家庭・生活

LINEで疲れを感じるのは距離感の問題【既読を気にする奴は面倒】

スポンサードリンク

はい!どうも、DAISUKEです!(@desing_d

LINEって監視されているみたいで嫌だし、見たら直ぐに返信しなければいけないみたいなルールがあるのが嫌いで疲れる

この様な事で悩んでいませんか?
結論から言ってしまうと、LINEで疲れてしまう人は距離感が近過ぎます。
あと、究極的に言ってしまうと、良い人を演じようとし過ぎです。

ただ、LINEはチャットなのでやり取りも簡単ですし、レスポンスが早いと思われがちですが決して直ぐに返信しなければいけない訳ではありません。
私は寧ろ読んで欲しい事だけの場合は、既読がついたらOKですし。
LINEやメールというのは、そもそも気がついたら返信するか、必要であれば返信、もしくは娯楽で楽しむ為に返信するとおもいます。

なので『既読ついた( ゚ω゚;)』どうしようとか思っている時点で気にし過ぎです。
勿論、即返事が大好きな人なら構いませんが、それがストレスであるなら自分を偽り過ぎです。

仕事だとなんとも言えませんが、それ以外での偽った付き合いと言うのは永遠と続けていくしかなりません。
本記事では、LINEで疲れを感じるのは距離感の問題について詳しく解説しています。

スポンサーリンク

LINEで疲れを感じるのは距離感の問題【既読を気にする奴は面倒】

LINEで疲れを感じるのは距離感の問題【既読を気にする奴は面倒】

LINEで疲れを感じるのは距離感の問題という理由は以下の通りです。

ポイント

  • ストレスを感じるなら基本的に見ない
  • 素直な自分に従った方が人生楽しい
  • LINEは道具だから、道具に囚われるな

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

LINEにストレスを感じるなら基本的に見ない

LINEってついつい見てしまう人も多いかと思いますが、それがそもそも時間の無駄です。
もし、目の前に行うべき事があるならそちらを優先しても構いません。
仕事などで究極に急いでいる人は恐らくLINEではなく電話をしてきます。

LINEで送ってきている以上、基本的にはそこまで急ぎではないので今日中にでも返信すればいいでしょう。
もし、それが急ぎの場合は明らかに見なかった自分が悪いと言うよりも、相手がギリギリの環境で生きている事の方が悪いと思います。
世の中には、計画的に動く効率的な人と、衝動や思いつきで行動する感情的な人がいます。

そして、多くの事は後者の思いつくきが計画的な人のサイクルに割り込んで来てストレスになったりします。
相手に合わせてしまうから疲れてしまうので、自分に話をフルなら自分に合わせてくれ!というくらいで丁度良いのかもしれません。
図々しい人と言うのは、一回許すと土足でズカズカ入って来てしまう時があるので、ある程度のラインは必要です。

LINEを気にする余り、他の事に手が付かなくなってしまうのは意味がないので、そうなってしまう場合は基本的にはLINEを見る事を控えましょう。
それだけでもストレスレベルは結構変わります。

iPhoneの人限定ですが、通知を消す方法について解説していますので、参考にしてみてください。
iPhoneでLINEなどのバッチ通知を消す方法【赤丸数字を消してストレスレス!】

ココがポイント

気がついたら見てしまうからストレスになったりするので、見たい時に見るというマインドを持ちましょう。

素直な自分に従った方が人生楽しい

この素直な自分に従った方が楽しいというのは、この人の返信はしたいけど、この人はしたく無いなどもありますよね。
私は返したくない人には、基本的に返さないですし。仕事の場合は絵文字も顔文字も基本的に付けません。
冷たい人間と思われても構わない人にはそういった対応と、時間が勿体無いので最低限のやり取りで終わらせます。

『面倒な人からLINEきてさ〜』とか言っている人は、返す必要がないか。『はい、いいえ』などで返しておけば大体話は終わります。
即レスを求めてくる相手に対しては、正直そいつは危険な人間なので本気で注意が必要だと思います。

理由としては、しっかり自分を持っている人だったり、趣味がある、もしくは忙しい人はいちいち相手の返信は待っていなくて、ただ来たら今返さないと忘れるから即レスをするような人が多いと思います。
つまり、スマホを持ってずっと相手の返信を待っているだけの人間と言うのは、暇人で時間の無駄をしている人なので依存傾向にあると思いますし、なにも成し遂げれない人の可能性が高いと思うので、即レスを要求してくる、彼氏、彼女さんがいる場合はすこし将来を考えて見た方がいいかもしれません。

LINEと言うのは所詮チャットなので、長時間するならハンズフリーで電話した方が楽ですし。
会う事が出来るなら時間を割いて合った方がお互いの為だと思います。
お互いがスマホに囚われるのではなく、お互いの生活の中で空いた時間でやりとりが出来る程度に思った方がいいともいます。

ココがポイント

自分はどうなりたいか。それを考えてLINEを使うべきだと思います。

LINEは道具だから、道具に囚われるな

LINEと言うのは所詮道具に過ぎません。
道具を気にして、生活が疎かになったりそれでストレスを感じてしまうと言うのは本末転倒になってしまいます。

個人的な意見ではありますが、道具に惑わされて自分の私生活が疎かになってしまっては意味がないと思っています。
道具は便利になる為に使うべきです。

私はSNSを見るのがストレスを感じるようになった為スマホからはアプリを削除しています。
基本的に見るのはブラウザからです。

そうする事で通知は来ませんし、ネガティブなニュースを見る事はありません。
他にもYouTubeを見過ぎてしまう人は制限をかけたり、アプリを削除したりすると生活のストレスが減ると思います。

意外と我々は、便利と思って使っている物に依存してしまっている所も多くあると思います。
LINEだけではなく、そういった物に時間や精神を奪われてしまうのは勿体無いので気をつけましょう。

ココがポイント

LINEは所詮道具であり、自分の時間や感情やストレスの方が大事なので、その辺をしっかり気にして活用するようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで疲れを感じるのは距離感の問題【まとめ】

LINEで疲れを感じるのは距離感の問題【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
LINEで疲れを感じてしまうのは、LINEや相手との距離感でなんとか出来ます。

本来自分は、そんなに頻繁にやりとりをしたくない人なら無理にする必要はなく、そう言う人と周りに認識させる事が大事です。
よく、友人などで1時間遅刻が当たり前の人に怒る事はないですし、それで嫌いになりませんし。嫌いな人はそもそも誘わなくなりますよね。
私の友人でもそういう人がいますが、私は仲良くしています。

それが友人であり、それも含めて私は認めているからです。
仕事もここまで持って行けたら最高ですが、少なくとも私生活での付き合いのLINEでは自分を出す事をしていきましょう。
それでだけでも、十分にストレスない生活が出来る様になるかもしれません。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-家庭・生活
-, , ,

© 2020 D-desing