家庭・生活

ぼっちでも気にしない方法【ぼっちって実は強いんです】

ぼっちでも気にしない方法【ぼっちって実は強いんです】
スポンサードリンク

学校、職場、など色々な所でぼっちでいると不安になる人いますよね。
実は私、友達が多そうなど言われはしますが、友達と思っている人はごくわずかですし、学校では基本的にはぼっちでいる事が多かったですし、会社でも1人で仕事をしていた方が捗るので自分からぼっちになろうなど行動をしています。

結論をいってしまうと、ぼっちって群れる集団よりも強いと思っています。
というのは、本来は集団の方が強いのが当たり前ですが、そういった小さなコミュニティの中での集団というのは特定のリーダーの人が凄いだけであり、他は基本的について回るピクミンの様な人間が多いからです。
ぶっちゃけてしまうと、町内会の『昔からのルールだから』といって、何も変えていかない老人の集団や。
コロナで自粛ムードの中、暇なので詰所で飲んでます!とかいう消防団の集まりなどは、理解したくもないし、一緒にいても自分が不快になるだけです。

嫌われるんじゃないか?など思う事もありますが、そこで嫌われたらそれまでの事です。
ぼっちといっても、友達も数人はいますし。とはいっても年単位で会ってはいないですが、そのくらいのレベルで全然問題ないという事を紹介していきます。

スポンサーリンク

ぼっちでも気にしない方法【ぼっちって実は強いんです】

ぼっちでも気にしない方法【ぼっちって実は強いんです】

ぼっちでも気にしない方法は以下の通りです。

ポイント

  • 群がった方がデメリットが多い
  • ぼっちは全て自分の時間に使える
  • 基本的にストレスフリーになる

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

群がった方がデメリットが多い

群がった方が楽しいのでは?など思いますが、集団には心理的に良くありません。
同調心理というのがあり、身近な人が言っている事がだんだん自分もそうだと思うという風に意見を変えていったりする事ですね。
考えているのはその集団のリーダーのみでその他の人は、考えたフリで実は何も考えていないという脳死プレイになります。

『テレビで言っていた』なんて言葉を良く使う人はもう洗脳が始まっています。

テレビで見ただけであって、自分がやっていない。根拠がないものを自分がやったかの様な語り始めるとその傾向です。
その分、ぼっちというのは全て自分で判断し進んで行きます。

恐らくぼっちの人はというのは、群がっていると不快に感じる事があるのではないでしょうか?
基本的に人間は誰かと関わらないと不安なので、関わりを求めるはずなのですが、そうであってもぼっちな人は虐められているか、自分から距離を置いている人ですよね。

群がると、あらゆる事が多数決になったり、自分1人で完結出来なくなるので非常に面倒です。
ぼっちが嫌だ!と思う人はもう一度ぼっちでいる事がそんなに嫌か?という事を考えてみてください。

ココがポイント

ぼっちは自分で全て出来る

ぼっちは全て自分の時間に使える

ぼっちは群がる事がないので、全て自分の時間に使えます。
得に大人になってからは、無駄な時間というのは凄くストレスを感じます。

楽しくもない、会社の飲み会など基本的には行きません。
そのうち誘われなくなってきますが、それで良いのです。
嫌いな訳ではないのですが、普段話していても、面白みのある話ではないですし別に仲良くしようと思わないので無理に自分の感情を押し殺す必要はないのです。

ぼっちと聞くと弱そうだったり、根暗など言われてそうですが私は逆に、ぼっちの方が自己判断出来る強い人間と思っています。
会社などで『まじで次の飲み会行きたくない〜』など言ってくる人もいますが、個人的には『嫌なら行かなければいい』という感じです。
確かに人間関係は面倒で、集団に群れると八方美人になったりするので疲れてしまいますし、その分悩んでいる時間も浪費してしまいます。

なので、ぼっちが一番良いと思いますが難しいのであれば少数の人と付き合う人がいいでしょう。
この少数は気を使わなくても良い友人がおすすめです。

私会社などにはいませんが、数人はその様な友人がいると思っています。

ココがポイント

ぼっちは誰にも気を遣う必要がない

基本的にストレスフリーになる

ぼっちというか、結果論になりますが。
自分の好きな様に振る舞っていると『そういう人』という感じで見られます。

直接聞いていないので知りませんが、誘われる事も減りますし、断っても相手も嫌な気持ちになりません。
もちろん断り方などもありますが、偽った自分を長い付き合いの時に作ってしまうと永遠に作り続けなければいけないので良くないですよね。

それに、集団にいるにも関わらず個人的意見が強いぼっちが意見すると『空気読めよ』と思われる事もあるのでぼっちは基本的に集まらない方がいいのです。
協調性がないとも言えますし、自由でもあるという事です。

その結果、気を遣うという人間関係のストレスがフリーになるのでイライラも減りますし、時間も生まれて、自分が楽しい事に没頭できるという事です。
正直、飲み行って、お金も時間も払ってストレスを蓄える現代というのも馬鹿ですよね。
そんな感じで、ぼっちは悪い事ではないという事です。

ココがポイント

個人的にぼっち最強説

スポンサーリンク

ぼっちでも気にしない方法【まとめ】

ぼっちでも気にしない方法【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
ぼっちってそんなに悪い事ではないと思いませんか?

ただ、学校のばあいは『好きな人と組んで〜』とかいう殺人的な事をいう先生がたまにいますが、そういう先生は頭が悪いので気にしない方がいいですよ。
教育者であるのに、そういった子もいるかもしれないという事も想像できない人間なので、何故教師になれたのか不思議なくらいです。

ぼっちは強みであると思っでいただけたら幸いです。
それでは、読んでいただいてありがおとうございました。
ブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-家庭・生活
-,

© 2020 D-desing