おすすめグッズ

寒くて布団やこたつから動きたくない!寒くても動ける様にする環境

寒くて布団やこたつから動きたくない!寒くても動ける様にする環境
スポンサードリンク

冬は寒くて朝起きた時に布団から出たくない、こたつから動きたくない!などなっていませんか?

結論から言いますと、動きたくないと思ってしまうのは一ヶ所が暖かくて、外が寒いから動きたくないと思ってしまいます。
特に、コタツや布団は一部を最強に暖かくしてくれて余計に動けなくしてしまうのです。
誰でも一度はそんな経験あると思います。

休日なら、寒くて動けなくても困らないかもしれませんが、それでも時間が勿体無いですよね。
出来れば家の中くらいは快適に、やりたい事ができる空間を準備したいものです。
そうなると、色々な暖房器具や防寒グッズなどありますが、すんなり動けるのはやはり暖房が一番効果的でもあります。

暖房は一部ではなく空間を暖かくしてくれるので、特に朝起きた時の布団から出られないと言う事もなくなります。
コタツだけで、暖房が入っていない所コタツではなく暖房のみにしてしまった方が行動はしやすくなります。

本記事では、寒くて布団やこたつから動きたくない!寒くても動ける様にする環境について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

寒くて布団やこたつから動きたくない!寒くても動ける様にする環境

寒くて布団やこたつから動きたくない!寒くても動ける様にする環境

寒くて布団やこたつから動きたくない!寒くても動ける様にする環境は以下の通りです。

ポイント

  • 一部を暖かくするアイテムは拘束具
  • 暖房を使う事によって、自分の行動が妨げられない
  • お金は掛かるかもしれないけど、時間を得る事ができる

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

一部を暖かくするアイテムは拘束具

一部を暖かくするグッズは、ある意味拘束具だと思っています。
ここが、暖かいから外に出られない、動けない。コタツなどだとよく感じる事ですね。

そうなると、動きたくないと思う事から、動く事へのストレスや動こうと思う時までの時間が結構無駄ですし、最悪後回しにしてしまって結果的にやらないと言う状態になりがちです。
服などを着るのは外出時にはいいですが、モコモコになっていると動きにくくもなるので、結構非効率です。

この解決策としては一択しかないと思っていて、家全体を暖かくして何処にいてもある程度暖かい空間を作る事た大切だと思っています。
エアコンよる暖房や、床暖房など最適だと思います。
何処かが寒いから動けない、出られない、起きられないのであれば全てが一定の温度であれば問題は解決されます。
石油ストーブなども安価なので、良いですが火災の恐れもありますし、あれも結果的には一部なのでストーブの前から動けなくなってしまう可能性もなきにしもあらず。

暖房を使う事によって、自分の行動が妨げられない

暖房を使う事によって、自分の行動の妨げる寒さから自宅内だけでも守る事ができます。
空間を暖かくする事によって、布団から出た時なども暖かいままなので、布団から出たくなくて今日会社に行きたくない!など思う事も少なくなります。
よく暖房は乾燥するからちょっと思う人は一緒に加湿器を装備すればOKでしょう。

特に寝る所や、居間などの空間は乾燥がきになる人はあると良いかもしれません。
自分の行動を妨げる『寒さ』を自宅だけでも無くすと、自分のやりたい事ができるので、永遠にコタツに入っていたいという願望がなくなります。
それは、寒いからコタツで暖かくなるのが幸せであって、実際外が暖かい場合はただ机に潜って暇な状態になるので、その状態を作ってしまった方が自分の時間を有意義に使えるとおもうのです。

個人的には、コタツや電気カーペットなどより暖房の方が最適だと思います。

お金は掛かるかもしれないけど、時間を得る事ができる

暖房ってお金掛かるじゃん?と思うでしょう。
もちろんお金は掛かりますが、それは電気ストーブやガスストーブ、電気カーペットを使ってもお金は掛かります。
それに、自分の時間を無駄にしたくないのであれば、暖房をつかっていつでも快適な温度の空間を作ってしまった方が結果的に効率的です。

もちろん、お金も勿体無いし、時間も大事と思っている人は寒い中でも作業すると思いますが、タイピングするにしても指先が冷えてくるので、作業速度を早くしたい場合は暖房があった方が圧倒的に早いです。

あとは、1人なら我慢でいいですが、家族など複数いる場合は空間を暖かくした方が全体的に効率的になるので暖房で空間を暖かくした方がいいと思います。

お金は大切でもありますが、時間には変えられないと思う所があるので、ずっとコタツにいいる生活で嫌だと思う人は暖房を活用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

寒くて布団やこたつから動きたくない!寒くても動ける様にする環境【まとめ】

寒くて布団やこたつから動きたくない!寒くても動ける様にする環境【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
暖房の効率のよさが理解できましたか?
昔からある暖房だと、結構電力を使うので長年使っている人は買い換えてしまった方がコストは下がるかもしれません。

パソコンはそこまでのスペックは変わらないですが、家電製品は新しい方が消費電力が低くてパワーがある商品が多いので、一定の期間で買い換える方が維持コストは下がると思います。
もちろん、使う頻度や場所、契約している電気会社などでも変わるのでなんとも言えませんが、古いよりいいでしょう。

それでは、寒い冬を家全体を暖かくして無駄な時間を少なくして生活していきましょう。
読んでいただいてありがとうございました。
くそブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-おすすめグッズ
-,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.