メンタル・仕事

仕事で何も言われないのは信頼されている証しです【出来る人に言う必要はありません】

スポンサードリンク

仕事で他の人は心配されたり、気にされるのに自分は何も言われないから評価されていない気がする。
など思っていませんか?
結論からいいますと、上司などから何も言われないのはもしかしたら信頼されているからかもしれません。
私も部下がいる人間なので、ある程度は理解ができますが1人で複数の人間を見なければいけないので、その中でも声を掛けるのは『仕事が遅い人』『スキルが乏しい人』『責任感がない人』などですね。
言い方は悪いですが、誰かに監視してもらわないと仕事が進まない人も世の中にはいるので、気にする人間はどうしてもそういった人間に目がいってしまいます。

では、その他の人はどうなのか?となると、気にしなくても仕事をきちんとしてくれると信じているので、基本的には何も言わないスタイルになったりします。
中には、変に口を出してしまうと非効率になってしまう可能性もあるので、逆に口を出さないと言う事もあります。

本記事では、仕事で何も言われないのは信頼されている証しと言う事について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

仕事で何も言われないのは信頼されている証しです【出来る人に言う必要はありません】

仕事で何も言われないのは信頼されている証しです【出来る人に言う必要はありません】

仕事で何も言われないのは信頼されている証しな理由は以下の通りです。

ポイント

  • 声を掛けるのは仕事が出来ない人になる
  • 何も言われないのは、必要性がなから
  • 承認欲求を無くすと楽になる

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

声を掛けるのは仕事が出来ない人になる

仕事で声を掛けるのは、仕事が遅い人だったり、責任感がない人だったりします。
声を掛けるパターンは『おい!進んでないじゃないか!』という怒り口調ではなく
『大丈夫?』という様な心配を装って声をかけます。
変に怒ってしまうと、緊張しすぎて人間のポテンシャルを下げる事になると思いますし、パワハラ扱いもされるので注意が必要です。
基本的には、普通に気に掛ける程度で話しかけ、分からない所、進み具合、スキルレベルをそこで把握していきます。
上司の役目は、部下を上手に使って仕事をこなして行く事も含まれるので、個別のスキル調査や性格や得意分野などのサーチが必要になってきます。

面倒な人程、時間をかけなければ調べる事はできませんし、進まない人に関してはある程度の頻度で監視しなければ仕事が期限内に終わらないという場合も考えられるので、よく話掛けるパターンが増えてしまうと思います。

仕事で上司に声をかけられるパターンが多い人は、もしかしたら仕事が出来ないから監視されているかもしれません。

何も言われないのは、必要性がなから

それでは、何も言われないのは何故か。
結論を言うと、何も言わなくても仕事が出来ると思って安心して任せている状態です。
これは、ある意味評価をしていると私は思います。
『この人に任せておけば大丈夫』という、言葉にはしませんがそう思っているのではないかと考えます。
私も、信頼できる人には余り心配もしませんし、横槍を入れる事もしません。

仕事が出来る人は、ある程度自由にしておいた方が仕事効率が上がりますし、監視しなくても期限内に必ず仕事を上げてくるので、心配する必要性が全くなからです。

勿論、大きな仕事の時などは確認作業が増えるかもしれませんが、それだけです。
子供と大人で考えればわかりやすいですが、子供には寝る前に歯を磨いて、トイレいって寝てね!など言ったりしますが、大人になると言わないですよね。
つまり、出来ると判断されれば言わなくなるのです。

それは、ある意味自立出来ている人間と認識されて、仕事を任せても大丈夫という安心があり、信頼している証しです。

承認欲求を無くすと楽になる

私の事ちゃんと評価してくれているのかな?など不安になる人は、承認欲求が強すぎです。
承認欲求が強すぎると、誰かが見ていてくれないと頑張れないという人間になってしまうので、やめた方がお得です。
頑張ったから評価されるのは、子供か、趣味レベルのことです。

基本的に日本では、仕事の評価は頑張った過程ではなく結果です。
過程が雑であっても、結果が伴っていればそれでOKというのは現代だと思います。
なので、承認欲求で仕事がんばっているのに!と思い上手く評価されない場合は、自分のメンタルにダメージを受けてしまうのでおすすめできません。

よく、評価されているのかな?など不安に思う人は、信頼されている証しで何も言ってこないので安心して承認欲求をすてて、自己満足に生きていきましょう。
そうした方が、それなりに楽しいと思うのです。

スポンサーリンク

仕事で何も言われないのは信頼されている証しです【まとめ】

仕事で何も言われないのは信頼されている証しです【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
仕事で上司に何も言われないのは、おそらく信頼されているからだと思います。
もし、自分が仕事をこなしていないにも関わらずそうなっている場合は、逆に見捨てられているか呆れられている可能性もありますが、気にしても仕方ありません。

人間関係は結構面倒なので、あまり深く考えすぎてしまうと毎日が楽しくなくなってしまうので、ある程度は環境に身を任せてしまうのがいいかもしれません。
それでは、読んでいただいてありがとうございました。
くそブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-,

Copyright© Dデザイング , 2020 All Rights Reserved.