LIFE メンタル・仕事

他人を怒らせる人の特徴!【言い方や言動に注意してみよう】

他人を怒らせる人の特徴!【言い方や言動に注意してみよう】
スポンサードリンク

別に悪気もないのに、いつも怒らせてしまったりしまうのは何故だろう?など思っていませんか?
結論から言ってしまうと、他人をいつも怒らせてしまう人は言動や、言い方などに原因がある場合があります。
特に日本では上下関係に重点を置く人が多いので、ちょっとした言い方が気に触る人もいるかもしれません。
行動や言葉遣いや日頃の行いなどが積み重なって、周りの評価につながったりするので、日頃からある程度改善する必要があるかもしれません。

自分が悪気はなくても、相手を不快に沢山してしまう人は無意識で相手が嫌がることをしている可能性が高いです。
本記事では、他人を怒らせる人の特徴について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

他人を怒らせる人の特徴!【言い方や言動に注意してみよう】

他人を怒らせる人の特徴!【言い方や言動に注意してみよう】

他人を怒らせる人の特徴は以下の通りです。

ポイント

  • 他人を怒らせるのは口だけの人
  • 他人を怒らせるのは無責任な人
  • 他人を怒らせるのは自『でも』が多い人

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

他人を怒らせるのは口だけの人

他人を怒らせる人の特徴は口だけの人です。
当たり前ですが、口で言うのは簡単で行動が伴っていないとイラっとしますよね。
口ばかり偉そうなことを言っているにも関わらず動かないなど思い当たる人は1人、2人はいるのではないでしょうか?

このような人は、癖になっているので無意識的に相手に不快感を与えます。
よくあるのは、相手に注意や指摘するにも関わらず自分は出来ていないという人ですね。
これは、怒られるというよりも上司が部下に言ったりして上からいう形が多いと思います。
相手を不快にさせることによって、好かれなくなるますし、信頼もされないので年下だからだとか思わないで相手を尊重する言い方をするといいでしょう。

他人を怒らせるのは無責任な人

他人を怒らせる人の特徴その2は無責任の人です。
口だけの人というのにも似ていますが、与えられた仕事をこなせ無い
同じ間違いを繰り返す。などと言うことが多いです。
自分がやらなくても誰かがやってくれるとか思ったり、すぐに人に聞いてくる人などですね。

自分に責任が降りかかりそうになると誰かのせいにしたりする人や、自分のミスを誰かのせいにと怒ったりしている人もそうですね。
結果的に他人に罪をなすりつける人というのは、学習しませんし自分は悪くないと常に思っているので結構危険です。
大人になると、言わなくてもわかることをわざわざ言わなければいけないとなると、イライラする人もいますしもし自分が他人を怒らせてばっかりだな!と思う人は一度自分が無責任ではないかと考えてみてください。

他人を怒らせるのは『でも』が多い人

他人を怒らせる人は何かを言っても『でも』がやたらと多いです。
これは、話の内容にもよりますが何か助言を言ったとしても、『でも〜』とか言われると相手はとても嫌がります。
特に、相談してきたにも関わらず『でも』攻撃されると正直話すのが面倒になるので、でもをよく使ってしまう人は注意が必要です。

でもをよく使う人は、ただ自分が話したいだけと言うことが強くあり、自分の中である程度答えが決まっているので肯定して欲しいと思われます。
なので、すぐにでもと言ってしまう人は、自分の中に答えが決まっているのであれば言わない方がいいですし。
逆に聞く側は、でもと言う人には『いいと思うよ!』と肯定してあげれば話しは終わるのでおすすめです。

スポンサーリンク

他人を怒らせる人の特徴!【まとめ】

他人を怒らせる人の特徴!【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
自分の心当たりあることがありましたか?
もしくは、周りでいつも怒られている人の特徴と一致したでしょうか?

多くの人は個性を持っているので、それなりには他人と意見や言動が違っても何も思われることはないですが、基本的には信頼されない人は他人をよく不機嫌にさせるので注意が必要です。
他人を怒らせるのも才能かもしれませんが、敵は少ない方が生きやすいのでほどほどにしておきましょう。
それでは、読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-LIFE, メンタル・仕事
-,

Copyright© Dデザイング , 2020 All Rights Reserved.