で定期的に使って会社の同僚や上司に植えつけていきます。

私は、見ないというよりは20時以降はナイトモードで電話に気がつかない=電話に出る事は出来ないという感じにしています。
もし気がついても、寝ていました!だとか、○○してました気が付きませんでしたなど翌日に言います。
帰宅後は会社に無理やり付き合う必要は全くないのです。

仕事の案件でLINEなど常に鳴っている

これも上記と一緒ですが、基本的に帰宅後はスマホを近くに置かない方がいいです。
気が付くからプレッシャーだったり気にかけてしまうので、リラックス環境にスマホを置かないというのは結構大事ですし、意外とやっている人は多いのではないでしょうか。

iphoneなら赤丸を非表示にしたりする事で大分プレッシャーはなくなるかもしれません。

対策

iPhoneでLINEなどのバッチ通知を消す方法【赤丸数字を消してストレスレス!】

とりあえず、こちらでiPhoneの赤丸数字を消す事が出来ますので、おすすめです。

あとは 、ナイトモードだったり、マナーモードを活用しましょう。

仕事をしっかり終わらせていない

仕事をしっかり終わらせていないので、気になってしまっている事もあると思います。
私はこの場合は、仕事を逆にして終わらせてリラックスした状態で休日に入りたいと思っています。

要は、嫌な事を抱えたまま過ごすのは気になってストレスなので、終わらせる事が出来るのであればそれは終わらせるのが一番早い解決だと思っています。

対策

個人的には、仕事を終わらせる事が出来るのであれば、それはやってしまった方が気持ち的に楽ですね。
今すぐ終わらせれない事であれば、失敗する可能性の穴埋めだったり、確認などして安心出来る状態まで持っていく事が大事です。

自分の休日を上司が把握していない

そもそも、上司が自分が休みというのを知らない場合があります。
その場合は遠慮なくスルーしてやりましょう。

対策

上司などに『明日休みで出かけているので、電話などは出れないと思います!』など嘘でもいいので私は休みですよ!というアピールをするのはありだと思います。

そもそも会社に問題がある

根本的にブラックな会社で人権がない場合もあるかもしれません。
その場合は、やめましょう。

休日に予定がない

休日に予定がない人というのは、余分な事を考えがちです。
楽しみがある人というのは、楽しい事を考えるのですが暇な人は余分な問題ばかり考えてしまうのでリラックスできません。

対策

友人などと出かける予定を立ててみるのがいいでしょう。
予定があると楽しい気持ちになる人もいますので、やってみましょう。

趣味がない

上記と同じ内容ですが、趣味などがないと暇をしてしまったり、楽しいという気持ちが出なかったり。
実は仕事しかない人生で、休みでも仕事をしてしまうなんて事も考えられます。

対策

なんでも良いので、趣味を持ちましょう。
何歳になっても趣味は大事だと思います。

もし、趣味がないという人は、下記の記事を参考にしてみてください。
趣味が無いとか人生損してる!【人生の得になるかも?おすすめの趣味リスト】

スポンサーリンク

仕事が休みなのに休まらない原因8選【まとめ】

仕事が休みなのに休まらない原因8選【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
仕事が休みでも休まらに理由というのは、意外と自分にある可能性が高いと思います。

つまり、自分が変われば対処出来る事だと思うので、辛くなる前に休める様な環境を作りましょう。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-, , ,

© 2020 D-desing