節約

育児休暇中に節約するべき事【収入が下がっても困らないようにしよう】

2022年8月31日

育児休暇中に節約するべき事【収入が下がっても困らないようにしよう】

育児休暇は夫も取れるようにしていきましょう!
どうも、"だいすけ"です!(@desing_d

はてな

  • 旦那だけど、育児休暇取得すると収入が下がって不安。
  • 育児休暇取って正直生活出来るの?

このような事を考えていませんか?

私は妻が働いていない状態で、私も育児休暇を取得している人間です。
会社からの収入はなくなりますが、育児休業給付金というものが入ってくるようになるので、そこまで不安になる事はありません。
育児休業給付金については、色々細かいので自分の会社の経理さんだったり、ネットで調べていただけるとわかるかと思います。
もしくは、実際に受給された方などに直接話を聞いた方がわかりやすいかと思います。

気にしなければいけないのは、子供が産まれた事によって人間一人分の出費が増える事と、家への収入が一時的であっても少し減るので節約したい所です。
この時に、ある程度蓄えがあるから気にしないという人はそれでも構わないと思います。

本記事では、育児休暇中に節約するべき事について持論を書いています。

スポンサーリンク

育児休暇中に節約するべき事【収入が下がっても困らないようにしよう】

育児休暇中に節約するべき事は以下の通りです。

ポイント

  • 無駄な嗜好品を止める。
  • 外食はしないで、夕方に買い物に行く。
  • 解約やプラン変更など保険や契約物の見直し。

以上になります。
それでは、説明していきます。

無駄な嗜好品を止める。

無駄な嗜好品を止める。

恐らく1番無駄であるであろう、嗜好品を考え直しましょう。
例えば、タバコは百害あって一利なしとも言いますし、赤ちゃんにも良くないのでこの際禁煙してやめましょう
タバコ、プルーム・テックなどを1日1箱基準で吸っている人はこれを止めるだけで、単純計算で1万5000円以上節約になりますし。
年間で考えれば10万円以上は節約になります。

あとは、ソシャゲなどの課金だったり、お酒も毎日何本もビールを飲んでいる人は1本にするとかにセーブしましょう
この辺は、何だかんだ理由をつけて続けてしまいがちですが、実際問題なくても問題ありませんしビールに関しても毎日1本飲んでいたとしたら、飲んでいる種類にもよりますが月で3000円前後はすると思います。
そうなってくると、アマゾンでおむつが買えてしまうのでその分コストが減ると思っています。
ただ、ゼロにすると楽しみも無くなってしまうという人も多いと思いますので、出来るだけ減らす事を考えてみるといいでしょう。
少なくとも授乳中は奥さんはお酒が飲めないと思うので、その間は夫も我慢するのがいいかもしれませんね。

あとは、パチンコなどのギャンブルなども少なくとも収入が下がっている時には無駄だと思うのでやめた方がいいと思います。
その他にも、いろいろ趣味などもあると思いますが育児休暇中は出来るだけ我慢してセーブするのがいいと思います。
もちろん、使えるお金を決めてその範囲内で楽しむ事は大事だとは思いますが、通常の収入より下がる事は確実なのでその辺を考慮して楽しむのがいいかと思います。
と言いながら、家庭によっては結局それどころじゃなくなる事も多いので、気にしなくても必然的に考える余裕もなくなるかもしれません(笑)

ココがポイント

まずは根本的になくてもいいものは無くしていく事。これをきっかけにやめてしまうのも良いかもしれません。

外食はしないで、夕方に買い物に行く。

外食はしないで、夕方に買い物に行く。

そもそも、産まれて直ぐに外食にいける!なんて事も難しいと思いますが、出来るだけ外食などを控えたり、コンビニ弁当などを買わない方が安いです。
育児休暇中であれば、時間の融通も結構効くことが多いですし面倒ではありますが近くにスーパーがある場合はその日と翌日くらいの買い物は可能だったりします。
なので、そこで狙うのは見切り品というか割引されたものですね。
賞味期限が今日という物が安く売られていることがあります。
難点といえば、惣菜などを買うパターンであれば問題ないですが、野菜などを買う場合はその場で料理を考える必要があるため、それなりにレパートリーなどがないと困るかもしれません
とは言ってもネットで検索すれば何かしろは出てくるので、正直あまり困ることはありません。

スーパーによっては見切り品が出るタイミングが異なるので、自分が行きつけのスーパーを少し調べておくと良いかもしれません。
もしくは、私が住んでいる所だとJAなど野菜が比較的安く買える場所もあるので、そういった場所で安い物で料理を作ることを考えてみるといいかもしれません。
ただ、何にしても体が本質ですのでシンドイ時には惣菜などを買ってもいいと思いますし、無理をしないことは大事です。

お金は元気な時に節約すればある程度はフォローできますが、心身は疲れてしまうと立て直すのに大変ですので、深く頑張りすぎないことが大事です。

ココがポイント

外食をやめて、安い食材で料理を作ることに労力をかける

解約やプラン変更など保険や契約物の見直し。

解約やプラン変更など保険や契約物の見直し。

あとは、単価の高い契約物などの見直しですね。

  • 携帯代
  • 保険
  • 電気代
  • ガス代

こういった物は比較的簡単に乗り換えが可能であり、金額も何千円単位で節約できる部分ですので、やるべきだと思います。
得に、電気代やガス代は何処がいいか分からないなんて事もあると思いますが、携帯代は格安スマホになってない場合はその変更をするだけでも結構な節約になるのでおすすめです

例えば

  • docomoであればahamo
  • auであればpovo
  • SoftBankであればYモバイル

という感じがわかりやすいかな?と思います。

他にも調べれば格安スマホは出てきますが、分からない人は上記の流れに変更するだけでも全然変わるので考えてみましょう。
ただ、電気代やガス代に至っては一軒家ではなくてアパートなどの賃貸の場合は変更ができない場合があるのでその時は諦めましょう
一軒家の場合は見直すだけでも十分に変化があると思います。

少し面倒な部分ではありますが、永続的に安くなる部分であるのであらゆる事のプランの見直しをおすすめします。
他にも、VODなどのサブスクなどを多用している人は解約したり、安いプランに変更してみるのもいいと思います。
エアコンなどは常に使う状態になると思うので、電気の使用量を減らすのは正直難しいので根本の電気代を安くできる所を探すのが無難かなと思います。
特に、夏や冬の場合は暖房、冷房ないと赤ちゃんが可哀想なので冷暖房で節約はやめましょう。(温度設定くらいかな)

よく話ならない事はネットで調べれば出てきますので、チャレンジしてみましょう!

ココがポイント

プランの解約や変更も結構大きな金額が動くのでおすすめです。

スポンサーリンク

育児休暇中に節約するべき事【まとめ】

わかりやすくて効果が出やすい部分を書かせていただきました。
正直、節約自体慣れていない人だと覚えられないし、ストレスになると思うので変化する事で大きく変わる部分を先取って変えた方が楽かなと思った次第です。
後の、テレビをつけっぱなしにしないとか、洗濯を出来るだけ纏めるなども工夫次第ではいろいろあります。
ただ、家庭環境によっても異なる部分も多いですし、あまり考えすぎると疲れてしまうのでできる範囲がいいと思います。

節約というのはできる人には簡単ですが、できない人には難しい部分だと思うので、あまり長期で頑張らなくてもいい所だけ取り上げてみたので出来そうな部分からチャレンジしてみてください。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
だいすけでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので
興味がある方は是非とも聞いてみてください。

思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

スポンサーリンク

最近のマイブーム

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
ブログ:約1400記事以上、ラジオ500本以上更新中

-節約
-, , , ,