メンタル・仕事

ポジティブになる為の簡単な思考法【ポジティブは誰でも手に入れられる】

スポンサードリンク

はい!どうもDAISUKEです!(@desing_d

自分ネガティブ人間だから直ぐに悪い方に顔がえたり、落ち込んだり、憂鬱になってしまう。
そんな事で悩んでいませんか?

結論を言ってしまうと、完全なポジティブ人間ではありませんが、ポジティブ思考に持っていく事は誰にでも簡単に出来る様になります。
物事の見方だったり、語彙力だったりがあった方が良いと思うので、出来れば本などを習慣的に読んで他人の思考というのを知っていると良いですね。
出来れば、自分とは正反対なポジティブな人の本だったり、リスペクトする人の本などを読むといいと思います。

活字が苦手という人は、最初は漫画やラノベでも構いません。
ポジティブになるには、ポジティブな言葉や考え方というのをまず知る必要があります。
圧倒的にネガティブ思考に陥りがちな人は語彙力といいますか、自分の感情を言語化する力が圧倒的に足りていないと感じます。
根っからポジティブの塊な人で、所謂馬鹿な人もいますがそういった人は天性の才能だと思っているので成ろうと思っても難しいと思います。

私自身、根暗で楽観的な人間ではありますが、どちらかと言えばネガティブ人間なのでそんな私でも日々楽しく過ごしているポジティブになる為のコツと言うのを紹介していけたらいいなと思っています。

スポンサーリンク

ポジティブになる為の簡単な思考法【ポジティブは誰でも手に入れられる】

ポジティブになる為の簡単な思考法【ポジティブは誰でも手に入れられる】

ポジティブになる為の思考法と書きましたが、実は習慣的な事が多いです。
人が1日に習慣的な行動の割合というのを知っていますか?
実は1日の40%は習慣的な行動と言われています。
つまり、1日の40%は自分で作る事が出来ると言う事です。

なので、この40%にポジティブ思考に大切な行動を増やして行き、ネガティブバイアスを減らしていく事がポイントになってきます。
ポジティブになる為の簡単な思考法は以下の通りです。

ポイント

  • 日光を浴びて、運動を適度にする事
  • SNSを見ない事
  • 『ありがとう』を伝える事

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

日光を浴びて、運動を適度にする事

朝起きたら、必ずカーテンを開けて日光を浴びる事をしましょう。
とても些細な事ではありますが、日光を浴びる事によって『セロトニン』という幸せホルモンが作られます。
これは、やる気や集中力にも影響するドーパミンの仲間でもあります。

セロトニンが分泌される事によって精神が安定し幸福を感じやすくする効果があるのでお金も掛けないで出来る事なので必ず朝カーテンを開けてください。

私は過去に、コンビニで夜勤の仕事をしていて夜中に仕事をして日中は寝るという生活を2年くらいしていました。
その結果、ネガティブの塊になり、生活習慣も最悪で太り、最終的には自律神経失調症になったりしました。
その後、仕事を辞めて体調が戻り今ではweb系の仕事をしていますが、やはり『太陽を浴びて生活する』というのは大切だと感じました。
何より、人間らしいですし、適度の太陽を浴びる事は気持ちのいい事だと思ったからです。

こういう話をすると『夜行性の人もいるし、自分夜行性だと思うんだけど?』と思う人もいるでしょう。
確かに、夜の方がクリエイティビティが上がる事も理解出来ますし、静かなので落ち着く事が出来ますよね。
ですが、基本的に人間は夜行性の生き物ではなく、日中動く生き物だと思っています。
その中で、所謂セロトニンなどの分泌量が多い人は特に不安などを感じず生きる事が出来るというだけなのではないかな?と思っています。
特に日本人はセロトニントランスポーターという物が少ないので、アメリカ人などより不安を感じやすくネガティブになりやすいらしいです。
つまり、日本人の多くは出来るだけ日光を浴びる生活をまずしなければならないと言う事になります。

ポジティブには、適度な運動

この時、出来れば散歩程度でいいので運動を取り入れると尚ポジティブに近づけます。
筋トレというと、ダイエットや自意識過剰人間と思う人もいると思いますが、筋肉というのはとても大切な物でメンタルにも影響してきます。

西川貴教さんもこの様に言っているのですが、筋トレしてマイナスになる事はまずないのです。
ただ、ここまでガチムチになりたくないと言う人は全然そこまでする必要は全くありません。

毎日簡単な有酸素運動(散歩など)やヨガやストレッチなどでもいいと思います。
毎日時間を作る事が難しいと言う人は、週2〜3日15分くらいの筋トレをするだけでもいいと思います。
YouTubeで検索をすれば色々な運動の仕方は乗っているので試してみるといいでしょう。

人間歳をとってくると最終的には、筋肉がないと体を支えれなくなるので健康面でもとても大事です。
体が結構的でないと心も不健康になるので、健康的な生活は大事です。

SNSを見ない事

SNSを見ないと言うのは現代だから起こっている事だと思いますが、正直SNSはネガティブワードが多すぎるのです。
愚痴だったり、誰かを叩く言葉だったり、不幸なニュースで溢れています。

ミュートやブロックをすると言うのも手段だとはおもいますが、正直面倒ですしエンドレスなのでそもそもあまり見ないというのが個人的にはいいと思います。
中には、いいね!されないと不満を感じる人、所謂承認欲求が高い人などはおすすめしません。
そもそも論として、誰もあなたをネット上で見ていないし、興味もありません。

著名人が仕事などでSNSを使う事はありますが、多くの一般の人は特に価値のないツイートを繰り返しているだけなので、評価もされないですし影響力もありません。
自己満足で投稿だけする趣味的な事であれば問題ないですが、誰かに見て欲しい!評価されたい!と思うのであればSNSは辞めた方がポジティブになれます。

そもそもネガティブな人はネガティブな記事を見つける癖があり、そのままネガティブの沼に引きずられてしまうのでまず近寄らないというのが一番効率がいいです。
私も最初はSNSを使って集客しよう!など考えましたが、面倒ですし無意識的にストレスを感じたので最近では数回ちょっとみるくらいです。

発進しなければいけないと思う事もストレスですし、罵詈雑言をみるのも正直楽しくないです。
なので、そんな無駄な事に時間を使わないで自分が楽しいと思ってポジティブに出来る事に集中した方が力を発揮出来ると思います。
本を読むのが好きなら読書をしたら知識が増えますし、ゲームが好きなら達成感を味わう事が出来ます。

みんながやっている事が正しいとは限らないですし、自分にあった楽しい事を見つけておく事は結構人生をポジティブに生活するには大切な事です。
無駄な時間をSNSに使っていませんか?イライラするのにタイムランなど見ていませんか?承認欲求に覚えていませんか?
そう思う人は、まずはSNSを1週間みるのを辞めてみましょう。

意外と世界が明るくなりますよ。

『ありがとう』を伝える事

最後は感覚的な事になってしまいますが、『ありがとう』などの感謝の言葉を伝えた事最近ありますか?
この感謝の気持ちというのはとても大切な事です。

例えば上司などが注意をしてくれた事に対して
『煩い上司だな!』とイライラするか
『この歳になっても注意してくれるのはありがたい』とプラスに受け止めるか

これだけでストレス値が変わるどころか、ネガティブをポジティブに変換しているのが分かりますよね。
所謂、言葉遊びだったり、考え方と言ってしまえばそれまでなのですが、実際そんなもので人生は変わります。

感謝の言葉は言うだけでも自分も気持ちよくなりますし、相手も気持ちよくなるので使って損はありません。
しかし、大人になると恥ずかしいだったり、当たり前と思ってしまい感謝の言葉が減ってしまいます。
社交辞令は沢山ありますが、心から思って言う人は少ないのではないでしょうか?

これは持論ですが、相手に何か求めるのであれば、無償で自分から差し出す事と思っています。
これは彼氏彼女の問題で多いかもしれませんが、『相手がやってくれないから!』と押し付ける人がいますがコレは間違いと思っています。
自分が相手に何かを求めるのであれば、まず無償で自分が変わる事、そして些細な事でも変化してくれたら感謝する事。

これだけで、自分も成長できますし相手も喜んでくれます。
まぁ、単純に怒る事って体力使いますし疲れるので、ありがとうと思った方が空気も軽くなりますし、何より自分の心の持ち方が楽なのでそうしているところもあります。
仕事では難しいかもしれないので、家族や友人からありがとうを伝えて行ってみてください。
生活の雰囲気がポジティブになっていくと思います。

スポンサーリンク

ポジティブになる為の簡単な思考法【まとめ】

ポジティブになる為の簡単な思考法【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
ポジティブなる要素はもっと沢山ありますが、沢山書いても読めないですし覚えれないのでとりあえず3つです。

誰でも出来ますし、お金も掛かりませんし、習慣的に出来る事です。
このブログで何度も書いていますが、変わりたいと思うのであれば、今のままではいけないので変わるしかありません。
それを小さな変化を少しずつ入れていき、習慣化につなげるのがいいと思います。

習慣化について知りたい人はこちらで紹介していますので参考にしてみてください。
習慣化する為の期間と、習慣化させるコツ【何事もまずは1ヶ月が目安】

それでは、楽しい人生を歩んでいきましょう。
読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした!(@desing_d

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-, , , ,

© 2020 Dデザイング