人生・家庭

バック駐車ができなくても生活に支障はない【出来る時にすればいい無理にしないでいい】

2021年9月29日

バック駐車ができなくても生活に支障はない【出来る時にすればいい無理にしないでいい】

車の運転は基本的に好きではありません。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

車の運転が苦手な私ではありますが、苦手な理由として駐車が嫌いです。
車の駐車が苦手という人は多いのではないでしょうか?

走らせるだけなら、基本的に直進するだけですしあとは信号などの交通ルールを守るだけです。
しかし、駐車となると場所やスペースにもよりますし、両サイドが高級車だと緊張するなどありますよね。
特に、バックで駐車となると出来ない人も多いと思います。
ちなみに、私も出来なくはないですが苦手な方です。

なので、基本的にイオンなどの駐車場では頭から突っ込む事が多いですし、それで困った事もありません。
個人的には、駐車が苦手な場合は近場よりも遠くて空いている所を狙った方が安心です。

本記事では、バック駐車ができなくても生活に支障はないという事を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

バック駐車ができなくても生活に支障はない【出来る時にすればいい無理にしないでいい】

バック駐車ができなくても生活に支障はない【出来る時にすればいい無理にしないでいい】

バック駐車ができなくても生活に支障はない理由は以下の通りです。

ポイント

  • バック駐車出来なくでも生きています
  • 変なストレスを感じるくらいならしない方が生活しやすい
  • カッコ悪くてもそれが自分だからそれで良い

以上になります。
それでは、書いていきます。

バック駐車出来なくでも生きています

一応、バック駐車が出来た方がいいか?出来ない方がいいか?であれば、出来た方が良いと思います。
ただ、免許は取れていると思うので、必要になれば出来ない事はないのだと思います。
出来なかったらそもそも免許は取れてないと思います。

必要になれば出来るけど、苦手意識があるし疲れるから嫌だというのは非常に理解できます。
それに、場所によっては『頭から駐車してください』と書いてあるにも関わらずバックで止めている人もいるので考えものです。
正直なところ、バックで入れてくださいと書かれていない以上は、別にバックでなくても問題ないのです。
違法でもないですし、犯罪でもありません。捕まる事はないのです。
であれば、別に目的地に到着出来さえすれば良いので、バックだろうが、頭から駐車だろうが関係ないのです。
あとは、自分のプライドだったり、見栄の問題だと勝手に思っています。

確かに後からは出やすいですが、最初に渋滞を起こす原因にもなりますし、ぶつける人は何処でもぶつけるので関係ないんじゃないかな?とか思っています。
まずは、別にバック駐車でなくても場所には辿り着けるし、買い物も出来るので支障はないと思ってください。

ココがポイント

バック駐車が苦手というのがダサいと思ってくる人はホカっておきましょう。得意不得意がある事を理解できない人間はその程度です。

変なストレスを感じるくらいならしない方が生活しやすい

個人的には、バック駐車が苦手という人は両サイドに車が止まっている事。
ぶつけたらどうしようという不安。
狭い場所に収める事が苦手。
などあると思います。

頭からならいけるという人は、その不安が少ない分スムーズにいけるのだと思います。
逆にバックで慣れてしまうと、頭からの方が怖いという話も聞いた事あると思うので、自分がストレスを感じにくい方がいいと思います。
後から出るのが大変という話を聞きますが、頭からの入れる方が得意な人は逆にバックする時に広いスペースでバック出来るので安心だと思います。

ぶつかるモノが少ないですし、タイミングを見計らえばいいので後ろが詰まる心配もありません。
バックが苦手の人の中で、後ろを待たせてしまうのがストレスという人もいると思います。
私も、そういう細かな事を気にするのが苦手なので、さっさと頭から入れてしまいがちです。
もしくは、少し離れてもいいので、車が少ない場所に止める事をしています。

そのおかげで、自分からの事故は今のところした事はありません。

ココがポイント

変な緊張をすると手元が狂うので、リラックスした環境で出来る手段でいいと思います。

カッコ悪くてもそれが自分だからそれで良い

カッコ悪いとか、言われたり思ったりもする事があります。
得に男性なら思う事はあるかもしれません。
勿論それを克服する事は素晴らしい事なので、努力出来る人は努力するのはいいと思います。

ただ、私のように苦手な事を苦手と言ってしまい、それを受け入れてくれた人と一緒にいる事も楽なのでおすすめです。
そもそも、その程度の事でダサいとか、カッコ悪いという人間の方が人気としてダサいと私は思っています。
『みんな違ってみんないい』という言葉は嘘なのか?とか思います。

苦手な事があるのは当たり前ですし、他人がそれが出来ない事もあると思うのです。
そういう心の広さを持っていないと、楽しくないですし、それこそダサい人間だと思います。
勿論、自分の理想を追い求めるのも素晴らしい事ではありますが、それを認めて開放して生きていく事も悪くないと思います。

その人がカッコ悪いと思っても、他の人は何もマイナスに捉えない事はいくらでもあります。
自分自身も狭い視野を持っていると、そのようになってしまうのでもっと大きく視野を広げましょう。
そうするだけで、バック駐車云々は大した事ではないと思えるようになると思います。

ココがポイント

苦手な事は苦手と言ってしまえばそれだけで自分が生きやすくなります。

スポンサーリンク

バック駐車ができなくても生活に支障はない【まとめ】

バック駐車ができなくても生活に支障はない【まとめ】

最悪、どうしてもしなければいけない時はするしかないと思います。
でも、もし友人が乗っていたら頼む事も選択肢としてあると思いますし。
自分が車の運転が苦手であれば、得意な人と一緒にいればいいと思います。

自分の苦手を克服する事も大事だと思いますが。
苦手な事を受け入れて助けを求める事も手段の一つです。

自分はどうなりたいか。
どうやって生きていきたいか考えて。
少しずつやっていけばいいのだと思います。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

■notoで日記も書いています
>>noto:DAISUKE@思考のバランス

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
目標:10,000円のお寿司を食べたい

-人生・家庭
-, ,