家庭・生活

健康である事の大切さとはなんだろう?【健康は幸福度をあげる】

スポンサードリンク

健康に気を使いたいけど、仕事などで難しい。
そこまで健康って気にしなければいけないモノなの?など思ったりしますよね。

結論から言ってしまうと、健康というのはかなり大事というか人生を楽しみたいのであればまずは健康な体づくりが本質といっても過言ではありません。
世の中には、徹夜で仕事がすごいだったり、何も食べないで仕事していますなどが評価されがちですが、そんな事はありません。
時と場合とその人のポテンシャルにもよりますが、基本的には時間内に終わらない仕事は効率が悪かったり、頭が働いていない事の方が多いです。

仕事面で健康である必要は、効率だったりします。
体が怠いだとか、頭が痛い、腰が痛いなど様々ですが、そう言った事は集中を阻害しますし、しんどい状態で仕事を強制されるとストレスにもなりますよね。
最終的には体だけではなく、メンタルまでにも影響するので、良い事が全くありません。

時間を作るのは難しいという人もいたり、毎日の健康を考えるのが面倒という人もいるので、自分なりに仕事が多少忙しくても出来る健康方法なども踏まえてご紹介していけたらと思います。
本記事では、健康である事の大切さとはなんだろう?という事と、毎日少しづつできる健康的な事について紹介していきます。

スポンサーリンク

健康である事の大切さとはなんだろう?【健康は幸福度をあげる】

健康である事の大切さとはなんだろう?【健康は幸福度をあげる】

健康である事の大切さとはなんだろう?と毎日少しずつ出来る健康法はこちらになります。

ポイント

  • 健康の大切は全ての要だから
  • 健康に大切なのはこの3つ
  • 仕事が忙しくても出来る健康的習慣

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

健康の大切は全ての要だから

健康の大切な理由はこの一つだと思っています。
自分が何をするにもまず、体が動かないと出来る物も出来ないからです。

特に30歳を超えたあたりから、体力が続かなくなったり、疲れやすくなりました。
20代は所謂根性論でなんとかなった気がするのですが、無理をし続けた結果腰や首がヘルニアになったり、眼精疲労でドライアイになったり。
恐らく今私が抱えているこの様な病気は20代の頃に何も考えず生活した結果であると個人的には思っています。

ですが、もう結婚もし守る物が出来てしまったので倒れる訳には行きません。
それに、自分自身もっと色々な事を挑戦してみたいと思っていますし、読みたい本もあれば、社会にもっと貢献したいという気持ちも少なからずあります。
この様に、自分が幸せを感じるのであるので、まずは自分をしっかりメンテしなければ最大のパフォーマンスが出せる訳がないですし。
壊れてしまって治るならいいのですが、治らない場合も勿論ありますので、毎日のメンテは意外と必要なのだと思いました。

この様に、人間は複雑な生き物で沢山の病気や怪我で栄養不足などで、コロコロポテンシャルが変わっていくので毎日自分自身を気にする事が大事です。

ココがポイント

体が本質

健康に大切なのはこの3つ

私も小さい会社なので、サボっている訳ではありませんが1人で複数の事をしなければいけないので、帰るのが遅くなり意外と忙しい日々を送っていると思います。
帰れば食器を洗ったり、子供と遊んだりして自分の時間というのは意外と少ないです。

それでも、健康でいるために気にしている事はこの3つです。

  • 食事
  • 運動
  • 睡眠

よく聞く事ではありますが、この3つを意識してからは大分生活のポテンシャルが変わった様に感じます。
ただ、私は医者ではないので科学的な事や栄養素は自己流でしかわかりません。
それより、自分はこういう体質っぽいという感覚値の様なものが個人個人あると思うので、それを頼りにまずはやってみると良いと思います。
個人的な考えの例を上げておきますね。

食事

食事ですが、基本的にジャンクフードはNGと間食も胃に負担が掛かるのでNGと思いました。
そもそも、お菓子やジャンクフードはあまり好きではないので1人ではまず食べないので、付き合いの時だけOKというルールを作りました。

朝は基本的に食べなかったのですが、腸を起こす為に必要というのを読んだので、ヨーグルトと一握りのグラノーラを食べる様にしました。
これによって、朝若干のポテンシャルが上がった様な気がします。

あとは、肉より野菜を食べる様にした事ですね。
私の胃や腸は弱い方みたいで、肉を沢山食べるとお腹を壊しますし、何よりおならが沢山出て臭いです。
どうしても、お金の事を考えると野菜より肉にいってしまっていたので、思い切って昼は野菜を必ず取るとしたらカップ焼きそばを食べ続けていた時より、午後からの仕事の集中力は倍くらいに代わり、イライラする事が減った様なきがします。

運動

私は普段パソコンを使ったデスクワークをしているので、本当に立つのもトイレや昼ごはんの時くらいです。
なので、自宅から会社に移動しているので動いているという認識から、運動していると勘違いしていたのか、よく考えてみると車で移動もしていますし、それ意外歩く事も全くないんですね。

多くの著名人なども、本を読んでみたりすると必ず運動する時間は作っていると書いてあったりします。
つまり、私の100倍くらい稼いでいる人であっても運動するメリットが存在するという事ですね。
なので、根拠はないですが自分より忙しい人が時間を作ってまで行っている運動は必須とおもいました。

睡眠

睡眠は、単純に寝不足であると仕事効率が倍くらい下がるので、寝ないで仕事するというのは非効率と思った結果ですね。
徹夜するくらいなら、今から数時間寝てからやった方が恐らく効率がいいです。

人にもよると思いますが、私は寝ないとリセットされない感じがするので非効率になりますので、睡眠は結構大事です。

 

仕事が忙しくても出来る健康的習慣

それでは、仕事が忙しくても出来る健康的な習慣というのはなんでしょうか。
調べれば例題はいくらでも出てくるので、ここでは私が意識している事について書いて行こうと思います。
上記の3つのパターンで紹介しますね。

食事

先ほども書きましたが、肉より野菜を多く食べる事。
肉でダイエットなどもありますので、肉の方が良いという人もいるかもしれませんが、私は肉3野菜7くらいの割合が体が軽い感じがします。
栄養学は詳しくないのですが、野菜と肉をどちらもそれなりに摂取する方が良いのではないかと思います。

あとは、糖質、脂質が強いものは避けるですね。
ダイエットって訳ではないですが、気にしないで生活すると得にジャンクフードなどは糖質と脂質の塊の様な物なので過剰摂取になってしまいます。
現代では、無意識的に沢山取ってしまう物なので意識的に食べない様に心がけています。

夜は少ない方が良いと言われるのですが、私は妻が作った料理が食べれるのが夜だけなので、昼のカロリーを控えめにして夜は気にしないで出されたものを美味しく食べるという事にしています。
完全に個人的な意見ですが、出されたものに文句も言いたくないですし、家族と別の料理を食べるというのも雰囲気的に好きではないので、その他の所で自分のメンテをするという感じです。

ココがポイント

野菜を意識的に食べる。ジャンクフードは食べない。

運動

運動に関しては悩みましたが、とりあえず簡単なのはエレベーターを使わないで階段などですかね。
あとは、パソコンに1時間タイマーをセットして定期的に動いて血流をよくする事などです。

最近では、デバック中だったり、何かのちょっとした待ち時間、頭が回らないでイライラしている時は会社で筋トレをする様になりました。
とは言っても会社なので、健康器具などもないので腕立てだったりスクワットなどをしています。
足には筋肉量が多いのでスクワットが良いと何かで聞いたので、10回ずつくらいのスクワットをこまめにしています。

これに関しては、疲れにくくなり持久戦が出来る様になった様な気がします。

睡眠

睡眠は何気に一番気にしている所で、考える事が多いので頭が休んでいないと本当に何も出来なくなる時があります。
なので、基本的には11時には寝て7時には起きる様にしています。
大体このくらいの睡眠が私にはベストですね。

時には寝る時間が遅くなる事もあるのですが、起きる時間は必ず固定して7時に起きる様にしています。
理由は調整出来なくなるからですね。
それに起きて動いてしまった方が目も覚めますし、軽い運動すれば1日くらいなら気にしないで行けるのでおすすめです。
個人によって必要な睡眠時間というのは違うと思うので、自分で調べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

健康である事の大切さとはなんだろう?【まとめ】

健康である事の大切さとはなんだろう?【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
私が個人的に健康になりたい!と思ったのは、非効率すぎてイライラした事からでした。
覚えるのが遅い自分だったり、頭の中がパニックで問題解決出来ない!なんて事も実は、不健康な自分が邪魔をしているからでした。

たまにスムーズに出来るという経験が有る人は、恐らく不健康であるが故に自分のポテンシャルを落としているのだと思います。
そのスムーズに出来るのが健康的な本来のポテンシャルで、出来ない時というのは自分の体や脳が疲労していたり健康では無い状態だと私は思いました。

そんな事に心当たりが有る人は、試してみてください。
それでは、読んでいただいてありがとうございました。
ブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-家庭・生活
-,

© 2020 D-desing