人生・家庭

決断疲れ対策として簡単に出来るおすすめな事【選択する回数を減らしましょう】

2021年7月25日

決断疲れ対策として簡単に出来るおすすめな事【選択する回数を減らしましょう】

買い物に行くと選ぶのが嫌いなので、マッハで終わる。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

生活していると、何かを決める事が多いと思います。
着る服を選ぶ、お昼食べる物を選ぶ、見るYouTubeを選ぶ、分かりやすい物でもこの様な事を毎日考えていると思います。
しかし、私たちは選択する事が多くなりすぎてしまい決断疲れという物が起こっているそうです。

やる気がなくなったり、沢山の事に意識がいってしまったり色々症状はあるみたいですが、私は医者ではないので気になる人は病院にいってください。
私も、結構落ち着きがない人間で、あれこれ手を出して気がついたら、決断疲れになってしまっていて、何をやっても気が乗らないなんて事も度々あります。
その様な時は、出来るだけ自分で決める事をしないで、ルーティン化だったり、ルール付けする事で楽にする事が出来ます。

本記事では、決断疲れ対策として簡単に出来るおすすめな事について解説していきます。

スポンサーリンク

決断疲れ対策として簡単に出来るおすすめな事【選択する回数を減らしましょう】

決断疲れ対策として簡単に出来るおすすめな事【選択する回数を減らしましょう】

決断疲れ対策として簡単に出来るおすすめな事は以下の通りです。

ポイント

  • 自分にとって、どうでも良い選択する事をルーティンにしてしまう
  • 大事な決断は朝がおすすめ
  • 睡眠・運動・食事を気をつけよう

以上になります。
それでは、解説していきます。

自分にとって、どうでも良い選択する事をルーティンにしてしまう

私は難しい事が出来ないので、簡単な方法で緩和する事をおすすめします。
その方法は、自分にとって、どうでも良い選択肢は決めてしまって考える事を減らす事ですね

例えば、私は会社でご飯を食べに行く時は、基本的に会社のお金で食べるので『高い物・食べた事ない物・期間限定の物』を食べると決めています。
そのお店が初めての場合は、そのお店の定番料理を食べると決めています。
一人で外食に行く時は『お寿司・蕎麦』のどちらかで選びますし、今食べたい物が直ぐに出てくる時はそれに従います。
服なども、コーディネートが面倒なので、基本的に全身黒の服が多いです。
靴は革靴1と普段靴1と決めていますし、朝ごはんは旅館か付き合い出ない限りは食べないと決めています。

これは私のパターンであり、なんでも先にルールを作っておくのが良いという訳ではなく、自分が余り興味のない事は選択肢を絞ってしまった方が答えを出しやすいという事ですね。
その代わり、休日などはやる事を基本的に決めていません。
やりたい時に、やりたい事をするのが楽しいので、週末は基本的にルールに従って動いてない事が多いです。
平日などは仕事もあるので、ある程度は思考の自動化をさせて上げると疲労がグッとへします。

これが一番簡単であると思うので、自分にあった決め事を作っておくと無駄な決断疲れを避ける事が出来ると思います。

ココがポイント

大事な所や好きな事では選択の力をつかい、そうでない所は自動化させていくと楽です。

大事な決断は朝がおすすめ

責任が大きく伴う決断や、大事な事は朝がおすすめです。
簡単に言えば、一番疲れていないからですね。

疲れている時に、面倒な決断や選択をするのは適当になってしまう事も多いですし。
前頭葉も疲弊しているので、誘惑に負けてしまいがちですね。
仕事で疲れてしまうと、ダイエット中なのに甘い物を食べてしまったり、禁煙中などにタバコを吸ってしまうのは良くある話です。

夜になればなるほど、頭を使った後なので、自分に甘くなりますし正しい決断ができない事が多いです。
なので、一番疲れていない朝に決め事や考え事をするのをおすすめします。

急に降ってくる選択の対処

仕事などで、急を要する決断が必要な時もあります。
その時は、仕方ないので深呼吸をしてリラックスして冷静になってから決断しましょう。

慣れもある程度あると思いますし、自分が嫌だと思うストレスレベルでも変わってきますので個人差はありますが、どうしても選ばなければいけないので仕方ないです。
出来るだけフラットな感情で選ぶ事がいいと思います。

ココがポイント

大事な事はパワーを使うので、疲れてない時がおすすめです。

睡眠・運動・食事を気をつけよう

あとは、単純に体力をつける事で疲れにくい体を手に入れる事も大事です。
特に、選択する事は頭が疲れるので、睡眠はとても大事だと思います

睡眠の質をよくするには、運動や食事も必要ですし、ストレスなどを貯めすぎないと言う事も大事になってきます。
全ては繋がっていますので、極端にコレだけやっていれば良いという物はないと思っています。
全てバランス良く整えて行く事が大事です。

個人的な感覚ではありますが、30代を超えた辺りからは気にした方が絶対にいいと思います。
若い時は乗り切れる事も、乗り切れない事も出てくるので自分をよく観察しておくといいと思います。

睡眠などに関しては、自分にあった睡眠時間というのは人によっては違うのでその辺も自分で考えてみるといいと思います。
私は6時間くらいが気持ちよくて、それより短いと眠いし、多いと体が怠くなってしまう感じがします。
色々試してみるのがいいと思います。

ココがポイント

頭を使う人は、特に睡眠は必須だと思った方がいいと思います。

スポンサーリンク

決断疲れ対策として簡単に出来るおすすめな事【まとめ】

決断疲れ対策として簡単に出来るおすすめな事【まとめ】

決断疲れというのは、現代だからこその問題だと思っています。
スーパーに行けば沢山の食品が並んでいますし、YouTubeには沢山のコンテンツ。
SNSには読みきれない情報があり、自分の生活の中に必要以上の選ぶタイミングが増えています。

なので、最初から選ばないという事もありで、それは興味ないから見ないという選択も大事です。
我が家では基本的にテレビも見ていませんし、年一でSNSなどを整理する事をしていたりします。

余分な物を整理して考えない様にする事も、手段としては有効だと思うので、そういった手放す事もおすすめします。

それでは、読んで頂いてありがとうございました。

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | 悩み相談

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
目標:10,000円のお寿司を食べたい

-人生・家庭
-, ,