人生・家庭

ギャンブルは勿体ないと思ってしまう事【依存してしまうと沼から出られなくなる】

2021年8月22日

ギャンブルに関してはビギナーズラックが無かったので、依存する事はありませんでした。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

ギャンブルにハマってしまって、ついつい休日にパチンコとかスロットなどに行ってしまう。
そういう方は多いと思いますし、個人的には趣味でやっている分であれば否定もしないし、構わないと思っています。
ただ、借金をしてまで依存してしまったり、趣味はそれしかないとなると勿体ないような気がしなくもないです。

というのも、プロでない限りはそこで他に得られるものが少ないからです。
そもそも、お金を安定して稼げる人は少ないと思いますし、稼げているのであれば借金をする事もないと思います。
借金をしている時点で稼げていないので、お金すらなくなっていると思います。

自分の時間をどう使おうが自分の勝手ですが、時間は命と思った方がいいと思います。
その命の時間を使って何を得て進んでいくのか?で今後の難易度は変わってくると思います。
本記事では、ギャンブルは勿体ないと思ってしまう事について書いています。

スポンサーリンク

ギャンブルは勿体ないと思ってしまう事【依存してしまうと沼から出られなくなる】

ギャンブルは勿体ないと思ってしまう事【依存してしまうと沼から出られなくなる】

ギャンブルは勿体ないと思ってしまう事は以下の通りです。

ポイント

  • お金も無くなったら何も残らない
  • ギャンブルだけでは次に繋がらない
  • 歳をとった時に、その時しておけば良かったと思うかもしれない

以上になります。
それでは、解説していきます。

お金も無くなったら何も残らない

ギャンブルにハマる人は、お金が欲しいから一攫千金を狙ってという人が多いと思います。
しかし、プロの人はわかりませんが、多くの人はギャンブルで損をしている人の方が多いと思います

めちゃくちゃ儲かるのであれば、もっと多くの人がギャンブルを指示していると思いますし、とんでもなく賑わっていると思います。
そうでないのは、やはりリスクがあり儲からない人の方が多いということですね。
自分は稼げる人間だ!と思う人は好きにしたらいいと思いますが、難しいでしょう。

偶然的に当たる時もあるかもしれませんが、それは持続して入ってくる収益ではないので生活も安定しません。
生活が安定しないのは不安も呼びますし、家庭を持っている人だと家族も不安ですよね。

当たった時や、打っている時は楽しいかもしれませんが、大きく外れてお金も無くなってしまうと自分には何も残らなくなってしまいます。
そうなると、時間が勿体ないと個人的には思います。
その時間で、他の楽しいことや、家族との時間を作れたりすると思うので、その先に何があるのか?など考えてみるのもいいと思います。

ココがポイント

お金が絶対ではありませんが、お金がないと不安になるのも事実だと思います。

ギャンブルだけでは次に繋がらない

ギャンブルだけでは次に繋がらないと思っています
例えば、プロの人であれば、パチンコを打ってそれをライターなどで記事にする事が出来ると思いますが、他の人はそういう訳にもいきません。
ブログをやったりYouTubeに動画を投稿したりする人も少ないと思います。
そういう、副産物に繋げている人ならいいと思いますが、そうでない人はただの時間の無駄になってしまうリスクが増えます。

勿論、趣味の範囲ないの予算で遊んでいるだけという人は全然いいと思いますが、依存的になってしまい貯金がゼロになるレベルで行ってしまう人は勿体ないと思います。

なので、それならば他に技術や知識になりそうな事や、生きていく時にお得になりそうな事をしておいた方が現代ではいいような気がします。
趣味なので好きにしたらいいと思いますが、今では副業も当たり前の様に多くの人がやっているので、生活に差が出てくるでしょう。
多くの事をやっているという人は、やってない人と比べるとその分人生経験が多かったり、知識や技術も多いので、椅子取りゲームになった時に勝てる可能性が増えます。
しかし、ギャンブルだけに時間を費やしていると、椅子取りゲームの時に取られてしまう可能性も大きいです。

やってはダメとは言いませんが、プロになる覚悟もない程度であれば、沼にハマり過ぎない方がいいのではないかと思っています。

ココがポイント

ギャンブルの知識を持っていても余り役には立たないのでおすすめしません。

歳をとった時に、その時しておけば良かったと思うかもしれない

若いうちは若さという武器があるのでいいですが、それは皆平等にあり、当然のごとく平等に無くなっていきます。
その時に、出来る事はその時に多くの経験をして歳をとった時にそれなりの知識や経験、技術などを持っている事が大事だと思います

例えば、エンジニアなどですとプログラミングが上手に書ければ年齢はそこまで関係ないと思います。
そこで、20代からギャンブルにハマった人と、プログラミングをガンガンに勉強した人では今後の人生が違うと思うのです。
もっと簡単に言えば、20代にギャンブルに依存してしまった人と、毎日コツコツ本を読んで知識を蓄えた人でも変わってくると思うのです。

中には例外の人もいるかもしれませんが、例外のパターンは一般人には通用しないと思った方がいいです。
自分は特別だ!と思うのはそもそも間違いです。

そして、50代や60代で仕事が無くなった時に、やりたくもないバイトしか出来ないなんて事も多いですし。
最近では、定年退職した人がスーパーで嫌そうにレジ打ちや品出しをしている姿を見かけます。
生活の為とは言え、『なんで自分がこんな事しなければいけないんだ』とでも思っているかの様な態度で接客しています。

しっかり、技術や知識、結果を出せている人は、定年退職後でもそれなりに働けるところは選べると思います。
しかし、何もやっていなく遊んでいただけの人間はそうなってしまうのだと思っています。
スーパーのレジ打ちがダメな仕事と言いたいのではなく、その人がやりたくない事をやるしかないという話です。

そうなりたくないと思うのであれば、今からでも何かしろのアクションを起こして行くのがいいと思います。

ココがポイント

気がついたら歳を重ね何も持っていない自分に絶望するかもしれません。

スポンサーリンク

ギャンブルは勿体ないと思ってしまう事【まとめ】

ギャンブルは勿体ないと思ってしまう事【まとめ】

ギャンブル自体は趣味でやる分には構わないと思います。
違法でもないですし、この世に存在している娯楽だと思うので。

しかし、自分に甘えて沼にハマってしまい抜け出せなくなったり、自分の収入以上を注ぎ込んでしまうのは既に依存であり病気です。
そうならない様に、自分を自制しながら楽しむ方がいいと思いますし、何より他の事をした方が人生的にも勿体なくないと思うので、おすすめです。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | 悩み相談

スポンサーリンク

-人生・家庭
-, , ,

© 2021 D-desing