家庭・生活

寒いと動きたくなくなる病の改善方法【寒さと食生活を気にしよう】

寒いと動きたくなくなる病の改善方法【寒さと食生活を気にしよう】
スポンサードリンク

冬になると、寒くて動きたくなくなる。
こたつから出る事が出来ない!など誰でも思った事はあると思います。

特に正月などは仕事も休みですし、家などにいると寒くてダラダラしてしまったりしますよね。
ダラダラし続けてしまうと、時間も勿体無いですし体調が悪くなったりする事などもありますよね。
動かなくなってしまうと、体調不良も起きますし肥満の原因になる事もあります。

動かないというのは、気持ち的にはとても楽で休んだ感じもするのですが、実際はそんな事はなく動かないでいると多くのものを無くして行く事にもなるので、出来るだけ寝正月や寒いから動きたくないでござる!!となるのはおすすめしません。

本記事では、寒いと動きたくなくなる病の改善方法を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

寒いと動きたくなくなる病の改善方法【寒さと食生活を気にしよう】

寒いと動きたくなくなる病の改善方法【寒さと食生活を気にしよう】

寒いと動きたくなくなる病の改善方法は以下の通りです。

ポイント

  • こたつはやめて暖房を使おう
  • 寒いから食欲を抑えて
  • あえて動く事で気分転換

以上になります。
それでは詳しく解説していきます。

こたつはやめて暖房を使おう

当たり前ですが、こたつは身動きが取れない上に寝てしまう可能性が高くなるのでおすすめしません。
外は寒いけど、足下が暖かいというのはとても素晴らしく魅力的ではありますが、人間の足かせになってしまうのは否めません。

冬の寒い時期に動けない病が出てしまう人は基本的にはこたつはやめましょう。
こたつではなく、暖房を活用して空間全部を温める事をおすすめします。
空間が暖かいので、動けなくなる事はありません。
最近のエアコンは高性能で電気代もそこまで高くないと思うので、コタツよりか暖房を使う方をおすすめします。
家の外は寒いですが、室内であれば動く事は出来る様になるので掃除だったり、遊びだったりも出来るのでコタツを活用している人で、動けない病になっている人はコタツはやめて暖房を活用しましょう。

※我が家では、子供の意見を押し切ってコタツは排除しています!

寒いから食欲を抑えて

冬には食欲が増えてしまう!というのは仕方のない事でもあります。
ですが、冬に体調が悪くなったり、精神的に落ち込んでしまう人などもいませんか?
寒いので季節のせいというのもありますが、食事が原因の可能性があります。
正しくいうと、動かないのに食べすぎる事や脂質などの取り過ぎという様な事も考えられます。

動かないにも関わらず、甘いのも、脂っこいものなど沢山食べてしまうと肥満の原因にもなりますし。
食べてすぐ寝るなどくりかえずと、胃に負担もかかったりします。
腸内環境などは、メンタルに大きく関係しているの正月にも関わらず気分が最悪と思う人はもしかしたら腸内環境が最悪になっているかもしれません。
寒いと食べ物を食べてカロリーを確保したい!暇だと食べてしまうという事もあると思いますが、そこを気にして生活するのが良いかもしれません。

あえて動く事で気分転換

動きたくないかもしれませんが、敢えて動く事によって逆に気分転換になっておすすめです。
物は考えようなので、嫌だ嫌だと思っているとなかなか手に付かないなんて事もありますが、動いている自分すごいなど思える様になれば動く事で気分転換にもなります。

動きたくないというのは寒いと良くある事ではありますが、動かないでいる事は正直リスクでしかない!という事をしっかり理解出来ると、このままではいかん!と考えれる様になるので動かない事のリスクを考えて見るといいかもしれません。
個人的に簡単で出てくるのは・・・

  • 太る
  • 仕事が残る
  • 運動不足になる

さっくり考えても上記の事は思いつきます。
家事とかって実は結構動くので、体力を使いますのでそれなりの運動にもなると思います。
動かないと作業が滞るので、仕事ややらなければ行けない事などが溜まってしまう事もあります。
単純に動かなければ、運動不足にもなりますし、仕事も残るという最悪なパターンになって時間の無駄をするだけなので、動きたい!ではなく自分から動いて行く方がいいと思います。

スポンサーリンク

寒いと動きたくなくなる病の改善方法【まとめ】

寒いと動きたくなくなる病の改善方法【まとめ】

いかがでしたでしょうkあ?
寒いと動きたくなくな病に改善としては

  • コタツを排除!
  • とにかく動け
  • 食べ過ぎるな!

という感じですね。
まぁ、結構当たり前の事なんですが、自分の中で戒めておかなければついつい自分に甘えてしまうので、意識して生活する様にしましょう。
それでは読んでいただいてありがとうございました。
くそブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-家庭・生活
-,

Copyright© Dデザイング , 2020 All Rights Reserved.