メンタル・仕事

仕事の分担が曖昧だと起こる良い事と悪い事【曖昧なのは本当に悪いことなのか?】

2021年6月11日

仕事は早く終えて遊びたい!
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

仕事の分断が曖昧だと、責任問題が生じた時に面倒なことにもなりますし。
仕事が遅い人、サボる人などがいると、仕事が早い人や仕事が出来る人に負担が行きがちで、それが問題になり残業まみれと言うこともあるでしょう。

結論を言ってしまうと、基本的には分担はある程度明確化することが大事だと思います
ただ、中には『責任』というプレッシャーが掛かると動けなくなってしまう人もいますし、そのせいで全体が遅くなるパターンもあります。
そうなると、部分的にはある程度責任を曖昧化して、ごまかせてあげると進む場合もありますし。
それぞれが、一生懸命する人たちであれば結果的にフォローやサポートにも入ってくれるので、細かな所までは几帳面に分担をする必要もないのかなとか思ったりもします。

本記事では、仕事の分担が曖昧だと起こる良い事と悪い事について持論を書いています。

スポンサーリンク

仕事の分担が曖昧だと起こる良い事と悪い事【曖昧なのは本当に悪いことなのか?】

仕事の分担が曖昧だと起こる良い事と悪い事【曖昧なのは本当に悪いことなのか?】

仕事の分担が曖昧だと起こる良い事と悪い事については以下の通りです。

ポイント

  • 基本的には仕事の分担は明確にする事が大切です。
  • 中には『責任』を背負えない人もいる
  • 曖昧だからこそ、思考する場面も生まれる

以上になります。
それでは、行ってみよう!

基本的には仕事の分担は明確にする事が大切です。

当たり前ですが、基本的には仕事の分担は明確にした方が効率が良いです。
全員が真剣に取り組む人であればいいですが、中にはサボろうとか、責任は自分にないから他人事として働いている人もいます。
そういった人たちが進ませなかった仕事の分、他の誰かが残業などをしてやる事になるので、仕事の分担は基本的には明確にしましょう

曖昧である事で、その業務の責任が誰にあるのか。そうする事で当事者となり、自分事として考える事が必要になってくるからです。
これは経験談ではありますが、やはり責任がある仕事と、責任がない仕事ではプレッシャーが違います。
責任がある仕事の方が、多くの時間を使いますし細かい所までも視野が向きます。
逆に責任が自分にない仕事であると『誰か何とかしてくれ〜』という気持ちが少なからずあります。

なので、多くの場所では基本的には仕事の分担は曖昧である事よりも、明確にした方が効率も良いですし、個々の成長にとても良いと思っています。

ココがポイント

基本的には仕事の分担は曖昧である事よりも、明確にした方が得るものは多い

中には『責任』を背負えない人もいる

バリバリ仕事が出来る、会社にいるのであれば皆さん力を持っているので良いと思いますが。
中小企業などですと、仕事はそれなりに出来るけど『責任』というプレッシャーに潰されてしまう人もいます。
基本的にこう言う人は、自尊心が低かったり、自信がない人が多いですね。

仕事を任せられたと言うことは、その業務が出来ると思われていると思うので、実力がないことは無いと思うのですが。
仕事を明確化し過ぎてしまうと、こういう人は押しつぶされてしまう事もあります。

合理的に考えて、仕事の効率だけを望めば仕事は曖昧出ない方がいいですが、曖昧である事で動ける人も中にはいると思っています。
だからといって、テキトーにして言い訳でもないですし、ある程度は曖昧なモノを減らさないと仕事効率も悪くなるので、この辺りの匙加減も必要です。

仕事を分担を敢えてしない事で、逆に動ける様な人も稀にいるので、考えてみると良いのかもしれません

ココがポイント

結局はその人の性格やメンタルにもよるので、明確な答えはないですが、そういう人間もいると覚えておくと良いかもしれません。

曖昧だからこそ、思考する場面も生まれる

曖昧にすると基本的にはサボる人間が出てきます。
サボるという言い方が悪いかもしれませんね、作業量が多い人と、作業量が少ない人ですかね。
そのせいで残業する事も出てくるかもしれません。

ただ、個人的には自分の成長のために使える時もあると思っています。
例えば、上司が曖昧なスタイルな人は基本的に作業効率が悪いです。
なので、自分で好きに効率を上げる為に好きな事が出来ますし、ガンガン行こうぜ!のスタイルをとる事ができます。

逆に責任をガチガチに固めると『確認』というロスタイムが生まれるので、良いも悪いも多少レスポンスが遅くなります。
なので僕の事例になってしまいますが、早く帰ってゲームをしたいのでどう全体を回そうか考えます。
要は、自分で考えて行動して、自分で責任を取るという事ですね。
それが、指名されなくても出来ちゃうので、逆に曖昧になっている職場であれば、好きにポジションを取りに行けるのではないかと思います。

とは言っても、めちゃくちゃは良くないですけどね。
そんな感じで、曖昧だからこそ、考える機会も生まれると思っています。

ココがポイント

曖昧だからダメと考えるよりも、言える立場でない場合は利用してしまえば良いと思います。

スポンサーリンク

仕事の分担が曖昧だと起こる良い事と悪い事【まとめ】

仕事の分担が曖昧だと起こる良い事と悪い事【まとめ】

基本的には仕事はしっかり分担して曖昧を減らした方が、早く帰れると思います。
ただ、責任という物が人によっては枷になる事があるので、その場合は逆に作業速度が遅くなる事があります。
要は、心配し過ぎて無駄に時間を使う事ですね。

そういう時が必要な瞬間も人生にはあると思いますし、それがないと成長もしないと思います。
しかし、それが本当に苦手な人もいます。
その辺をよく見て、今の空間はどうしたらいいだろう?と考えてみるといいのではないかと思います。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
目標:10,000円のお寿司を食べたい

-メンタル・仕事
-, ,