メンタル・仕事

持っている人と持っていない人の違い【運がいい人は常に考えている】

2020年2月5日

世間で『持っている』『持っていない』など聞いた事がありませんか?
これってなんぞ?と思いますが、簡単に行ってしまえば『運』だとか『勝負強さ』の様な物ですね。

運が悪い人には持っていない。
運が良い人には持っている。

など言ったりします。
しかし、この持っている人、持っていない人の多くは、持っていない人は常に持っていない状態が続き、持っている人は持っている状態が続いたりします。
これを運と言ってしまうと、何か可笑しい気もします。
さて、なんでしょう?

確かに運要素もある程度はあると思いますが、多くは環境と考え方などが大きく影響していると思われます。
悪く言ってしまうと、運が悪い人は何も考えていない、運が良い人は考えて行動していると言う感じですね。
世の中には確かに運というのも存在するのですが、常に持っていないと思う人は一度考えを改めてみてはいかがでしょうか?

本記事では、持っている人と持っていない人の違いと共通点を解説しています。

スポンサーリンク

持っている人と持っていない人の違い【運がいい人は常に考えている】

持っている人と持っていない人の違い【持っている人は考える】

持っている人と持っていない人の違いと共通点は以下の通りです。

ポイント

  • 持っていない人は自制心が足りない
  • 持っている人は論理的に物事を考える
  • 持っている人はチャンスを見逃さない

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

持っていない人は自制心が足りない

持っいない人の一番の特徴としては、自制心が足りないという事だと思います
持っていない人は、基本的に目の前の欲望に負けてしまう事が非常に多いです。
入った給料を全て使ってしまう、価値のない物にお金を出す、快楽に溺れてしまう。

持っていない人は目先の事に囚われてしまい、長い目で得られる物を基本的に考えようとしません。
所謂チャンスというのも、大体は苦手な事だったりリスクと多少なりとも伴う事なのですが、そういった事も目先の安定を気にしてしない行動に移す事が出来ません。

人間基本的に、欲望のまま動いてしまうと健康も損ねますし、悪い事というのが楽しかったりするので余り良い事がありません。
特に大人になってでも、思考が堕落してしまうと持ってないという状態が頻繁に起きてしまうので注意が必要です。

ココがポイント

自制心が足りないと、目先の欲望に囚われてしまい後悔する事もあると思います。

持っている人は論理的に物事を考える

持っている人の特徴としては、基本的に論理的に物事を考えます
論理的というと、なかなか難しい感じがしますが事実を事実として受け止めて考えると言う事です。
自分を過大評価もしませんし、過小評価もしません。
きちんと自分を評価して、自分が何が出来るのか、出来ないのかと言う事を客観的に知っています。

そうする事で、自分に出来る事、出来ない事、自分が目指す事、目指さない事というのが明白になるので大きな失敗も減っていきますし、目標にも順調に突き進んでいく事ができます。
そして、持っている人は大体ポジティブで外交的な人が多いです。
内心ネガティブかもしれませんが、外に見せるのはポジティブな姿であり、外交的なので外からのチャンスや切っ掛けも多く来る様になります。

持っている人と、持っていない人の違いとしてこのチャンスの多さというのは確かにあるかもしれません。

ココがポイント

論理的に考える事ができるとミスが減るので、結果的に運がいい様にみられます。

持っている人はチャンスを見逃さない

持っているか、持っていないかと別れるのは、チャンスを掴むかどうかとう言う事です
人生には多くの選択肢が存在し、それを自分で選んで人生を歩んでいます。

そこで大事なのは、その選択によってチャンスを掴む事が出来るのか?という事で、持っていない、持っているで分かれる様になります。
所謂持っている人というのは、基本的にチャンスを見つけるのが上手ですし、リスクを取ったとしてもリターンのある物にしかリスクを払わない事が多いです。
なので、パチンコやギャンブルを行う人はあまりいませんね。

持っていいな人は、チャンスを見つける事も苦手ですし、安定だったり、不安からチャンスから逃げると言う事も多くあります。
ピンチはチャンスというと、少し陳腐な感じもしますが、実際現代ではピンチは意外とチャンスでもあります。

ピンチを乗り越えると称賛されたり、評価されたりします。
何もしなければ、気にされる事すらありません。
持っている人は、論理的に考え冷静にリスクの判断をしチャンスを見逃さないというのが特徴です。
チャンスというのは、結構生活の中でそれなりに存在してはいるのですが、大体の人が面倒だったり、怖いだったりで進む事が出来ないので持っていない人となってしまうのです。

もし、持っている人になりたいのであれば、まずはチャンスを見つける事が必要だと思います。

ココがポイント

所謂、運がいい人はチャンスをしかりと握る事が出来る人だと思います。

スポンサーリンク

持っている人と持っていない人の違い【まとめ】

持っている人と持っていない人の違い【持っている人は考える】

いかがでしたでしょうか?
持っている人と持っていない人の違いがわかりましたでしょうか?

物事を論理的に考える事によって、ミスが減り、チャンスを掴みやすくなると思います。
勿論、世の中には例外の人も一定数存在すると思うので、これが全てではありません。

もし悩んでいるのであれは、自分はどういった人間か?と言う事をしっかり考えてみたらいかがでしょうか?

読んでいただいてありがとうございました。
ブロガーダイスケでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | 悩み相談

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
目標:10,000円のお寿司を食べたい

-メンタル・仕事
-, , ,