メンタル・仕事

仕事で他人任せは本人が最終的には疲れる【他人任せだけで生きてはいけない】

スポンサードリンク

はい!どうも、DAISUKEです!(@desing_d

仕事で他人任せってそんなに悪い事?自分には出来ないから仕方ないじゃん!

こんな事を思った事はありませか?
結論を言ってしまうと、仕事などで他人任せが当たり前になってしまうと、最終的に疲れてしまうのは自分になります。
その理由は、他人に任せたという事は、実働で自分は覚える機会やチャンスというのを逃したという事になり、新しい事を覚えて行かなくなってしまうからです。

例えばですが、この人は過去にやっているからこの人にやってもらおう!と思う事は決して間違いではありませんが、その人しか知らない業務であったら、知っている人が会社から居なくなった時に困るのは自分なのです。
1人の人しか出来ないという環境は、会社としてのシステムエラーになると思いますが、中小企業であれば良くある事だと思います。

実際私がいる会社でもその人しか出来ない業務というのはいくつか存在し、私しか出来ない業務というのが意外と多く存在します。
しかし、それはそんなに特別な事ではなく単純に多くの人が『新しく学びたくない』だけという事が多いです。

本記事では、仕事で他人任せは本人が最終的には疲れるから気をつけた方が良い、という事について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

仕事で他人任せは本人が最終的には疲れる【他人任せだけで生きてはいけない】

仕事で他人任せは本人が最終的には疲れる【他人任せだけで生きてはいけない】

仕事で他人任せは本人が最終的には疲れる理由は以下の通りです。

ポイント

  • 自分に出来ない仕事をする事になります。
  • 仕事では自分で出来る事を増やして置かないと困る
  • 新しい事をは任せるのではなく、自らが行った方が得!

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

自分に出来ない仕事をする事になります。

自分に出来ない事をする可能性が出てきます。
何故かと言いますと、その部署で行っていた業務はその人が居なくなったとしても行う必要が出てくるからです。

仕事というのは、ある程度がルーティンで行われており、他人任せにしていた業務も必須の事になっていると思います。
例えば、特別なソフトを使ってデータをコンバートしたり、そのソフトから印刷する事などもあるかもしれません。
こういた些細な事と言うのはとても簡単なのですが、多くの人は新しく覚えたがりません。

正直な所、こういった事は個人問題というより会社のシステムエラーだと思うので、会社全体の責任とも言えます。
『私は出来ません!』と言う人もいますが、そもそもやってもいないのに何故わかるのか?と思います。

『パソコンが苦手だから』まだ数日しか触っていませんよね?これからはパソコンくらい使えないと仕事ないですよ?
言い訳を並べて他人任せにする事は別に構わないと個人的には思っています。
私自身、そうやって仕事を振られる事で業務成績も増えますし、信頼も得る事が出来ますし、経験のないエラーな時は調べる事で新しい知識を得る事が出来るので、振られる側としては結構お得なポジションだと思っています。

逆に言えば、他人任せにし続けた事によって得られるはずだった成績や信頼というのを全て他人に渡してしまっている様な物なので、ぶっちゃけ損ですよね

そして、そうした所謂会社での出来る人というのは、次のステップに進んでいくのでいつかいなくなります。
その事も含めて会社全体で考えるべきだと思います。

ココがポイント

会社はシステムとして、その人がいなくてもある程度回る様にしなければならない。

仕事では自分で出来る事を増やして置かないと困る

最近の仕事は自分の出来る事を増やして置かないと困ります。
これは別に仕事意外のスキルでも全然構わないと思っていますが、大事なのは習慣的に新しいことをした方がいいという事です。

何故かと言えば、人間は新しい事をするのにストレスを感じてしまい毎日同じ事をしてしまうからです。
しかし、時代はとてもスピーディーで止まっていると置いて行かれますし、毎日新しい事を学んでも、それでも時代との歩幅は埋まらないかもしれません。

そんな時代に来ているのです。

何故仕事意外の事でもいいかというのは、仕事で使う物というのは勝手に情報として入ってくるので意識をしていれば勝手に向上しますしレベルアップしていきます。
勿論、仕事でしている事が大好きという人はそれを極めるのもいいでしょう。

最近の言葉でいうとイノベーションを起こすのには、他のジャンルの知識や知恵が必要になってくるので、趣味や勉強というのは出来れば様々なジャンルや、遠くないけど近くもないジャンルの物を勉強するといいと思います。

そうやって日々の日常の中で、学ぶという事をデフォルトにしておくと単純にストレスになりませんし。
自分の生きる手段になりうるので超お得です。

ココがポイント

仕事では自分の出来る事を増やしておくと、選択肢が増えて行動や思考の幅が広がります。

新しい事をは任せるのではなく、自らが行った方が得!

これは完全に自己中な解釈ですが、新しい事は怖くて嫌ではなく、自分がやる!と手を上げた方がお得という事ですね。
少しずるい考えでもありますが、メリットしかないからですね。

  • 意識や意欲を見せる事が出来る
  • 新しい事でスキルが増える可能性がある
  • 達成出来たら自信に繋がる
  • 信頼信用を得る事が出来る

意識や意欲を見せる事が出来る

何十人、何百人いる社員で少しでも目立つには人と違う事をするのが手っ取り早いです。
自分がやりたい!と言えるチャンスがあるなら手を上げた方が意思や意欲を見せる場になるのでおすすめです。

新しい事でスキルが増える可能性がある

失敗しても成功しても、自分には経験として培う事ができますし。
新しいスキルが得る事が出来れば一石二鳥です。

達成出来たら自信に繋がる

達成出来たら単純に自信につながります。
自信がないという人はそもそもチャレンジをしてない人が多いです。

信頼信用を得る事が出来る

こいつは信頼出来ると仕事でポジションがとる事が出来れば相当働きやすくなります。

ココがポイント

他人にあげるのではなく、自分が取り行く方が圧倒的にお得

スポンサーリンク

仕事で他人任せは本人が最終的には疲れる【まとめ】

仕事で他人任せは本人が最終的には疲れる【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
仕事では他人任せにしてしまうと、最終的には自分がテンパったり、疲れてしまったりします。

しかし、自分が出てきる様になってしまえば恐怖や不安もなくなり、その分自信という物を得る事が出来るので超お得です。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-, ,

© 2020 D-desing