メンタル・仕事

ポジティブで居る為に、ネガティブと向き合う必要性について【ネガティブは必要です】

2020年12月2日

ポジティブで居る為に、ネガティブと向き合う必要性について

はい!お金持ちになってゆっくり生きたい!
DAISUKEです!(@desing_d

ポジティブになりたいけど、ポジティブになかなかなれないし。
無理にポジティブになろうと思うと、逆にネガティブになってしまう事ありますよね。

個人的には、元々がネガティブ要素が強い人は無理にポジティブになっても疲れたり、自分を見失う事につながってしまうので、無理にポジティブになる事は、実は傷口に塩を塗る行為と思う時もあります。
勿論、ポジティブに考えて思考のベクトルが素直に向いてくれるならそれで構わないですが、そうにも上手くいかない、空回りという人は、そのネガティブに向き合う事が今やるべき試練なのかもしれません。

本記事では、ポジティブで居る為に、ネガティブと向き合う必要性について解説してきます。

ポジティブで居る為に、ネガティブと向き合う必要性について【ネガティブは必要です】

ポジティブで居る為に、ネガティブと向き合う必要性について

ポジティブで居る為に、ネガティブと向き合う必要性については以下の通りです。

ポイント

  • ネガティブは個性なので無理に変換する事はない。
  • ポジティブとネガティブは表裏一体
  • ネガティブな人ほど、優しくなれる人間である

以上になります。
それでは詳しく解説していきます。

ネガティブは個性なので無理に変換する事はない。

ネガティブを悪い物と思う人も多いですが、私は決してそうは思いません。
ネガティブも個性であり、自分なので否定する必要は全くないのです。
少し人より心配性で、不安を感じやすい敏感な人なのです。

確かに生きるのには辛い人も多いとおもいますが、使い様によっては間を感じれたり、空気を読む事が出来たりする人が多いので、上手に使える様になると、面倒事に巻き込まれないとか、自分がいやと思う事がはっきり分かるとか、色々あると思います。
そもそもネガティブという言い方が余りよくないと思う時もあります。

私たちはよくも悪くも、この身に宿しているもは全て祝福されて、授かった物であり不要な物は何もないと思っています。
というのも、別に宗教に勧誘したいわけではなく、普通にそれは共感出来る事でもあるし、持っている物を否定しても意味がないと思うのと、意味があると思った方が自分は無駄ではないと思う事ができるからですね。

それを乗り越えた人は、そのパワーを得る事が出来るので必要な困難というのは人生には多く存在していると思います。

こんな記事を書いている私も、結構ネガティブマンで死にたくなる事も多々ありましたが、まぁそれも必要な事なんだろうと今思っています。
なので、まずは自分を否定しないで、受け入れるところから初めてみてください。

ココがポイント

ネガティブだからダメではなくて、個性と思える事もあるので無理に変換しなくてもいい時もあります。

ポジティブとネガティブは表裏一体

ポジティブとネガティブは表裏一体です
ポジティブというものがあるから、ネガティブが存在していると思うし、それは嬉しい、悲しいも同じだと思っています。
ものすごく抽象的になりますが、我々は陰と陽が表裏一体で存在しているのが人間だと思います。
よく、天使と悪魔で表現されたりしますよね。

なので、表裏一体という事は、片方を否定する事で片方も存在しなくなってしまうという事です。
つまり、両極端で排除するのではなく、存在するバランスを考えるのが人間にとっては大事だと思うのです。
悪い事を知らないと、いい事も見えてこない。子供のしつけでも同じだおと思います。

私が言いたい事は、全て持っているのが人間なので、それで良いんだけどバランスよく乗りこなす思考が必要だよねって事。
よく、これを読めばポジティブになれる!とかあって、それも間違いではないけど、極端に振り切る事はよくなくてあくまで、バランスをとって乗りこなす事が人生には必要なのだと思います。

ココがポイント

ネガティブとポジティブは一緒にある物なので、必要な物なのです。

ネガティブな人ほど、優しくなれる人間である

これは傷ついた経験が多い人の方が優しくなれる理論ですね
まぁ、ネガティブな人って良くも悪くも結構面倒後とに巻き込まれたたりして、不運なんですよね。
なので、色々経験していますし、多分相手の雰囲気を読み取る事ができて尚且つ気が弱いから小さくなってしまうのだと思います。

こういう人は単純に、人に優しく出来る人、なおかつ人の気持ちがわかる人が多いと思うので、そういう環境で生きた方が生きやすいのかもしれません。ボランティアとか人を助ける空間や、ある程度意識が高い場所なので生きる事。
自分なんかダメだと思っていないで、そこから抜け出す事、あなたは決してダメな人間ではなく、自分で決めつけているだけだと知ってください。
私が思うのは、学力の頭がいいと他人のことを思う事ができる頭の良さは全然違います。
学力がなくても、人の事を思いやる事ができる人は助けてもらえますし、進んで行けると私は思っています。

ココがポイント

ネガティブがあるからこそ、人に優しく出来る時もあるます。

ポジティブで居る為に、ネガティブと向き合う必要性について【まとめ】

ポジティブで居る為に、ネガティブと向き合う必要性について【まとめ】

ポジティブでいる為に、自分のネガティブを抱きしめて受け入れてください。
それも自分なので、否定する必要は全くなく、個性として受け入れてそれをどうしていくのがいいのか?自分と相談していきましょう。

こんなのダメだ!じゃなくて、それは与えられたギフトでもあると思うので、それを上手に飼いならしていきましょう。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

■notoで日記も書いています
>>noto:DAISUKE@思考のバランス

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-, ,

© 2021 D-desing