人生

寝る時に考えるといい事【寝る時は出来るだけいいことを考えよう!】

2022年11月15日

寝る時に考えるといい事【寝る時は出来るだけいいことを考えよう!】

寝る時は妄想に耽るのがいいと思っています。
どうも、"だいすけ"です!(@desing_d

はてな

  • 寝る時って何を考えればいいの?
  • 寝る時って何も考えるなって言われても考えちゃうよね。

このような事を悩んでいませんか?
結論を言いますと、寝る時というのは『なりたい自分』などを想像してみるといいと思っています。
もしくは、楽しいこと、楽しみなことなどを考えながら寝るのがいいでしょう。

ネガティブなことを考えてしまうと、反芻してしまい頭に定着してしまうことがあるので良くないですが、その反芻を利用して良いこと、楽しいこと、楽しみなことを反芻して自分の無意識に刷り込んでいくのが良いかなと思います。
勿論、何も考えないで寝るというのも全然構わないと思います。

本記事では、寝る時に考えるといい事について持論を書いています。

スポンサーリンク

寝る時に考えるといい事【寝る時は出来るだけいいことを考えよう】

寝る時に考えるといい事は以下の通りです。

ポイント

  • 寝る時になりたい自分を想像してみよう。
  • 楽しみなことを考えてみよう。
  • ネガティブなことを考えるくらいなら、何も考えずに寝る事。

以上になります。
それでは、説明していきますね。

寝る時になりたい自分を想像してみよう。

寝る時になりたい自分を想像してみよう。

寝る時におすすめだと思っているのは、なりたい自分を想像することです
実際になれるかどうかは別として、自分がなりたい自分を想像することで、現実にできることもあると思います。
というか、想像もできない物は形に出来ずらいと思うので、所謂イメージしておくと言うことですね。

例えば、ダイエットしてスタイル良くなってモテる自分だったり、歌の練習をしている人であれば、上手になって大きなステージに立っているイメージだったり。実際に起こり得ないことでもいいので、夢を描くようにイメージしてみることです。
他にも、仕事をバリバリやっている自分だったり、禁煙したい人はタバコを吸っているのではなくて、その時間を読書している優雅な自分を想像してみたりするのもいいかもしれません。

これは、所謂無意識の部分に刷り込むことになるので、1日やってもダメは当たり前で毎日少しずつ寝る時にイメージして気持ちいい感覚に包まれながら眠るのがいいと思います。
意外と、なりたい自分のイメージってやってみないと難しいもので、一度チャレンジしてみると面白いと思いますよ。
それに、自分自身を知ることにもつながるので結構おすすめです。

ココがポイント

なりたい自分を想像して無意識に刷り込んでいきましょう。

楽しみなことを考えてみよう。

楽しみなことを考えてみよう。

なりたい自分なんて壮大なことは全然思いつかないという人は、単純に身近にある楽しい事、楽しみな事を考えるのもいいでしょう
ただ、複雑に考えすぎてしまうと眠れなくなるのが注意が必要です。
例えば、私はゲームなどにハマっている時は攻略サイトなどはあまり見ないで楽しんでいるので、どう工夫したらいいか?などを良く考えますし、最近は家族のご飯などを私が作っていて料理をしているので、子供が好きそうな物だったり、他に何かいいレパートリーはないか?とか、どう工夫したらもっと美味しくなるか?など考えている事が多いです。

他にも、恋人のことを考えるもよし、休日に友人と遊ぶ約束を考えるのもよし、自分が楽しい!と思える未来を描ける物のことを考えるのがいいと思います。
楽しいこと、楽しみなことがないという人は、趣味を考えるのもいいと思いますし、ワクワクしそうなことを期待するだけでいいのです。
それも、しょうもない事でも全然OKで、朝の散歩の道を変えてみるとか、やった事ないソシャゲをしてみる、入った事ないお店に入ってみる、コンビニの可愛い子に声を掛けてみる、なんでもいいです。

想像と違うのは、実際に自分ができる事で身近で楽しい事というのがポイントです。

ココがポイント

楽しいことを考えると、それだけで毎日が少し楽しくなります。

ネガティブなことを考えるくらいなら、何も考えずに寝る事。

ネガティブなことを考えるくらいなら、何も考えずに寝る事。

寝る時にネガティブなことを考えるのは一番良くありません。
なので、変に色々考えた結果毎回ネガティブな方に行きすぎてしまう場合は、何も考えずに寝るのがいいと思います。
要は、瞑想状態で眠りにつくのが良いかなと思います。

楽しいことを考えることができればプラスになるかもしれませんが、ネガティブを反芻してしまうと泥沼にハマってしまうことがあるので注意が必要です
その場合は、無理に考える必要はなく何も考えずに寝るようにしましょう。
むしろ、変に考えてしまうと眠れなくなってしまうこともあるので、自分がリラックスできる状態にして眠るのが一番いいです。
何もしていないと、色々考えてしまうという人は、まずはラジオなどを聴きながら寝ることをしてもいいかもしれません。
最終的にはあまり良くないと思っていますが、眠れないよりはマシだと思うので、少しずつ寝る楽しみを作っていけばいいと思います。

ココがポイント

ネガティブなことを考えるくらいなら、何も考えなくていい

スポンサーリンク

寝る時に考えるといい事【まとめ】

寝る時に考えるといいことは、未来の自分をイメージしてみるか。身近な楽しみなことを考えて寝るのがいいと思います。
ただ、何度も言いますが考えすぎて眠れなくなってしまうこともあるので、3〜5分程度にしておきましょう。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

スポンサーリンク

最近のマイブーム

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
ブログ:約1400記事以上、ラジオ500本以上更新中

-人生
-, , ,