メンタル・仕事

リモートワークをおすすめする簡単な理由【在宅は出来るのにやらないのは勿体無い】

リモートワークをおすすめする簡単な理由【在宅は出来るのにやらないのは勿体無い】
スポンサードリンク

ここ最近コロナウイルス云々で、多くの人が仕事で支障が出ているでしょう。
詳しくは、言えませんが私の働いている会社でも結構な影響が出ています。
影響が出るのは仕方のない事ではありますが、それならば出来るだけ被害を大きくしない様に動くべきです。

その時に、在宅ワークなどが出来るのであればとても楽で便利なのでおすすめです。
言い方はリモートワークだったり、テレワークだったりありますが、本記事では面倒なので在宅ワークでまとめてしまいます。
リモートワークなどは企業によって良い悪い悪いはありますが、出来る環境であればした方が後々も効率がいいですし、できない場合は出来るのであれば出来る様に環境を持っていく事を考えた方が自分の為かのしれません。

今回、良い切っ掛けとおもったので在宅ワークをおすすめする理由を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

リモートワークをおすすめする簡単な理由【在宅は出来るのにやらないのは勿体無い】

リモートワークをおすすめする簡単な理由【在宅は出来るのにやらないのは勿体無い】

リモートワークをおすすめする簡単な理由は以下の通りになります。

ポイント

  • リモート(在宅ワーク)は無駄な時間が減るのでおすすめです。
  • リモート(在宅ワーク)家庭にも優しいのでおすすめです。
  • できない場合は、出来る職種か、出来る環境を作って行こう。

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

リモート(在宅ワーク)は無駄な時間が減るのでおすすめです。

在宅ワークは基本的に時間の無駄が減るのでおすすめです。
まず言える事は

  • 通勤時間が減る

というのがとても大きいです。
1日片道30分であれば、往復で1時間
1ヶ月20日出勤したとなると、20時間も自分の時間を確保する事が出来る様になります。
大体1日なので、在宅ワークにして無駄な時間が減るだけで自分にって使える時間が増えるというのは、自分のストレス軽減にもなりますし、ストレスが減っていけばリラックスも出来るので創造性などもアップするでしょう。
そういった事でリラックスできる環境にいると、仕事の効率などもアップしますので結果的に無駄な時間が減っていきます。

あとは、通勤ラッシュなども考える必要もなくなりますし、考えなくて言い分ストレスも減ります。
実際、自宅での仕事で完結できるのであれば会社にそもそも出社する必要はなく、逆にいい事が多いと言う感じです。

ココがポイント

通勤時間はやっぱり無駄です

リモート(在宅ワーク)家庭にも優しいのでおすすめです。

家庭を持っている人などですと、いつも家に家族がいるので安心感も生まれます。
中には、家に帰れないフラリーマンという言葉も聞いた事もありますが、私は逆で自分が長い間いなくなると子供のメンタルが悪くなると言うので出来るだけ早く変える様にしています。
悪くなると言っても、病気レベルではないですし、一緒の空間にいるだけでいいぽいのでそこまで大変な事ではありません。

単純に、家族との時間を増やす事ができますし、家の事もちょくちょくできてしまうので結果的に生活しやすいスタイルを作れる感じですね。
仕事は家に持ち込まないというのは、スマホがある時点でそもそも難しいので、逆に生活の中に当たり前に入れ込んでしまえばいいのではないかな?と思っています。
なんというか、仕事も生活の一部の様な感じですかね。

勿論、家庭を優先はするので急な事というのは、よほどの事がない限りは家族を優先しますし。
どうしてもと言う時は、その時はとりあえず対処しますが、後々また似た様な事にならない様にする方法を考えます。
在宅ワークは基本的には、リラックスした環境で集中出来る事と、家の事なども出来るので家庭に優しいと思います。

ココがポイント

家族との時間を作る事ができます。

できない場合は、出来る職種か、出来る環境を作って行こう。

ただ、在宅ワークでの難点は企業によると言う事ですね。
大体はインターネットも使いますので、ある程度のセキュリティ環境がある事も前提だと思いますし。
パソコンなどもちゃんとした物を準備する必要があります。

大きい企業ですと、外部に情報を持ち出してはいけないという制約もあったり会社で支給したものしかつかってはいけないなどあります。
この様な制約が多いと、なかなか自宅での作業はできないと思います。
ですが、特にそういった制限がなくただ、会社には出勤するものだ!という概念から出社しているのであれば自宅でも十分作業出来る事が多くあります。
わざわざ合って話す事でなければ、チャットなどでも十分対処出来る事も多いですし。
顔を合わせたい場合はスカイプなどでも十分対処ができます。

出来る環境があるのであれば、相談する事で対処できると思いますし、昔からある環境のままというのであれば提案すれば話が進む事もあるのでまずは話してみるのがいいと思います。
なかなか、新人には難しいかもしれませんが、長い目で見て改善するというのも意識していれば何かしろチャンスや切っ掛けなどもあるのでやってみましょう。

ココがポイント

可能そうであれば、自分からアクションを起こすと実現出来る事もある

スポンサーリンク

リモートワークをおすすめする簡単な理由【まとめ】

リモートワークをおすすめする簡単な理由【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
在宅ワークというのは、昔から会社にきて働いている人からしたらイメージがつきにくいですが、確実に効率いいですね。
個人的には、無駄な雑音が少ないですし他人に邪魔される事もないので作業に集中できます。

ただ、中には仕事をしない人もいるので注意が必要な事と、誰かに監視されていないと仕事が進まない人もいるのでそこだけですかね。
出来る人からしたら、確実に効率がいいのでおすすめです。

それでは、読んでいただいてありがとうございまいした。
ブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-, ,

© 2020 D-desing