メンタル・仕事

終わった事を気にしても仕方がないので、それだけの事と思うコツ

スポンサードリンク

はい!どうも、DAISUKEです!(@desing_d

終わった事を悔やんだり、後悔し続ける事に意味はないのはわかっているけど、どうしても気になってしまう。どうしよう

この様な事で悩んでいませんか?

結論を言ってしまうと、終わった事は気にし続けても仕方がないので、ネガティブでもポジティブのどちらでもなく『それだけの事』と事実を受け止めるだけにするのが良いでしょう。
よく、嫌な事は忘れてしまった方がいいという事も聞きますが、私はそうとは思いません。
嫌な事、失敗した事を覚えているから次に同じ間違いをしないと思うからです。

でも、その嫌な事を覚えているのはストレスだよ!と思う気持ちもわかります。
しかし、その事実は変わらないので、その気持ちは忘れても良いと思いますが、事実であった事はそう言う事があったという事を覚えておくだけと言う事ですね。

正直私は馬鹿なので、基本的に数日寝たら忘れる事の方が多いのですが、中にはずっと考えてしまって眠れないだとか、トラウマになって何も出来なくなるなんて人もいると思います。
個人差はあるので、確実とは言いませんが私もそういった日々も過去にはあったので、どうやって終わった事を気にしない様な人間になったのか、と言う事を参考程度に紹介していきます。

スポンサーリンク

終わった事を気にしても仕方がないので、それだけの事と思うコツ

終わった事を気にしても仕方がないので、それだけの事と思うコツ

終わった事を気にしても仕方がないので、それだけの事と思うコツは以下の通りです。

ポイント

  • 基本的に物事を大袈裟に受け止めない
  • 終わった事はいつまでも話題にしない
  • 寝る前はネガティブ思考に埋もれない

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

基本的に物事を大袈裟に受け止めない

少し冷めた人間になってしまうかもしれませんが、大体のアクシデントや失敗などで死ぬ事はありません。
傘を忘れてずぶ濡れになる事が最悪と思ってしまう人と、雨で濡れるだけじゃんそれだけと思うかだとストレスレベルが全然違います。

そして、私がよく嫌な事があった時につかうおまじないが『それだけの事』と思う様にしています。
不思議な事で、あー今日怒られちゃったなでもそれだけの事だしまぁいいか。と思うだけでも鎖が外れた気がします。
ループ的に考えてしまう人は、答えのないネガティブな物に永遠と悩み続けてしまうので、まずこのループをしょっぱなで断ち切るしかないのです。

出来るだけ大袈裟に受け止めない事が重要です。
小さな事でも反応し続けると疲れてしまいますし、実は大した事無い物でも考え続けてしまってネガティブになってしまう事が多いと思うので、サラッと流せてしまう方法が大事だと思います。

『それだけの事』と思えるのは意外と思考的にも楽になるので、考え続けてしまう人には是非おすすめです。

ココがポイント

それだけの事というのは、自分を落ち着かせる同じない程度につかってみてください。

終わった事はいつまでも話題にしない

終わった事はいつまでも、あーだこーだ言い続けるのは、逆に頭に定着してしまうのでよくないです。
特に、理不尽な事だったり、もう既に答えが出てしまっている事などに対して、アレコレ意見を言い続けるのは自分が疲れるだけなのでおすすめしません。

そもそも、それを言い続けても何も変わらないので意味がありませんし、自分だけがネガティブな事に苛まれてしまうので楽しくないですよね。
さらに、悪口などもそうですが、ネガティブな発言は自分にブーメランの様に跳ね返って来ているので、出来るだけしないのをおすすめです。

仲の良い友人や、会社の同僚で上司の愚痴を一瞬して終わり程度にしておくくらいが丁度いいですし。
あと、凄い個人的な意見ですが、終わった事をアレコレ言い続ける行為はダサいと思うので、出来るだけやらない方が人間として素晴らしいと思います。
変に同調して他人の悪口とかも介入しない方がいいと思いますし、そもそも他人の事をアレコレ言っているくらいなら自分の事に時間を使った方がメンタル的にも健全なのでやめた方がかっこいいですね。

体に良いとか、ネガティブになるとかあると思いますが、単純に主観的にダサいのでやらない方が魅力的だなと思った結果です。

ココがポイント

終わった事を言い続けるのはダサいのでやめよう。嬉しいことや楽しいことはずっと言い続けても良いともいます!

寝る前はネガティブ思考に埋もれない

寝る前にネガティブな事を考えると気持ちよく眠れませんし、寝起きも最悪ですし、変に頭に定着してしまうのでやめましょう。
どうしても眠れないなら、瞑想だったり、もしくは好きな小説だったり、漫画などを見て頭の中から問題を一旦リセットしましょう。

正直、多少考えても答えの出ない事と言うのは、環境なども変化しないと変わらないので、寝る前に考え続けても余り意味がありません。
とは言う私も、寝る前に考えてしまって眠れなくなるなんて事もあるので理解出来ますが、その時は私は睡眠不足になってもいいからやりたい事に没頭するモードを発動します。

科学的に考えたら多分よくないのですが、寝不足になる事よりも、今のネガティブに埋もれてしまうと思考が固まってイヤイヤモードになってしまうので、とりあえずそれを取っ払う為に、やりたい事に没頭します。
大体作業をしていると、途中で眠くなってくるのでそうしたら寝落ちします。

毎日この様な生活はダメだと思いますが、人間の感情はロボットではないので時には難しいバランスの時もあると思うのです。
理屈ではわかっているけど眠れない時は、逆に寝ないでエンジョイしてしまうという行動を取る事で、とりあえずその日は乗り越えられますし。
悩むと言う事は解決しようと考えているので、自ずと考えていれば解決する事が出来ると思います。

ココがポイント

寝る前は出来るだけ、ネガティブにならない様に自分なりに工夫してみるのが大事です。

スポンサーリンク

終わった事を気にしても仕方がないので、それだけの事と思うコツ

終わった事を気にしても仕方がないので、それだけの事と思うコツ

いかがでしたでしょうか。
終わった事を気にしても仕方ないので、出来るだけ軽く考えるのが良いと思います。

大体の事は死ぬ事はありませんし、大体なんとかなったりすると思います。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-, ,

© 2020 D-desing