家庭・生活

ダイエットをする時の目安は、ズボンがキツくなったら

投稿日:2019年7月18日 更新日:

スポンサードリンク

過剰ダイエットは健康に良くないし、だからと言って放置も出来なくて永遠とダイエットをしてしまっていませんか?

結論から言ってしまうと、個人差にもよりますが履いているズボンがキツくなったらダイエットをするべき信号です。
ですので、逆に比較的ゆとりのあるズボンを履いている人で、太りやすい人は少しピッチリしたズボンを履いた方が自己管理が簡単です。

良く置き換えダイエットなどする人がいますが、個人的にはおすすめしません。
理由は簡単で、そんな食生活をし続けなければ維持出来ない健康というのは既に破綻していると思っていますし、死ぬまで続ける事は不可能というかストレスでしかないと思っているからです。

それに、殆どの人が1ヶ月以内に誘惑に負けてしまって結局継続出来ない結果になるので、ダイエットに成功しません。
成功例は、成功したから成功であって、失敗例の殆どがメディアなどでは報道されないのが現実で、失敗している人の方が多く存在します。

本記事では、過剰ダイエットではなく、健康的なレベルくらいまでなら無理しないで痩せれると言う事と、ダイエットを始める目安はズボンがキツくなったらという事を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ダイエットをする時の目安は、ズボンがキツくなったら

ダイエットをする時の目安は、ズボンがキツくなったら

ダイエットをする時の目安はズボンがキツくなったら始める事と、無理のないダイエット方法は以下の通りです。

ポイント

  • ダイエットはズボンがキツくなったら始めた方が戻りが早い
  • 過度な食事制限を行わない
  • 適度な運動を生活の中に取り入れる

異常になります。
それでは、詳しく解説してきます。

ダイエットはズボンがキツくなったら始めた方が戻りが早い

常に体型を気にしている人でしたら、体重という数値で確認しているのですぐに気がつきますが、多くの人は気がついたらデブになっていた。といった感じじゃないですかね?

もしくは1キロくらいなたいいか、と何日も同じ考えで過ごして気がついたら5キロも10キロも増えていた!なんて事もありえますね。
ですので、基準は今が標準体重であるのならそのズボンがキツくなってきたらダイエットのサインです。

良く、ズボンを買い換えてしまう人もいますが、それだともっと太ってもいいよ!と自分を甘えさせてしまうので、若干のキツさを認識したらすぐにでもダイエットを始めましょう。
ダイエットというか、減量ですね。
些細な量ならすぐに元に戻ります、ここがズボンで確認するいい手なのです。

何日、何年も先送りにしてしまうと、ダイエットする時間も長くなるのでストレスも溜まりますし、持続しません。
ですので、若干の変化の時に、短期集中で元の体重に戻す方が比較的楽にダイエットが出来るのです。

DAISUKE
人間は自分に甘いので、長ければ長い方が失敗する確率が上がります。継続は力なりという言葉があるように、継続すれば力にはなりますが、継続するにも精神力など必要になってきて大変です。

過度な食事制限を行わない

置き換えダイエットをしている人の言い分では、一回痩せれば後は戻して大丈夫と口を揃えて言うのですが、前の食生活をしていてそうなったのであれば、戻したら太るに決まっていると思っています。

ですので、過度な食事制限などは基本的におすすめしませんが、したいのであれば個人の自由だと思うのでしたらいいと思います。
個人的には、置き換えダイエットや過度な食事制限より、まずは根本的な食生活の見直しをした方がカロリーや塩分、糖分を抑える事が簡単に出来ると思っています。
例えば。

  • コンビニのおにぎり
  • コンビニ弁当
  • 菓子パン
  • アイス
  • ケーキ
  • お菓子
  • ジュース
  • 外食
  • 飲み会

この辺は、かなりの害がありますね。
コンビニのおにぎりは炭水化物だからという訳ではなく、腐りにくいように油が塗ってるので、酸化した油は体に悪いし分解もしにくいので、おにぎりを食べるなら自分で握って行った方が健康的なのです。

置き換えダイエットや、炭水化物食べないダイエットなどもいいですが、そもそも論としてまず上記の物を基本的には食べない生活スタイルを作る事が大切ですね。
結論は、コンビニに行かないですね(・∀・)

簡単に美味しい物が食べれるにはそれなりのリスクが付いて回っていると言う事です。
飲み会やなんかでも、焼酎は糖分が少ないのでいいですが、ビールや日本酒、カクテルなどは糖分が多いのでおすすめしません。
外食は大体一食1000キロカロリーくらい超えるので、食べる物を見て食べたら良いかもしれません。

そして、日本人は最近野菜を食べる量が圧倒的に減っています。
肉の方が安いですからね。
野菜だけ食べると考える必要はありませんが、野菜をメインに考えて食べて行くと必然と摂取カロリーも減って行き体重も減っていくでしょう。

DAISUKE
そもそも論として、摂取カロリーが多いと太るのは当たり前です。まずは、食生活を見直してストレスのない食生活を作り上げましょう。

適度な運動を生活の中に取り入れる

食生活の見直しが出来たら、生活の中に簡単な運動でも良いので取り入れる事を考えましょう。
年間1兆円以上稼ぐ社長さんでも、毎日45分は運動する時間があったそうです。

つまり、偉業をする人でも運動は必要不可欠だったと言う事です。
凡人の私たちなら尚更毎日の生活の中に運動を入れて行かなければいけません。

特にデスクワークの人などは、血行不良になりがちなので、太りやすくもなりますし、肩こりや病気にもなりやすくなります。
筋トレでもいいですし、ヨガなんかも良いでしょう。

毎日難しい人は、週に2、3回くらいから初めてみたら良いと思います。
実際、効果あるなしはわかりませんが、多少心拍数が上がるような運動でしたらなんでも良いと思います。
食生活を見直して摂取カロリーを減らして、運動をしてカロリーを消費したら、少しずつですが体重は減っていきます。
常日毎から、考える必要はありませんが、ズボンがキツくなってきたなーとおもったら、ダイエットを心みるといいでしょう。

DAISUKE
運動は、心身共に健康にしてくれるので、大人になったら忙しくても運動する時間を考えた方が長期的に見て良い結果に繋がると思います。
スポンサーリンク

ダイエットをする時の目安は、ズボンがキツくなったら【まとめ】

ダイエットをする時の目安は、ズボンがキツくなったら【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
気がつくのが早ければそれ程、戻るのには時間が掛からないと思います。

体質などもありますが、極端に太っている方は、食事制限などのダイエットをして一回体重を下げてしまう方が良いかもしれません。
基本的には、そうなる前に手を打つのが一番簡単で楽な方法なので、ズボンがキツくなってきたら一度アクションを起こしていきましょう。

面倒なのはとても理解できますが、あとあとの方が面倒です。
ライザップなどのジムに行くのも良いかもしれません。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
クソブロガー、ダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-家庭・生活
-,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.