仕事・考え方

フリーランスは本当に自由なのか?【全員が自由という訳ではないと思います】

2022年9月8日

フリーランスは本当に自由なのか?【全員が自由という訳ではないと思います】

フリーランスって多少憧れる部分もありますよね。
どうも、"だいすけ"です!(@desing_d

はてな

  • フリーランスって本当に自由なの?
  • フリーランスってそんなにいい事なのか?

このような事を悩んでいませんか?
結論を言いますと、フリーランスで自由というのは自由になれた人もいれば、自由になれない人もいると思っています
フリーランスは基本的に自己責任になるので、実力があったり、人脈などを持っている人からすると自分で仕事を選ぶ事もある程度はできると思いますし、働く時間なども決める事ができると思います。
しかし、実力がない、仕事が全然来ないとなると、勉強する時間や費用も掛かりますし、仕事がない場合は営業などをしなければいけませんが、営業が得意という人はあまり多くないと私は感じています。

その結果、フリーランスになることで一応自由には慣れているかもしれませんが、気持ちや余裕まで自由になれているかは人によって様々だと思います
本記事では、フリーランスは本当に自由なのか?ということについて持論を書いています。

スポンサーリンク

フリーランスは本当に自由なのか?【全員が自由という訳ではないと思います】

フリーランスは本当に自由なのか?という事については以下の通りです。

ポイント

  • フリーランスが自由か?は人による部分が大きい。
  • 求める自由が何か?によって考えは異なる。
  • フリーランスになって、また社員に戻る人も一定数存在する。

以上になります。
それでは、説明していきますね。

フリーランスが自由か?は人による部分が大きい。

フリーランスが自由か?は人による部分が大きい。

フリーランスになれば自由になれるかどうか?は人によって違うと思います。
会社員というのは、一見レールの上を歩いている、無理やり仕事をさせられていると感じてしまう人もいると思いますが、逆に考えると『居るだけで一定の金額を毎月貰える』と考えると悪くないと思いませんか?

会社の方針などによって変わる部分も大きいですが、基本的には会社員を簡単にクビにも出来ませんし、給料は支払う義務があります。
なので、欠勤している訳ではなくて出勤していたら仕事があまり出来なくても給料は貰えるのが会社に務めるある種のメリットだと思っています。

フリーランスの場合は、全ての責任が自分に舞い込んでくるので自分で仕事の匙加減を考える事はできますが、休んだら休んだ分お金は入らなくなりますし、営業なども基本的に自分でやる必要があります。経理的なこと、スキル的なことなども基本的に全て自分で処理する必要があります。

個人的には、フリーランスは実力がある人だけが本当のフリーになれると思っていて、多くの人は逆に労働が増える形になる人も多いのではないかなと思ったりします。
もちろん、やり方によっては簡単にできることもあるかと思いますが、安易にフリーランスを目指すと結構後悔する事もあるのではないかなと私は思っています。

ココがポイント

結局お金が入ってこないと生活できませんし、1人で手一杯になってしまうと、自由な時間も無くなるので人によると思います。

求める自由が何か?によって考えは異なる。

求める自由が何か?によって考えは異なる。

それに、フリーランスという物に夢を見る気持ちはわかりますが、求める自由が何か?によって考え方って違うと思っています。
よく聞くのは、時間の融通が効くだったり、自分で仕事を選べるなども聞きますが、個人的にはこれはソコソコのスキルのがある人だけだと思っています
スキルや実力、人脈などがない人は、時間もお金も余裕がなくなると思います。

私もホームページを作る仕事などをしているので考える事はありますが、クリエイティブ系のものは基本的にスキルアップし続ける事が必然だと思っています。
というのも、サービスやツールなどで簡単な物であれば、誰でもある程度作れるようになってきてしまっているからですね。
勿論、これは会社員であっても必須な部分ではあるのですが、それでもツテがあるかないかでは全然違う部分があります。
要は、自分がスキルがなくても会社という信頼で仕事をくれる人達も一定数存在するという事ですね。

それがフリーランスになると、その人を本当に信頼してくれていればいいですが、そうでない場合は仕事も来ないですしスキルアップも一緒にしていく必要があるので結構大変です。
その結果、簡単に仕事ができると思っていたけど、全然簡単じゃない!なんて事もあると思います。
フリーランスという名前に惹かれる気持ちはめっちゃ分かりますが、実際自分が求める自由ってなんだろう?という部分と等身大の自分を考えてみると、見えてくる部分もあるかと思いますよ

ココがポイント

自分にとっての自由とは何か?をしっかり考えてみよう

フリーランスになって、また社員に戻る人も一定数存在する。

フリーランスになって、また社員に戻る人も一定数存在する。

私も回りでも聞いた事がありますが、フリーランスになっても数ヶ月、もしくは数年で社員に戻る人も結構います。
理由は様々ですが、仕事がないという人も結構いるような気がします。
ランサーズなどで稼ぐ人もいると思いますが、家族がいたらい保険などの支払いなども考えたりするとコンスタントに働く必要があり、不安がつきまとってきます。
その不安を消すために結局会社員に戻るという人も存在するのです

どっちが悪いとかは無いと思っていて、自分はどっちの方が生活しやすいのか?などで考えたらいいと思います。
仕事ができる人であれば、フリーランスの方がお金を稼ぐ事ができると思いますし、生活も自由になると思います。
実力が乏しい人は逆に仕事がなかったり、自分でやる事が増えると思うので時間の融通なんて出来ないかもしれません。

この辺は一回やってみるか、自分で想像してみるしかないと思うので、フリーランになると考えている人は経理や営業の部分まで考えてみるといいと思います。
個人的には、会社を辞める勇気があるのであれば、一度フリーランになってみるのも分かりやすいかと思いますよ。

ココがポイント

お金が入らなければ結局フリーではない

スポンサーリンク

フリーランスは本当に自由なのか?【まとめ】

私もフリーランスで稼ぐ事ができたら理想かもしれないと考えた時もありましたが、最近はフリーランスが増えすぎて巣窟になっているイメージもあります。
仕事でも頼む事はありますが、実際しっかり実力がある人というのもそんなに多くないというか、やってみないと分からない部分もあるので何とも言えないなと思います。

とは言え、自分1人でしっかり仕事ができればフリーランスで自由になれるとは思いますが、言うほど自由はないのではないかな?と思います。
個人的には起業して社員をしっかり育てたりした方が自由度は高いのではないかな?などを思っています。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

スポンサーリンク

最近のマイブーム

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
ブログ:約1400記事以上、ラジオ500本以上更新中

-仕事・考え方
-, , , ,