メンタル・仕事

誰でも直感力を鍛える方法【必要なのは経験や情報】

誰でも直感力を鍛える方法【必要なのは経験や情報】
スポンサードリンク

直感が欲しい!!!など思う事もあるでしょう。
アクシデントなどが起こった時などに、時間がなく直感で判断して問題を解決していったりする人すごいと思いますよね。

結論から言ってしまうと、直感力は運という要素もあると思いますが、それ以外はその人が経験して来た事だったり、知識として持っている物を使って選択しているので、運の要素意外は有る程度自分の努力次第で補えると思います。
当たり前ですが、やった事ない事や知らない事、つまり情報が自分の中に少ない事などは答えをすぐに出す事は出来ません。

例えば、私は趣味などでパソコンを使う事が多く会社でも社内のパソコンを見る時が多々あるのですが、経験をした事が有る事は何となく問題点が勘でわかります。
ですが、この勘というのはパソコンを普段触らない人だと何時間たっても原因の先っぽすら分からない事もあるのです。
この様に、直感力というのは誰でも特定の事には有る程度つける事が出来ます。

それには、ちょっとしたコツとしなければいけない事があるの、凡人だけど直感力が欲しい!と思う人は是非試して頂きたいです。

スポンサーリンク

誰でも直感力を鍛える方法【必要なのは経験や情報】

誰でも直感力を鍛える方法【必要なのは経験や情報】

誰でも直感力を鍛える方法は以下の通りだったりしちゃいます!

ポイント

  • 直感力は経験が一番大事
  • 直感力は情報も大事なので読書がおすすめ!
  • 仕事の直感力は上司の話から収集しろ!

以上になります。
そえでは、詳しく紹介していきます。

直感力は経験が一番大事

勿体ぶるのも面倒なので、根本的に一番効果の有る事は『経験』です。
よく、『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』という言葉がありますがごもっともだと思います!

ですが!みなさん自分を天才だと思いますか?私は明らかに凡人であるので、過去の情報から現在を解決する事が出来ません!
なので、失敗した事くらいや経験した事くらいは武器にしていこうと思っています。
完全に個人的な意見ですが、上記の様な名言を見てしまうと自分は凡人で居たくない!など思いたいですが、どう考えても今現在お金もないですし、知名度もないので完全に凡人なので諦めて、凡人は凡人なりに武器を集めて有る程度安全に過ごしていくのが良いと思います。

もしかしたら、どこかで閃いて歴史から学ぶ手段や術を手に入れるかもしれませんの、その可能性自体は否定をしませんが、やってみても今は出来なかったのでそれならば、少なくとも経験した事を忘れず、直感力に変えていくのが良いと思います。
なので、20代は色々挑戦した方がいいと思いますね。

私は30代で取り返しの効く失敗はしても良いと思っていますが、周りは意外とそうでもないので社会的な目はたまに痛いです。
痛くでもそれが自分、DAISUKEという人間なのでどうにもなりませんが、若ければ若い分許される空気というのが存在するので、早く失敗して経験として自分の体の中の無意識に埋め込んでいくという感じですね。

それを繰り返していくと、結構な直感力というのが培えると思いますし、意識して生活すると尚更役に立つので日常的に経験を意識するのが個人的に凡人が出来る最強の直感力を鍛える方法です。

ココがポイント

私も含めて多くの人が凡人なので、凡人なりに経験から学ぶのでも十分役に立ちます。

直感力は情報も大事なので読書がおすすめ!

ここからはあったらちょっとお得という感じですね。
賢者は歴史から学ぶと有る様に、本などを読む事で経験した事ない事でも情報として予備知識が埋まっていくので読書はおすすめです。

周りが読書しない人ばかりの職場にいれば毎月3冊くらい本を読む様にすれば、少し博学と思われますし。
普段自分が趣味でない事などの本を読んだりすると、後々他の予備知識とくっついて新しい発想が生まれたりします。
絶対的に必要だとは思いませんが、私がリアルですごいなと思う人は少なくとも、読書を習慣に入れていますし。
実際に本を出していたりもしています。

余談になりますが、ついでにいうとブログでもなんでも良いので、自分の言葉に変換した状態でアウトプットするのもおすすめでし。
そうやって反復する事により擬似的に経験している様に感じるので、実際直感的に動ける事も出てきますし、物事の理解力などもレベルアップするので処理し理解する速度が上がるので、問題解決能力が飛躍的に上がると思います。

個人的におすすめなのは、ビジネス書だったり、自分が普段読まない本を月に1冊は読むのが第一歩としてはおすすですね。

ココがポイント

擬似的な経験は読書でイメージ出来る

仕事の直感力は上司の話から収集しろ!

この様な話を聞いていると『自分の職場は特殊だから無理だよ!』と思う人もいますよね。
もちろん、人間関係や仕事の業務内容でも複雑に変化していくと思います。

その様な時、特に仕事などの社会で経験を擬似的に積む方法は、上司の過去話をとにかく聞く事ですね。
上司が過去に大変だった事などを聞いていると、この業界はこうやって立ち回るのがいいのかなど理解していきます。
最初は意識して動くと思いますが、慣れてくると直感的に行動を取れる様になると思います。

人間関係も同じで、沢山の人間と関わっているとこういうタイプの人間はこう話せば良いなど直感的にわかる時があります。
特に考えるのが嫌いな人などは、沢山行動して感覚として培っていくのが良いと思います。

それの一つの業界での中は上司というのは一番身近な情報源でもあるので、とりあえず一緒に飲みにいってみるといいと思います。
特に年のいった人ですと、自分の事を話すのが楽しくなってきたりするので、多くの人は楽しく語ってくれると思います。

ですが、注意して欲しいのは仕事が出来る人の話や尊敬できる上司や先輩にしておきましょう。
そうでなければあまり価値はありません。

ココがポイント

上司や先輩の話は意外と貴重である

スポンサーリンク

誰でも直感力を鍛える方法【まとめ】

誰でも直感力を鍛える方法【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
愚者というか、凡人でもとりあえず出来る直感力の鍛え方です。

特に困難な事を乗り越えた数が多い程コレは強くなると思います。
なので、難しいですが会社に迷惑かけても自分の中に価値のある経験を手に入れるというくらい図々しい気持ちがあってもいいのかもしれません。
もちろん口に出すと嫌われるというか、面倒に巻き込まれるので心のなかに入れておく事は必要ですが、安心安全では、人生脳死プレイになってハードモードになっていくので、色々チャレンジして血肉にしていくのが良いと思います。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
ブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-, , ,

© 2020 D-desing