節約

節約はやりすぎると疲れることもあると思うよ【節約はホドホドにでも良いかも】

2022年2月16日

節約はやりすぎると疲れることもあると思うよ【節約はホドホドにでも良いかも】

一時期節約にハマっていましたが、過剰な節約は家族にとって良くない部分もあるなと思ってやめました。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

はてな

  • 節約してお金は入るけど、別に楽しくない。
  • 節約、節約って思っていると、我慢している事の方が多くなる。

このような事で悩んでいませんか?
結論を言いますと、節約はある程度は大事な事だと思いますが、しすぎるとストレスにもなりますし、家庭での歪みの原因にもなります。
勿論、お金がない事によっても歪みは生まれますし、口論やイライラの原因にもつながります。
私が思う事は、必要以上に生活水準を上げすぎないで等身大の金額で生活し、尚且つ無駄遣いは出来るだけ避けるという事です。

そもそも、節約自体が楽しい!と思う人は一定数いると思いますが、多くの人が苦手だったり嫌いだと思います。
ストレスが掛かった状態で節約を過剰に続けても人生が楽しくないですし、どこかでストレス解消として爆発してしまう事も考えられます。
本記事では、節約はやりすぎると疲れることもあると思うよと言うことについて持論を書いています。

スポンサーリンク

節約はやりすぎると疲れることもあると思うよ【節約はホドホドにでも良いかも】

節約はやりすぎると疲れることもあると思う理由は以下の通りです。

ポイント

  • 楽しくない節約はタダのストレス
  • 目標のない節約は続かない
  • 自分の欲望で周りを巻き込むと面倒しかない

以上になります。
それでは、説明していきます。

楽しくない節約はタダのストレス

楽しくない節約はタダのストレス

節約しているのが楽しい!のであれば、良いのですがそうでない場合は普通に節約しているだけでもストレスだと思います
節約と言うことは、無駄遣いをやめて、尚且つ私生活での出費も思考しながら抑えていくことだと思うので、苦手な人は苦手だと思います。

沢山のポイントカードを使ったり、少しでも安い場所で購入したり、出来るだけ出費や光熱費を抑えた献立を考えたり。
ガソリン代が無駄だから、出来るだけ自転車でなどなど。
勿論、健康にもつながるので一概にダメとは思いませんし、好きなら自由で良いと思いますが仕事をして疲れている時などは、適当にしたくなることもありますし、何でもかんでも無くす生活というのは寂しさを感じる人もいます。

なので、変に過剰にテレビや雑誌、ネット上などで上がっている節約を全部行うのではなく、自分が無理しないで出来るレベルまで下げて継続的に続けていくことが良いと思っています。
お金が心配だからと言うこともわかりますが、節約に専念するあまり仕事を疎かになってしまったり、人生というものを楽しめなくなってしまう事もあると思います。
お金がないと不幸になる事もありますしが、お金があるから幸せとも限りません。
お金はツールであり、何かをするために必要な物で大事ではありますがそれだけに黙々的になってしまうと、自分という物を見失ってしまう人もいると思います。

なので、楽しくない無理しているなと思う節約は手放して自分に出来る事だけ残していき、足りない分は働いて稼ぐなどの方へ思考を持っていった方が得意な人もいると思います。

ココがポイント

自分にあった節約レベルというものもあると思うので、変に無理しない方が人生楽しいと思います。

目標のない節約は続かない

目標のない節約は続かない

個人的に思う事は、人間目標がないと続きません。
例えば、家を建てたいから節約する!車を買いたいから節約する!と考えたとしましょう。
そうなると、大体何円節約すれば何年掛かるのか?などざっくり計算できると思います。

そうしたら、その金額を節約するにはどのくらい節約する必要があって、どう節約できるのだろう?と考えれると思います。
このくらい具体的になれば、金額が増えていき目標まであと少し!と頑張れると思いますが、なんの目標もないと『漠然とした将来の不安の為』だけに節約する事になり、今本当は欲しい物、やってみたい事なども『お金を使うのが勿体無いから』といって自分の気持ちをスルーしてしまいます

私は、このような『何かをしてみたい!』と思う気持ちって大事だと思っていて、これを無理に抑制してしまう事は可能性を殺している事と変わらないと思っています。
目標がない状態だと、いつまでたっても不安は変わらないと思いますし、どのくらい頑張ればいいかも分からないので過剰に節約しすぎてしまいます。
この状態が楽しい!と思っていればいいですが、そうでないのでこの記事を読んでいると思うので、少し見直した方がいいかもしれません。

お金はいくらあっても困らないと思いますし、私もお金は欲しい人間ですが、それでも今もある程度楽しめないと面白くありません。
漠然とした不安は、ある程度目的や具体的にしてあげる事で緩和できると思います。
そうする事で、今も未来もある程度楽しめる状態を確保できる節約をしていくのがいいのではないかと思っています。

ココがポイント

好きでない事などは、ゴールがないと余計に疲れてしまうのでストレスが溜まりやすいと思ったりします。

自分の欲望で周りを巻き込むと面倒しかない

自分の欲望で周りを巻き込むと面倒しかない

これは家庭を持っている人に限りですが、自分が節約したいから!といって過剰に家族に強要すると家族もストレスになります
この辺は価値観の問題もあるので、話し合いも必要になってくるかもしれません。

水の出し過ぎや、お風呂の温度、電気の付けっ放しなど様々な問題が家庭によってあると思いますが、人によって気にする場所は違います。
あまり細かく言いすぎてしまうと、リラックスして生活ができなくなってしまいますし、監視されているような気分になると一緒に住みたくないとも感じると思います。
適度な節約だったり、自分が考えれば良い事であれば、好きにしたら良いと思いますが、家族全体を巻き込んでの節約に関しては相談するのが良いと思います。

人にはできない事と、出来る事があります。
頭では理解していても、見落とす事もあります。
その辺も許容しながら、節約などをしない喧嘩になったりするでしょう。

このような時に、家族全体で節約する目標などが決まると目指す場所がはっきりするので、うまく行くかもしれません。
なので、家族を巻き込む過剰な節約はパートナーなどがストレスになる事もあるので、考えてあげるべきだと思います。
しかし、本当に出費が多すぎて火の車状態の場合は完全に生活スタイルから変えないと難しいと思うので、節約というか生活水準を下げることから始めてみてください。

ココがポイント

家族を幸せにするためのお金も、節約のせいで家族が不幸になる事もあると思いますので、しっかり話し合いましょう。

スポンサーリンク

節約はやりすぎると疲れることもあると思うよ【まとめ】

このような話をすると、節約はしない方がいいのか?と聞かれる事もありますが、そうではないと思います。
無駄な事にお金を出す必要はありませんし、出来る事に越した事はありません。

ただ、人によって出来る節約とできない節約もありますし、節約するよりも稼ぐ力の方がつよい人もいます。
この辺をバランス良く考えていかないと、疲れてしまいますし続く事もできません。
無理して我慢した後に、何も残らなかったなどにならないように、適切な節約をそれぞれ考える事が大事だと思います。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

■notoで日記も書いています
>>noto:DAISUKE@思考のバランス

スポンサーリンク

最近のマイブーム

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
ブログ:約1300記事以上、ラジオ400本以上更新中

-節約
-, , , ,