メンタル・仕事

仕事で嫌なことがあった時に忘れる方法【完全に忘れる事は難しいかもしれません】

仕事で嫌な事があると、その日は完全にやる気は無くなります。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

仕事をしていると、何かしろ嫌な事があって忘れる事が出来ずにループして考えてしまう時もありますよね。
私も、自分が悪くないのに、遠回しに悪いような事を言われた時にはイライラしたりしてしまったりします。

ただ、ずっとイライラしてしまうのも自分の時間が勿体無いですし、仕事で嫌な事があるのは当たり前の事でもあります。
そして、その嫌な事を忘れる事も意外と難しいです。
結論を言ってしまうと、他の業務に集中してその事を頭から距離を置く事が大事だと思います。
同じ事をループしていると頭に定着しやすくなりますし、忘れたいのに忘れられないという状態になってしまったりします。
なので、考えないで他の事にベクトルを向けるのが一番シンプルで自然だと思います。

本記事では、仕事で嫌なことがあった時に忘れる方法について書いています。

スポンサーリンク

仕事で嫌なことがあった時に忘れる方法【完全に忘れる事は難しいかもしれません】

仕事で嫌なことがあった時に忘れる方法【完全に忘れる事は難しいかもしれません】

仕事で嫌なことがあった時に忘れる方法は以下の通りです。

ポイント

  • 嫌な事があった時は反芻しない事が大事
  • 他の事に意識を向けて存在しない事にする
  • 自分のミスであった場合は、向き合って改善する事

以上になります。
それでは、解説していきます。

嫌な事があった時は反芻しない事が大事

嫌な事を忘れたいのに、忘れられない時は仕事でなくても無駄に反芻している人が多いです。
人間、同じことを繰り返し考えてしまうと、思考に定着してしまいます。
忘れよう忘れようと思えば思うほど、その物事を考えている状態になってしまうので良くないです。

まずは、寝る前に一人になった時などに同じ不安要素の事や、嫌だと思った事を考えない事が大事です。
出来れば楽しい事や、休日の予定を考えたり、ポジティブな事を考えるといいと思います。
例えば、金曜日に嫌な事があった場合は、明日は休みだから何処かに気分転換に行こう!
友人を誘ってキャンプしに行こう!などいいかもしれませんね。

聞いてくれる友人や同僚がいる場合は、その場で一気に吐き出してしまう事もストレス解消になり区切りになると思います。
ネット上で鬱憤を撒き散らしても良いかもしれません。
兎に角、仕事などで嫌な事があった時は繰り返し考えない事が必要で、その為にアクションを起こして区切りをつけるのはいいと思います。
だらだら考えるのではなく、もうこの考えは終わり!と口にだして決断していきましょう。
意外と、それだけでもスッキリするものです。

ココがポイント

あと、余談ですが夜には深い考え事はあまりしない方がいいと思います。

他の事に意識を向けて存在しない事にする

個人的におすすめなのは、他の事に意識を向けて嫌な事を忘れる事です。
上司に嫌な事を言われてイライラしている時には、他の仕事に集中して考えないようにします。
人間、暇だと余計に悪い事を考えてしまったりするので、暇を与えないというのがポイントです。
失恋した時も仕事などやる事があると、辛くはありますが乗り越えていける瞬間もあると思います。

自分の精神が揺れている時は、止まっている時の方が不安で、動いている時の方が精神は安定する物です。
慣れるまでは、このスタイルは難しいと言われますが、瞬間的にはイライラしているのは変わりないですし、数時間は残っているかもしれません。
しかし、仕事が終わって帰る頃には許せてもないですが、それでも薄らした感情に変わっていると思います。
許せない事もあると思いますが、許す事で自分が開放される事もありますし、どうにもならない事を考えても仕方がない時の方が多いです。
ならば、これからどうするか?を考えるべきであり、不満を抱え続けても何も変わらないからです。

悲劇のヒロインを演じても誰も感動してくれないように、可哀想を作っても進める訳でもありません。
なので、前を見てどうでもいい事は自分の中から捨てていくのが、人生を楽にしていく方法の一つだと思います。

ココがポイント

意思のベクトルを他の物事に集中する事で薄めていくのがいいと思います。他の仕事でも、ゲームでもなんでもいいです。

自分のミスであった場合は、向き合って改善する事

嫌な事が、自分のミスであり怒られたなどの内容の場合は、改善する事が必要です。
この時考えるのは、相手の言い方や態度ではなくて、自分がミスをした事実と向き合います。
相手の言い方にイライラする事もあると思いますが、ミスをしたのは事実であれば仕方ない時の方が多いです。

なので、2度と同じミスを繰り返さないように改善していく事が大事だと思います。
改善する事によって、自分も前に進んでいく事が出来ると思います。
嫌な事があったからと言って、なんでも投げ出して言い訳でもなく、そこには成長のチャンスもあると思います。
そして、同じミスをしない事で今後嫌な気持ちにならない予防もできます。

自分の人生は自分で守る事が大前提になります。
他人の助けを借りたり、助けたりする事も多いですが、それでも最低限の努力は必要だと思っています。

なかなか、難しいバランスですが、自分にある程度厳しくもなると、タフネスも上がっていくのでおすすめです。
厳しすぎると疲れるので程々がいいですけどね。

ココがポイント

自分のミスが事実である時は、それを飲み込んで自分の糧にするのがいいと思います。

スポンサーリンク

仕事で嫌なことがあった時に忘れる方法【まとめ】

仕事で嫌なことがあった時に忘れる方法【まとめ】

仕事で嫌な事があった時に忘れる方法は、他の事で誤魔化すしかありません。
起こってしまった事を無かった事にはできませんし。
出来ていたら、こんな事で悩みませんよね。

なので、忘れる事は出来ない、ならば薄めていくのがベターだと思うのです。
仕事でなくても、他の事でも同じ事が言えるので自分なりのベクトルの変え方を持っていると生きやすいと思います。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
人生を楽しくする方法などを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
目標:10,000円のお寿司を食べたい

-メンタル・仕事
-, , ,