人生・家庭

許せないことを許すのが出来ると素晴らしい【許せないのは自分次第です】

2021年8月26日

怒ることって疲れるのと、全然楽しくないので苦手です。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

他人を許せないと思い続けてしまったり、本当はもう既にどうでも良い存在になっているのに、許せないと思い込んでたりしていませんか?
私も今まで生きてきて、嫌なことを言われたり、されたり、許せないとその瞬間を思う時はあっても時間が経つに連れて、どうでも良いと思う様になりました。
習慣化する事と同じで、ずっと同じ思考に囚われてしまうと、そう思わなければいけないと思ってしまい、本来許す許さないを通り越して、どうでも良い存在になっているにも関わらず、無駄に怒ってしまったり。
ネット上での炎上系でも、自分は本当はそんなに怒ってもいないけど、周りが許してないから自分もそれに乗っかろう的なニュアンスで行っている人も一定数存在すると思います。

その時間というのは全然楽しくないですし、自分の為にもならないで時間の無駄なのでおすすめしません。
攻撃している時は気分はいいかもしれませんし、悲劇のヒロインを演じていることが心地良いかもしれませんが、その後には何も残りません。
自分の人生なので、他人への憎悪で生きることよりも、自分た楽しくいられる様に生きる方が単純に楽しいと思っています。

本記事では、許せないことを許すのが出来ると素晴らしいという事について書いています。

スポンサーリンク

許せないことを許すのが出来ると素晴らしい【許せないのは自分次第です】

許せないことを許すのが出来ると素晴らしい【許せないのは自分次第です】

許せないことを許すのが出来ると素晴らしいという理由は以下の通りです。

ポイント

  • 許せない事を許すか決めるのは自分
  • 相手の誠意や許せない事も存在する
  • 自分の人生を憎悪だけにするのは勿体ない

以上になります。
それでは、解説していきます。

許せない事を許すか決めるのは自分

当たり前の事ではありますが、他人を許せないと思い続ける事や、許してしまうかは自分次第です。
楽しい事ならいいですが、憎しみを思い続ける事はとても体力も必要だと思いますし、それは自分の為に生きているとは言えない様な気がします。
勿論、許さないと決めるのも自由ではあるので、好きにしたらいいですが、私は比較的、嫌な思いというのは忘れたい人間で楽しみたいと思って生きているので、許すかもしくはどうでも良い存在として自分の中から抹消してしまうのがいいと思います。

許せる人は素晴らしい事だと思います。
本当に嫌な事というのは、悪意はなくても許す事は難しいと思います。
逆に悪い気持ちもないと余計に許す事は難しいかもしれませんね。
時には、怒りや憎悪を糧に生きている闇堕ちしたキャラクターの様な人もいるかもしれないので、そういう時もあるかもしれません。

色々な感情の中で、他人を許さないと思い続けてしまうのは、自分にとっても呪縛の様な物に囚われてしまう事になると思います。
その枷に繋がれて続けてしまうと、自分自身も動けなくなってしまうので正直勿体無いと思います。

許せる人は、人間として素晴らしいと思いまうすし、許せないと思っても考え続けるのではなくてどうでもいい存在にシフトチェンジした方がフラットで生きやすいと思います。

ココがポイント

許すも許さないも自分次第ではあるけども、許せないのであれば、せめてどうでもいい存在としてスルーするスキルを手に入れるといいでしょう。

相手の誠意や許せない事も存在する

許す過程で必要なのは、相手の姿勢や誠意などが伝わないと許せない事もあると思います。
相手も逆ギレして怒っている人を許そうとは思わないでしょうし、余計にイライラしてしまう事もあると思います。

しかし、相手が誠意をもって謝っているにも関わらず自分が許す事が出来ないとなると、今度は自分が小さい人間に思えてしまいます。
勿論、内容にもよりますし、事故などで子供を亡くしてしまった人などは相手を許すことは出来ないと思います。
私も、もし自分の子供が飲酒運転などの悪意のある不注意で亡くなってしまったら、相手を許すことは出来ないでしょう。

ただ、実質自分に関係のないネット上の事だったり、些細な恋愛のもつれなどは許して生きた方が楽だと思います。
実害がないにも関わらず、ずっと尾を引いて許さないでいると、自分自身の中身も腐って行く様な感じがします。
もし、相手が謝っており、実際問題自分にとっては大した問題でないと思う時には、許して上げた方が自分自身も救われると思います。

ココがポイント

相手の誠意が出ても許せない事も存在すると思います、しかしある程度は許すことによって自分を救ってあげる事にもつながると思います。

自分の人生を憎悪だけにするのは勿体ない

個人的には、相手がどうこうと思う事は余りなく、単純に自分の時間が勿体無いと思う事が多いですね
自分の人生を嫌いな人の時間を使うとかは限りある自分の命を無駄にしている事だと思うので、勿体無いと思っています。

憎しみの中で生きるという厨二設定は嫌いではありませんが、それでは誰も感動もしないし、誰かに優しくすることは出来ません。
いつも怒っている人の周りには人も集まって来にくいと思いますし、結果的に自分も不幸になってしかう可能性増えると思います。

私たちは、楽しむ事が許されているにも関わらず、楽しむ事よりも憎む事をしてしまいがちです。
許すことが出来ないなら、スルーして自分にとっては無価値な物として切り離してしまった方がいいでしょう。
芸能人や著名人の炎上も同じで、話題にあげることも無駄なので、スルーして自分から情報を遮断することで無関係になっていきます。

非常な行いをした人は、法律で裁かれると思いますし、逮捕されると思います。
あとは、一時に感情などで間違った事も人間なので言ってしまう事もあるでしょう。
その場合は、あとは自分次第であり、自分がどうやって生きたいかによって変わってきます。

私はもっぱらどうでもいいと思ってスルーする様にしてますし、許すも許さないもないという感じですね。

ココがポイント

自分の思考や、自分の時間を憎悪に使うのは勿体ないので、華麗にスルーして涼しい顔していた方がカッコいいと思います。

スポンサーリンク

許せないことを許すのが出来ると素晴らしい【まとめ】

許せないことを許すのが出来ると素晴らしい【まとめ】

許せない!と思っていた事を許せる様になることは素晴らしいことです。
他人を許すことによって実は自分も解放されている部分もあると思います。

思い込んでしまったり、ネガティブに囚われ過ぎてしまい動けなくなってしまうのは勿体ないです。
時には、それを原動力として動き出すことが出来る人もいると思いますが、稀だと思います。

そんな感じで、許せないと思うのは、自分次第であり、許せなくてもどうでもいいと思うところまで持っていくと自分が楽になっていきます。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | 悩み相談

スポンサーリンク

-人生・家庭
-, , ,

© 2021 D-desing