家庭・生活

胡散臭い偽善者は危険です【善意の押し付けは相手を利用しようとしている可能性があります】

投稿日:2019年8月11日 更新日:

胡散臭い偽善者は危険です【善意の押し付けは相手を利用しようとしている可能性があります】
スポンサードリンク

自分の身の回りで、必要以上に善意の押し付ける人がいてとても不快な気持ちになって困っている。この様な事で悩んでいる人はもしかしたら、偽善者の人が周りにいるかもしれません。

私が言う偽善者とは、個人で完結している場合ならばそれで構わないとういうか、関係ないですよね。
しかし、ある偽善者は他人に善意を押し付けてきます。
『今までお世話になったから』○○するのは当たり前だろう。
『みんなやっているんだから』○○するのは当たり前だろう。

この様に、自分がどうこうという意見ではなく、周りや、お世話になったから当たり前と、あたかも善意でやてます、だからあなたもやるのが当たり前だよね?
といった感じに、他人の人生の足を引っ張る人がいます。
これが面倒なのは、他所からみたら善意で言っているので正しい様に聞こえてしまう事です。

よく考えてみてください?
この考え方は『お世話になった』のかもしれませんが、恩義に感じるかは個人の自由ですよね。
子供の無知な時にしてもらっていた事を、大人になって恩義と感じるかは別ですよね。
確かに、恩義に感じた方が世間的には『良い人』という形に見えるのですが、それに他人を巻き込むのは私は偽善だと思っています。

本記事では、胡散臭い偽善者は危険と言う事を詳しく解説しています。

スポンサーリンク

胡散臭い偽善者は危険です【善意の押し付けは相手を利用しようとしている可能性があります】

胡散臭い偽善者は危険です【善意の押し付けは相手を利用しようとしている可能性があります】

胡散臭い偽善者は危険な理由は以下の通りです。

ポイント

  • 善意を語る人はそもそも嘘臭い
  • 偽善者は打算的に善意を武器にしてくる
  • 対処方法は関わらないのが一番

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

善意を語る人はそもそも嘘臭い

私の性格が捻じ曲がっているのも問題かもしれませんが、基本的に善意を語る人は嘘くさいです。
善意とは、自分がやりたいからやる行為であって、誰かに恩義を押し付けてやる行いではないと思っています。

一見全うな様に見えて、人気者オーラを出している事はあります。
その様な人は『良い人』といった偽善の皮を被っている時があります。

例えば、言動が一致していないのがよくあります。
人間は、完全な生き物ではないので、見えや嘘をついても必ずどこかでボロが出ます。
私の知り合いで、カッコよく、人気もある男性がいますが、その人は大衆の前では全うで善意の言葉しか出しません。
そんな人の所へ、タクシーで迎えにいった時に時間を指定したにも関わらず、準備を急ぐそぶりを見せないで『待たせておけばいいじゃん』と言ったのです。

おそらく、コレが本心でしょう。
ですので、完全に個人的な経験則になってしまいますが、自分をよく見せようと考えている人間程、偽善まみれなのではないか?と思っています。
なので、裏表ない普段嫌われている様な人の方が、強ち信頼度は高かったりします。
そういう人は、キツイ言い方やなどもあるかもしれませんが、嘘や偽りが少ない分変に考える必要もないし、他人を陥れようなど考えないからです。

偽善者は打算的に善意を武器にしてくる

全ての偽善者が嫌いという訳ではありません、私が危険だと思うのは、偽善者が打算的に善意を武器にして巻き込んでくる事です。
ブラック企業などが良い例ですね。
残業代0、ボーナスなし、でもそれは皆んな一緒で頑張っているから仕方ないよね!みんなで頑張ろう!
とか言っちゃう企業もあるのではないでしょうか?しかし、その職場を子供などに働かせたいと思うでしょうか?
ないですよね。

本心的には、自分とは基本的に関係ない人なら巻き込んでも構わない。
それで、自分が楽になる、得になるならOKという考え方をしています。

正直、こういう偽善者は危険なので極力関わらない方がいいでしょう。
頭もいいですし、口もよく回ります。
元々人気や良い人を演じるのが好きな人なので、周りには味方も多いです。

まぁ、悪い良い方ですがその味方も自分の頭で考えれない可哀想な人でもあるのですが、敵にすると厄介です。
自分を良く見せ、尚且つ得をして、立場的に不利にならない様にと、打算的に生きているので被害に会う前にこの様な人とは関わる事をやめましょう。

対処方法は関わらないのが一番

じゃあ対処方法はないのか?と思いますが、対処方法は関わらないしかありません。
上記の様な偽善者は頭がいいので、味方が多いです。
ですので、頑なに否定をしてしまうと、自分が悪者になってしまう可能性が高くなります。

なので、出来るだけ関わらない様にするのが一番の解決策だと思います。
下手に何かするのも面倒ですし、あちらの世界はあちらで循環しているので、そっちの世界に入らない様に生活しましょう。

スポンサーリンク

胡散臭い偽善者は危険です【まとめ】

胡散臭い偽善者は危険です【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
もう一度簡単んに復習しておきましょう。

ポイント

  • 善意を語る人は気をつける
  • 打算的に考えている人間には気をつける
  • 解決策は関わらない

偽善者が悪というより、打算的に善者を演じて、他人を巻き込んで自分の立ち位置を確保する様な人は危険と言う事ですね。
カッコつけたい、良い人になりたいと見えを張って偽善者である事はそれ程気にしませんし、結果論として偽善者になってしまう人もいると思うからです。

なので、私が注意した方がいいと思うのは、他人に善意を押し付けるか、他人を利用して善者になろうと演じる人は結構危険と言う事です。

それでは、偽善者に注意して生活していきましょう。
読んでいただいてありがとうございました。
クソブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-家庭・生活
-,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.