家庭・生活

1年間で100万円必ず貯金する方法【生活の見直しが必要かも?】

投稿日:

1年間で100万円必ず貯金する方法【生活の見直しが必要かも?】
スポンサードリンク

こんにちは、ダイスケです(@desing_d
貯金が全くないから不安、貯金しようと思っても出来ないという人結構いますよね。
確かに、年収が300万前後の人が多い所で、確かに貯金していくと言うのは難しいと思うと所もあるかもしれません。

しかし、1年間で1000万とかの貯金ではなく、100万の貯金であれば、別に結婚していても、実家暮らしでもなくても案外可能だと言う事がわかりました。
100万という金額は、働いていれば誰でも貯金を作る事が可能な金額だと思います。

今現在、毎月の給料を全て使っている人は、簡単にとはいかないでしょう。
勿論その使っているお金が使えなくなり、貯金していくのですから。
しかし、複雑な事はまったくしませんので、頭はそれ程つかいません。

この記事を読んで頂くと、働いている人なら1年間で100万円を貯金する事ができます。

1年間で100万円必ず貯金する方法

1年間で100万円必ず貯金する方法

貯金が出来ない人からすると、100万円も?とおもうかもしれませんが、100万円の貯金は可能です。
考え方はいたってシンプルで。

給料の半分で生活する、残りは貯金

これだけです。
給料にもよると思いますが、手取りが20万あれば、月10万の貯金はできますよね。
なので、月10万で生活する事になります。
この10万は勿論、家賃、光熱費、食費、娯楽費、全て込み込みの金額です。

いやいや、ちょっとそれは無理だよ!と思う方は、残念ながら100万円を貯める事は出来ません。
それだけ多くの出費が現在あると言う事は、仕事の給料が見合って居ないか、あなたの現在の生活スタイルが自分の収入以上の生活をしているかです。

今家賃や、ローンが現在ある人は直ぐに解決するものではないと思いますので、参考程度にご覧ください。

給料の半分で生活する方法

給料の半分で生活する方法

生活の中で一番掛かるのは、家賃だったりしますよね。
家賃をいくらぐらいがいいとかは、私は考えません。

自分の収入を半分にして、その半分の中で自分は何にお金を使いたいか?というのを考えます。
正直、家賃の安い物件は探せば結構あったりします。
車も、安いものは中古などでも結構あったりしますので、妥協するラインというのは結構本人次第という所があります。

お金がないのに、贅沢しようなものであれば、お金は直ぐに吹き飛んでしまいます。
なので、100万円貯金する為に、給料の半分の使い方の考え方は。

給料の半分で自分が何処にお金を使いたいか考える

至ってシンプルで当たり前な考え方だと思います。
子供のお小遣いと一緒です、限られたお金の中で本当に使いたいものにお金を使う。

大人になると自由になると思いがちですが、自由になれるのはお金持ちだけです。
資本主義社会とは残酷ですよね。

なので、大人も子供と同じ様に限られた金額でどう過ごすかをしっかり考えます。
車が好きなら、ボロ小屋に住んで高級車を持つのもいいでしょう。
勉強に使いたいと思えば、普通くらいの家賃に参考書分のお金を考えるといいでしょう。

そのような感じで、自分が生活する上で譲れないものが何処かを具体的にしていく事が大事です。

給料の半分はとてもじゃないけど無理な人

給料の半分はとてもじゃないけど無理な人

給料半分では生活できない!と思う人は給料の3分の1を貯金します。
しかし、この場合は100万円は不可能だと私は思います。
うまく行って50万くらいではないでしょうか。

人間は日々選択の中で生きていて、多くの欲望に邪魔されます。
その欲望を少し許してしまうと、あと1回ならいいかとお金を下ろしてしまったりします。
それが何日も続いて結果、全く貯金が出来ないという結果になってしまいます。

自分の給料に見合った生活をする事が何よりも大事で、SNSなどのインターネット上のお金のある人の生活を見ていると、自分もお金があると勘違いしてしまう人もいますので、物欲など強い人はSNSなどは余り見ない方がいいでしょう。

SNSなどは、自分の興味があるものしか見ない為、常に欲求を求めます。
そうなると、新しい物が次々欲しくなってしまうので、結果お金が貯まらなかったりします。

なので、給料の3分の1でもお金を貯める事は可能ではありますが、自分の欲望にも負けやすいので注意してください。

スポンサーリンク

1年間で100万円必ず貯金する方法【まとめ】

1年間で100万円必ず貯金する方法【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
私は難しく考えると動けなくなってしまうので、シンプルな考え方で生活を変えています。

確かに急に、給料の半分を貯金というのは、生活水準が下がってしまうかもしれません。
しかし、低い生活水準になれて置くと、お金も使わない生活ができる様になるので、生活水準は高くするべきではないでしょう。

生活水準を高くしても余り良い事はありません。
少しでも出費を減らして、貯金ができる様にしましょう。

スポンサーリンク

-家庭・生活
-

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.