パソコン

ネットのLANソケットを増やしたい場合の対処方法【LANを増やすのはハブが簡単】

はい!どうも、DAISUKEです!(@desing_d

有線LANの挿し口を増やしたいけどもうルータについているのがいっぱいで困った!

こんな事で困っていませんか?

結論を言ってしまうと、一番安価で簡単なのは『ハブ』を買う事です。

こういったヤツですね。
所謂、スイッチングハブというヤツです。

恐らく、ハブの存在を知らないと言う事はパソコンなどにもそれ程詳しくないと思うので複雑な説明は省きます。
とりあえず、必要な口数がある物と、新しい物を買ってください。

自宅などでもそれ程有線LANの口を増やす事は最近ではないと思いますが、電源なども使うので無線で対応出来る場合は無線の方がスタイリッシュで楽だと思います。

本記事では、ネットのLANソケットを増やしたい場合の対処方法について紹介しています。

ネットのLANソケットを増やしたい場合の対処方法【LANを増やすのはハブが簡単】

ネットのLANソケットを増やしたい場合の対処方法【LANを増やすのはハブが簡単】

ネットのLANソケットを増やしたい場合の対処方法は以下の通りです。

ポイント

  • 本当に有線でなければいけないかまず考えて
  • ハブとLANケーブルは新しい物を買う事
  • 接続はつなげるだけなので初心者でも簡単

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

本当に有線でなければいけないかまず考えて

個人的には有線LANの方が安定しているので有線大好き人間ですが。
最近では無線LANもそこまで不備を感じる事はすくなくなってきました。

建物の構造だったり目的にもよりますが、もし無線wi-fiの受信度が低いと感じるのであれば新しい無線ルータを買う事の方がいいパターンもあります。
有線LANは安定していますが、何より配線が邪魔です。
あと、機械が増えるとコンセントも多く使うので電源タップがブサイクになっていきます。

それでも、安定した回線が大事なんだ!建物の構造上有線でないと難しいんだ!という人はハブを買う事を考えていきましょう。
無駄な買い物は勿体無いとおもうので、まずは考えてみましょう。

ハブとLANケーブルは新しい物を買う事

ハブやモデム などは種類が沢山あり、セキュリティな使い方などを書くと正直ある程度の専門的な知識が必要となります。
で、書いた所で読みたくないと思いますので、とりあえず一般家庭で使う程度であれば新しいハブと、新しいLANケーブルを買って頂ければ大体問題ありません。

ケーブルの長さなどは自宅の環境に合わせて買ってください。
古い物を使うと、速度が遅かったり、セキュリティ面で不備があったりするのでこういった機械はそれなりに新しい物をおすすめします。
あとは、必要に応じて棚だったり、電源タップを買い足してください。
電源タップに関しては自宅に余っている物があったり口が空いていればOKです。

ハブは口数が様々なので、増やしたい数のを買うといいと思いますが同時接続が増えるほど遅くなる可能性が高いので速度を求めるのであれば増やしすぎには気をつけましょう。

接続はつなげるだけなので初心者でも簡単

こういった機械をみると戸惑う方もいますが、ハブはルータなどより簡単です。
本当に繋げるだけです。
説明書を見れば簡単に出来るのでプラモデル作るより簡単です。

ただ、こういった記事を読んでも心配な人は店頭でしっかり店員さんに相談してみてください。
自宅の環境だったり、長さなどは本記事では細かな所までは記載していません。
なので、不安な人は店頭でしっかり自宅の状態を伝えた上で必要な物を買い揃えるのがいいと思います。

あと、製品に不備があった時にはすぐに交換してもらえるので、店頭の方がいい場合もあります。
アマゾンさんも対応はピカイチですが、それでも宅配なので時間が少し掛かります。

家電量販店でもいいですが、近くにパソコンショップがある場合はそちらの方が個人的には信頼できますので、近くにパソコンショップがある人はパソコンショップに足を運んでみてください。

ネットのLANソケットを増やしたい場合の対処方法【まとめ】

ネットのLANソケットを増やしたい場合の対処方法【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
私は自宅ではなく、会社でいくつかハブの設置をしましたが今の所つなげたけど繋がらないという事にはなった事がありません。
電源挿して繋げるだけなので、挿し口をループさせなければ問題ありません。

工事をすると言う手段もありますが、結構高額になるのでハブが一番簡単で安いでしょう。
無駄なお金を使う必要は全くありません。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

 

スポンサーリンク

-パソコン
-,

© 2020 D-desing