My diary

自転車でもいいんじゃね?と思ってた話【今でも思っています。】

自転車でもいいんじゃね?と思ってた話【今でも思っています。】
スポンサードリンク

はい!休日に頭痛がしていると死にたくなります。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

ふと買い物の帰りに昔の気持ちを思い出した事があったので、忘れない様に書いておこうと思う。
というのも、今は普通に車を運転しているが免許を取った当時は車の運転が本当に嫌いだったし、正直今でも車の運転は好きではない。

理由は後で書いていくが、そもそも遠出する暇もなければ時間もなく必要もないので意外と自転車で物事が解決出来てしまったという事と、車って持っているだけでお金を払う必要があるし、乗っていなくても保険だったり、車検代とかも掛かるので可愛くないとか思っていた。

当時から車は乗り物というイメージが強く、高級車とかスポーツカーとかにあまり興味がない。
自転車でも生活が出来てしまう人からしたら、それで良い事だと思うし割と私はそっちの思想が強いなという事を書いていこうともいます。

本記事では、自転車でもいいんじゃね?と思ってた話について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

自転車でもいいんじゃね?と思ってた話【今でも思っています。】

自転車でもいいんじゃね?と思ってた話【今でも思っています。】

本記事では、自転車でもいいんじゃね?と思ってた理由は以下の通りです。

ポイント

  • 自転車って金が掛からない
  • 自転車って止める所に困らない
  • 自転車だけで生活出来る人の方がコスパ良い

以上になります。
それでは、詳しく解説してきます。

自転車って金が掛からない

自転車って車と違ってあまりお金が掛かりません。
車検代だったり、保険代というのもありませんし、高級な自転車じゃなければローンなど組む事もないので大体数万で買う事ができますし、10年たっても壊れない物が多いと思います。

普通に考えて車よりも自転車の方が圧倒的にお金が掛からないので、それだけで生活出来る人はお得だと思うのです。
その分、ほかの事にお金が使えますからね。

自転車って最高にエコな乗り物で、健全的アイテムとしか言いようがないのです。

ココがポイント

自転車って永遠の相棒な気がする

自転車って止める所に困らない

僕が車が苦手な理由に、出先で止める所を探すのが億劫な事です。
例えば、大人気テーマパークイオンなども基本的に混んでいるので、駐車場を探す方が面倒で仕方ありません。
駅前とかもパーキング探すのが面倒なので、基本的に行きたくないですし、知らない所だとそこから面倒なのでもっといやですね。

しかし、自転車ならまずぞの悩みが消えますし、何処でも少しなら止めてもあまり怒られる事もありません。
移動も比較的楽ちんですし、そこまでの遠出は出来なくても、市内程度であればわりとなんとかなったりするので、ストレスフリーなアイテムと思っています。

個人的に車が苦手な人って、走る事よりも駐車が苦手だからストレスという人が多いと思います。
何気に私もその一人でもあります。

ココがポイント

自転車は何処でも止められるのでストレスフリー

自転車だけで生活出来る人の方がコスパ良い

あとは、単純に自転車だけで生活している人の方がコスパがいいなと思いました。
車って車検代とガソリン代、保険代など結構金額が飛んできます。
しかし、自転車だけで生活している人はそこが問題になりませんし、お金がないと悩む原因とお別れ出来るという事です。

とはいっても、なかなか田舎だと車がないと困っちゃうよ!というのもわかりますし、私もなんだかんだで車を所持しています。

ただ、車を持たなくても生活出来ちゃう人達ってお得だな!と思っただけでした。
都会じゃ無いと難しいとおもいますが、都会は都会で家賃や物価が高そうなので、トントンなのかな?とか思ったりします。

実際に生活をしてみないと分からないので空想にしかありませんが、もし車を持たないで生活出来る方法があったら誰か教えて頂きたいですね。

ココがポイント

自転車だけで生活できれば、少なくとも車検代、保険代、そのほかの維持代が掛からないと思うので、長年で見たら結構お得なのかな?とか思ったりしました。

スポンサーリンク

自転車でもいいんじゃね?と思ってた話【まとめ】

自転車でもいいんじゃね?と思ってた話【まとめ】

今でも自転車でもいいじゃね?と思う時があります。
ただ、結婚して子供もいるのでどうしても一緒に移動する手段が必要であります。
なんとかして、妻と自分の2台持ちを1台にする事が出来ればそれだけでも変わってきそうですが、なかなか難しい所ですね。

そうなると、そもそもも仕事から変えないと難しいですね。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

■noto
https://note.com/k_daisuke

■Twitter
https://twitter.com/home?lang=ja

■Instagram
https://www.instagram.com/daisuke_d_desing/?hl=ja

■Facebook
https://www.facebook.com/daisuke.d.desing

■SUZURI
https://suzuri.jp/D-desing

■質問箱
https://peing.net/ja/desing_d

スポンサーリンク

-My diary
-, ,

© 2020 D-desing