メンタル・仕事

こだわりは時には不要!持ちすぎると不幸になる事【こだわりって何?】

はい!どうもDAISUKEです!(@desing_d

こだわりって必要だと思うけど、本当に必要なの?

結論を言ってしまうと、時と場合によりますが基本的には芸術家などでないかぎりそこまでこだわりというのは必要ないと思います。
もしくは、その人でしか出来ない仕事などであればこだわりは必要ですが、そうでない場合は逆に足かせになる可能性の方が高いです。
こだわりって確かに大事ですが、例えば納期があるのもにも関わらず、無駄に時間を掛けてしまっているというのはありませんか?

そこに変なこだわりがあった理由で、本来であれば普通に終わっている業務が終わらなかったと言う事があっては本末転倒です。
そして、最終的には自分だけが拘っていて、クライアントは別に求めていなかったなんて事もあります。
これが趣味であれば、好きなだけこだわっても良いと思いますが、必要以上のこだわりや、自分の実力以上のこだわりは持ちすぎると仕事が出来ない人捉えられたり。
誰かに迷惑をかける結果になるので、時と場合で使い分ける事が必要だと思っています。

個人的には物事にこだわる人は好きです。
しかし、自己満足で仕事は出来ないと言う事も含めて紹介していきます。
本記事では、こだわりは時には不要持ちすぎると不幸になる事について解説していきます。

こだわりは時には不要!持ちすぎると不幸になる事【こだわりって何?】

こだわりは時には不要!持ちすぎると不幸になる事【こだわりって何?】

こだわりは時には不要持ちすぎると不幸になる事は以下の通りです。

ポイント

  • こだわりは使い方が大事
  • 時間が許すのであれば、こだわりを使っていこう
  • 自己満足では仕事は出来ない

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

こだわりは使い方が大事

こだわりというのはとても大事です。
なので、持っているのは個性や技術として大事なので全て要らない訳ではありません。

ただ、こだわりが強すぎる場合は仕事にも支障を来しますし使いすぎるのはお勧めできません。

特にナンセンスなのは、自分の実力が時間などを理解できていなく実力以上の事をしようと無駄に時間ばかり使ってしまうパターンなどですね。
なので、こだわりが悪いというか自分の実力や作業の時間や費用など全てを含めた上で、判断出来ないと危ないと言う事ですね。

結果としてよくある事ですが、時間が掛かったわりにはクライアントは別に気に入ってなく修正などが入る事などはよくある事です。
こだわりというのは一定の人気や才能結果などを出している人には大切ではありますが、凡人が時間を掛けても結果的に仕事では通用しない時もあると思います。

なので、この案件は少し自由にできるなとか、相手のこだわりに合わせてあげようなど考える事も大事です。
個人的には、こだわりではなく人間が良いと思えるルールの様なのを最低限に基準を合わせて仕事をする方が効率もいいし、クライアントも満足する事が多いです。
自分で勝負をしたいのであれば、こだわりを武器にした方がいいかもしれませんが、仕事を効率よく回したいのであればこだわりすぎると無駄に時間を浪費してしまう可能性があると言う事を覚えておきましょう。

ココがポイント

こだわりが悪いのではなく、実力や時間が自分の理想に伴っていない場合は時間のロスになるだけの可能性がある事を覚えておこう

時間が許すのであれば、こだわりを使っていこう

なんども、こだわりが悪い訳ではないというのはそれは仕事だからです。
なので、趣味など自分の時間が許すのであれば、それはすきなだけこだわった方が良いです。

ただ、本質を見失う人もいるので物事には注意が必要です。
たとえば、ブログで小遣いを稼ぎたいと言う人でやりがちなのは、ブログのデザインにこだわる事です。
勿論、見やすく、個性のあるページの方がいいに決まっていますが、そもそもブログに大事な事ってなんでしょう?

記事を書く事ですね。

記事がないとブログに来てくれる訳がありませんし、記事がないブログは価値がありません。
なので、ブログでお金を稼ぎたいと思うのであれば、まずはこだわるのはサイトのデザインではなく、ブログの記事の質だと思います。
そして、アクセスがある程度来る様になったらデザインを気にするのが良いと思います。

この様に、こだわる順番を間違えてしまうと、意味がなかったり。
自分が求めている事につながらない事に時間を掛けてしまう事もあるので、こだわる順番や場所というのは見極めが大事です。

よくあるのは、サイトを作ればお客さんは見てくれると勘違いする人もいますが。
サイトのデザインだけ頑張ってもサイトに来てくれる人はそこまで増えません。
結果的にサービスなどで大事なのは、アフターケアだったり、コンテンツの内容だったり、付加価値だったりです。
勿論、見せ方でデザインと言う事もありますが、リピーターや口コミなどを有効活用するには、質のいいコンテンツというのは大事なのです。

中身が伴っていないサービスなどであれば、デザインが良くても長続きはしないと個人的には思います。
店が綺麗でお洒落でも、美味しくない料理店に行きたいと思いませんよね。
そういう事です。

こだわる所というのは、時間が掛かるので間違った順番でこだわらないというのは意外と大事だったりします。

ココがポイント

時間が許すのであれば、こだわりは大事。しかし、順番を間違えない様にしよう。

自己満足では仕事は出来ない

これは、こだわりと言う事より仕事という事ですが。
そもそも、仕事というのはなんでしょう。

誰かが出来ない事をしてあげた、報酬にお金をもらう事ですよね。

そうなると、自分が良いものがクライアントが望んでいる事ではないのです。
自己満足で仕事をしてしまうと、クライアントが望んだ形にならなければ結果的に仕事はなくなってしまいます。

なので、自分が満足するのではなく、相手が満足する事を心がけるのが大事です。
スキルがある人は、相手の満足する物も形にしながら、尚且つ自分の強みを表現していくのがスキルがある人だと思います。

おそらくそう言った事は、様々な経験や読み取る能力、引き出しの多さなどあると思います。
そういった武器が無いにも関わらず、自己満足でこだわってしまうと結果的にオ○ニー野郎となってしまうのです。

自信がある人はこの毛が多いですが、自分が気持ちいだけでクライアントは不満ですよね。
趣味であれば、自己満でOKですが、仕事であれば相手の臨事をしましょう。
もっと言ってしまえば、相手が望んでいる事以上の事を付加価値を載せてあげましょう。

それが私は仕事だと思っています。

ココがポイント

仕事というのは、相手が望んでいる事以上の事をする事。そうする事で仕事も増えますし、評価も上がります。

こだわりは時には不要!持ちすぎると不幸になる事【まとめ】

こだわりは時には不要!持ちすぎると不幸になる事【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
何度も言いますが、こだわり自体は悪い物ではなく必要な物です。
ただ、実力が伴っていない場合や、本質からズレている場合などは気をつけた方がいいです。

もちろんやってみるというチャレンジも大事なので、チャレンジは大事ではありますが。
時間ないに終わらせる、費用に応じた仕事をするなどは会社などでは結構大事な考え方です。

こだわりは、武器でもあるので上手に使って育てていく事をおすすめします。
それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

 

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-, ,

© 2020 D-desing