メンタル・仕事

失敗を気にしないで生きていく【失敗は失敗とおもわなければ恐くない】

投稿日:2019年6月17日 更新日:

失敗を気にしないで生きていく【失敗は失敗とおもわなければ恐くない】
スポンサードリンク

失敗を気にしすぎて、失敗するのが恐いと毎日悩んでいませんか?

こんな記事タイトルを書いておいて何ですが、私も失敗は怖いです。
しかし、失敗を全くしない超人の様な人間はいないですし、失敗をする事が楽しいと思う人は少ないでしょう。

ですが、チャレンジはしていかなければいけない、動かなければいけない。
動けない人の多くは、失敗する事が恐いので動き出せないでいるといった具合ではないでしょうか?

この失敗を出来るだけ気にしないで生きていける様になると、少しずつですが人間は無敵モードになっていきます。
私も少しずつ訓練して、失敗をなるべく気にしない様になったので、その方法をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

失敗を気にしないで生きていく【失敗は失敗とおもわなければ恐くない】

失敗を気にしないで生きていく【失敗は失敗とおもわなければ恐くない】

失敗を気にしないで生きていく方法は以下の通りです。

ポイント

  • そもそも失敗は誰でもするものである
  • 失敗から学べるものは必ずある
  • 失敗の内容を再確認をする

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

そもそも失敗は誰でもするものである

なぜか多くの人は、失敗=悪い事を思って生きてます。
おそらく日本人特有の義務感みたいな物だと思いますが、失敗すると怒られるという事が植え付けられています。

ですが、新しく始める事など失敗しないで出来た事はないはずです。
自転車に乗る時だって、車に乗る時だって、些細でも失敗を繰り返しているハズです。
これは、大人子供は関係なく、失敗は誰でもするのです。

ですので、根本的に失敗は誰でもするものという事を頭の中に植え付けましょう。
勿体ない失敗などもありますし、失敗してはいけない仕事も勿論あるでしょう。
それでも、完璧な人間は存在しないので、誰でも失敗する可能性を持っているという事を理解しましょう。

失敗から学べるものは必ずある

仕事で失敗して怒られるそれはまぁ、仕事していればあるでしょう。
一生懸命頑張ったけど、結果が出なかった場合も怒られる事はあるでしょう。
世の中は理不尽なので、それは社会に生きていれば少なからず誰もが一度くらいは経験した事があると思います。
勿論私もありますし、理不尽な要望で失敗をしてはいけない空気にされた事も勿論あります。

しかし、仕事上怒られる事はあるかもしれませんが、失敗から学ぶ事も勿論あると思いますので、個人的には失敗はそれ程悪い事ではないし、むしろ気付きを得る事ができるので良い事だと思っています。
今私は、PHPをオンラインスクールで勉強していますが、課題で間違いをしてしまう事は勿論あります。
難しく考え過ぎてぐちゃぐちゃになってしまったりして、うまくシステムが動かない失敗です。
失敗ですし、無駄に時間を使っている事は否めないですが、その失敗を知り直す事で、理解が深まります。

寧ろ失敗しなかったとしたら、何とく課題を提出して知った気分になっていただけかもしれません。
経験とは、その場の複雑なあらゆる事の情報を読み取り、適した事を排出して対処していきます。
その経験は、多くの失敗や体験などを自分の中で噛み砕いて出力してみる事です。

失敗から学べるものは必ずあります。
それは、仕事上では失敗と決められてしまうかもしれませんが、自分の中では失敗ではなく経験という事をしっかり持ちましょう。
そうすると、怒られはしますが、そこまで深く悩む事は減ってきます。

失敗の内容を再確認をする

失敗は誰もがする事ですし、失敗は悪い事ではなく学べるという事を話してきました。
しかし、失敗をした時に何故失敗したのか、という事をよく考えて、次回に繋げる必要があります。
それをしない場合はただの失敗で得るものは余りありません。

失敗したから、辛い、嫌な気持ちなど負の感情に飲み込まれてしまって、振り返る事をしなくなります。
いけない事は、失敗をする事ではなく、失敗を振り返る事をしない事です。
振り返るというのは、トラウマや後ろ髪を惹かれる事ではなく、見つめ直して原因を見つけて次に役立てるという事です。

同じ失敗を繰り返す事に意味はありません。
勿論忘れてしまう事もあるので、全てではありませんが、少なくとも自分の反省会を多少なりとも反省をした事は覚えていたり、キッカケがあれば思い出したりします。

ですので、失敗が悪い事ではなく、失敗した事を振り返って学習しない事はよくない事だという事です。
そう思うと、失敗する事自体はそれ程抵抗がなくなりますし、極論を言ってしまうと死ぬ訳ではないので、失敗してもどうという事はありません。
失敗を恐れ過ぎてしまうと、動けなくなってしまうので余りよくないと言いますが、勿体無いのです。

この様に、自分の中での失敗の定義を明確にしておき、自分をきちんと持つ事で、世間の失敗という定義を気にしないで生きていける様になります。

スポンサーリンク

失敗を気にしないで生きていく【まとめ】

失敗を気にしないで生きていく【まとめ】

いかがでしたでしょうか。
もう一度簡単に復習しておきましょう。

ポイント

  • そもそも失敗は誰でもするものである
  • 失敗から学べるものは必ずある
  • 失敗の内容を再確認をする

失敗を気にしないで生きる事は、苦手な人には難しいです。
しかし、難しいからこそ、自分を変えていけば少しでも人生が楽になっていきますし、新しい事にチャレンジしていけるので可能性が広がります。

どうしても、失敗という言葉に襲われてしまうのであれば、少しずつでも構わないので失敗する事は悪くないという考え方を自分に問いかけていって欲しいです。
それでは、読んでいただいてありがとうございました。
ダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.