節約

欲しいものが買えないストレスを感じない様にする方法【本当に欲しい物を選別しよう】

投稿日:2019年8月6日 更新日:

欲しいものが買えないストレスを感じない様にする方法【本当に欲しい物を選別しよう】
スポンサードリンク

あの、洋服欲しいけどお金がなくて買えなくてストレスを感じて嫌だ!と思っていませんか?

結論を言ってしまうと、おそらく漠然と欲しい物を買いすぎです。
いくらお金を使っても困らない様な、億万長者の様な人間ならポンポン買っても問題ないですが、大体の人は普通でそこまでお金がある訳ではありません。
しっかり、社会人として働いていて毎月給料をもらっているにも関わらず欲しい物が買えなくてストレスというのは、私生活や買っている物に原因があります。

そもそも論として、私たちはネットやメディアに惑わされず、自分の身の丈にあった生活をするべきで、そうしないとお金も直ぐになくなりますし、それに伴ってストレスも感じるでしょう。
私は、高校生の時に『お金がなくて何か出来ないのは一番嫌だ!』という気持ちが生まれてからは、コレは本当に欲しいものか?、どのくらいの預金があれば何かやろうと思った時に困らないかという事を考える様になりました。

金は天下の回りものといいますが、それは投資する人の考えであって、無駄遣いする人には当てはまりません。
本記事では、欲しい物が買えないストレスを感じない様にする方法を詳しく解説していきます。

DAISUKE
ストレスを感じない様にするには、まずは自分を見直す事、少しでもストレスを減らせる様に考えていこう!
スポンサーリンク

欲しいものが買えないストレスを感じない様にする方法【本当に欲しい物を選別しよう】

欲しいものが買えないストレスを感じない様にする方法【本当に欲しい物を選別しよう】

欲しいものが買えないストレスを感じない様にする方法は以下の通りです。

ポイント

  • 本当に欲しい物だけ買う様にしよう
  • 買えないのにストレスを感じるのか、お金がない事に感じるのか
  • 生活水準は出来るだけ下げると、幸せが増えます

以上になります。
それでは、詳しく解説してきます。

本当に欲しい物だけ買う様にしよう

結論を率直に言ってしまうと『欲しい物だけを買う様にしましょう』。
なんかよく『トキメク物は買ってよし!』みたいな感情論全開をOKとしている人もいますが、それでは欲望エンドレスの人は抑制が出来ないのと、自分を甘くしてしまう人は永遠にお金がないループに陥ります。
なので、欲しい物だけを買う様にしましょう。

正確にいうと『自分の得や為になる物を買いましょう』。
例えば、移動手段が欲しいので車が欲しい!と考えたとしましょう。
本質は『移動手段』なのですが、ここで身の丈に合わない高級車や燃費の悪い車などを購入してしまうと、そのお金で他の事が出来てしまったりするのです。
中古の軽自動車を100万で買っていれば、300万円とか浮いた可能性もあるのです。

ここで考えるのは。

  • 高級車が乗りたい
  • お金で他の事がしたい

どっちが自分にとっての幸せかという事を真剣に考えてみたら良いと思います。
これは、人によって正解は違います。
私は車に全く興味がなく、移動ツールとして思っているので、壊れてなくて無難で燃費のいい車が欲しいので、車の出費は抑えて余ったお金は他の事に使いたいと思っています。
理由は、車では自分自身の向上は出来ないからです。

しかし、車が大好きで生きがいの様な人にとっては、何百万のお金を出しても欲しいと思うでしょう。
私が言いたいのは、お金を使う事がダメなのではなく、本当にその出費は欲しい物に対して出しているのか?後悔しないか?他の物が欲しくなってストレスがたまらないか?という事を考えましょう。
お金は無限ではありませんし、お金は=時間なので、お金を手に入れるには自分の時間を労働で稼ぐ必要があります。

欲しい物が買えないのがストレスであるなら、もっと洗練した欲しい物を自分の中に作っておきましょう

DAISUKE
本当に欲しい物がわからない時は、自分にとってそれが幸せを感じるか、自分への投資になるかなど考えるといいでしょう。

買えないのにストレスを感じるのか、お金がない事に感じるのか

時たま勘違いをしている人がいますが、買い物が出来ない事がストレスなのか、お金がない生活がストレスなのかで対処が少し変わってくると思います。

買い物が出来ない事がストレスの場合は、そもそも欲しい物ではなく、買い物自体が目的になっている可能性があるという事です。
こうなると、ストレス発散に無駄遣いをするなどといったパターンも出てきますので、結構危険です。
買ったけど、一回もきていない服、履いていない靴などありませんか?
コレクションの様に飾ってあるならまだ理解できますが、タンスに入ったまま一回も出していないとかありませんか?

この様な人は、欲しくない物でも買い物をする事によってストレス解消をして、買えなくなるとストレスを感じてしまうので、考え直した方がいいでしょう。
お金がいくらあっても足りません。

お金がない生活がストレスならば、単純にお金を使わない事をおすすめします。
これも、根本は『自分を幸せにできる事にお金を払う』という事を考えていきましょう。

お金は道具なので、お金を使ってただ物を買うだけではなく、何かを習い始めたり、パソコンを買ってプログラミングしてみたりなどといった有意義な使い方があります。
もちろん個人の自由ではありますが、コスパの良い趣味などを持って置くと、必要以上に出費が増えないのでおすすめです。
お金を使わない趣味はこちらで紹介していますので、興味のある人は参考にしてみてください。
無料の暇つぶし術!暇じゃなくなる、大人のお金を全く使わない節約遊び

生活水準は出来るだけ下げると、幸せが増えます

美味しい物ばかり食べていたら、コンビニ弁当は美味しく感じなくなるでしょうし。
普通車に乗っていたら、軽自動車とか不満が出てくるでしょうし。
エアコンのある部屋が当たり前になると、エアコンがない部屋は不幸と感じるでしょう。

この様に、人間は贅沢をこれでもかってぐらい好みその場所に身をおきます。
それは悪い事だとは思いませんが、贅沢をすると必ず出費が多くでます。
そうすると、お金は無くなり、ストレスがたまるでしょう。

極論になってしまうかもしれませんが、単純にお金をなるべく使わない生活をした方が、お金に困る事がなくなるので幸せになれるということです。
贅沢したいけど、出来ないのがストレスなんだよ!と言いたい気持ちはわかりますが。それならば、働いてください。
その人が働いた感謝の対価としてお金をもらいます。
そのお金が少ないにも関わらず生活水準を上げて贅沢したいのであれば、それは働くしかないと思います。
このループは恐らく、永遠に終わらないので幸せになりにくいのではないかと思っています。

それならば、今の自分の収入の現状をみて、身の丈にあった生活水準に身をおいた方が、お金を無駄遣いしないので、本当に必要な所にお金を使えるのでストレスも減っていくと思います。

DAISUKE
最終的には、限られたお金で何に使うかを真剣に考える事が本当に大切
スポンサーリンク

欲しいものが買えないストレスを感じない様にする方法【まとめ】

欲しいものが買えないストレスを感じない様にする方法【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
もう一度簡単に復習しておきましょう。

ポイント

  • 自分にとって本当に欲しい物を常に考えよう
  • お金を使う事でストレス解消してはいけない
  • 生活水準を上げすぎると不幸になる可能性がある

以上ですね。
結局は、お金を使うのは物を買う時だけではなく、生活全てにおいて使うので、生活全てを含めて考える事が必要です。
ただ、自分にとっての幸せが、ガチャに課金ならそれでも良いでしょうし、服を買い漁る事だけが生きがいなら仕方ないのかもしれません。

今が幸せがいいか、将来幸せがいいかというのも個人の自由です。
ただ、個人的には将来幸せを考えて生きた方がお得な事が多いと思います。

大人になったら全てに関して自己責任ですので、しっかり考えてお金の使い方を考えましょう。
それでは、読んでいただいてありがとうございました。
ダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-節約
-, , ,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.