アフィリエイト

Instagramで著作権を気にして正しく使う方法【ブログへの埋め込み方法】

Instagramで著作権を気にして正しく使う方法【ブログへの埋め込み方法】

こんにちは、ダイスケです(@desing_d
Instagramの写真をブログなどで投稿する際に、著作権というモノが関わってくると言うのは気にした事がありましたか?
画像と言うモノに対しても、撮影者や製作者が著作権を手放していない限り、所有者が持っています。

なので、インターネットに上がっているからみんなのモノではないのです。

それは、販売物でなくても唯の写真でも同じ事が言えます。
それでは、Instagramの他人の画像をシェアするのはいけないの?と思いますよね。
大丈夫です、既に備わっている機能を使う分には、規約違反になりませんので、その辺も含めてご紹介しますね。

本記事を読んで頂くと、ブログなどに他人のInstagramなどを表示する方法と、注意点が分かる様になります。

スポンサードリンク

Instagramで著作権を気にして正しく使う方法

Instagramで著作権を気にして正しく使う方法

はい!
結論から言います!

Instagramで他人の画像を、ブログなどで使いたい場合は、Instagramに搭載されている機能を使って使用するのはOKです!

これは、Twitterも同じだと思うのですが、InstagramもInstagramというサービスを使うに当たって、サービス内で使用できる機能によってのシェアは許可されるというか、Instagramを使っている段階で、許可したとみなす感じですね。

その機能が嫌なら他のサービス使ったら?といった感じです。
スマホを持っているのに、LINEだけでいいから電話料金いらない!と激怒する人はいないですよね?
そんな感じだと思ってくれれば分かりやすいかと思います。

一応、Instagramの使用規約

弊社が利用者のコンテンツの権利の帰属を主張することはありませんが、利用者はコンテンツを使用するためのライセンスを弊社に付与します。
利用者がそのコンテンツについて保有する権利に変動が生じることはありません。弊社は、利用者がサービス上で、またはサービスを通じて投稿するいかなる利用者のコンテンツについても、その権利の帰属を主張しません。 ただし、利用者がサービス上で、またはサービスに関連して、知的財産権の対象となっているコンテンツ(写真や動画など)をシェア、投稿またはアップロードする場合、利用者は、弊社が(利用者のプライバシー設定およびアプリ設定に沿って)利用者のコンテンツをホスト、使用、配信、変更、運営、複製、公演、公開あるいは翻訳し、また派生作品を作成する非独占的、使用料なしの、譲渡可能、サブライセンス可能な全世界を対象としたライセンスを付与するものとします。このライセンス付与は、利用者がコンテンツやアカウントを削除することにより、いつでも終了させることができます。ただし、利用者が他の人にシェアしたコンテンツであっても、その人が削除していないものについては、継続して表示されます。弊社が利用者の情報をどのように使用するのか、また利用者がご自身のコンテンツをどのように管理または削除できるのかについて、詳しくは、データに関するポリシーをご覧になるか、Instagramヘルプセンターにご相談ください。
出典:Instagramヘルプセンター 利用規約

この様な感じになっております。
小難しいので、面倒な人は『Instagramに搭載されている機能だけ使うのはOK』と考えて入れば、別にいいと思います。

Instagramでやってはいけない事

  • スクショ・画像の複製は禁止
  • 相手が嫌だと思ったら素直にやめる

この辺りを気をつけておけばOKだと思います。
基本的には、複製行為をしない、相手が嫌がるならやめるといった、当たり前のことです。

スクショ・画像の複製は禁止

スクリーンショットは、複製に当たるのとパソコンなどのツールを使っての複製などはしてはいけません。
それはコピーになりますので、利用規約に引っかかります。

スマホなどでスクショを撮ってシェアするのは悪気がなかったとしても、いけない事ですので気をつけましょう。

相手が嫌だと思ったら素直にやめる

これは気持ちの問題ではありますが、相手が嫌だと言ったりプロフィールなどに禁止と書かれている場合は、やめてあげましょう。
変な揉め事を増やしても楽しくないですし、気持ちよく過ごしたいので、こういった迷惑行為は無駄な時間と体力を使うのでやめましょう。

Instagramをブログに埋め込む方法

パソコンでInstagramを開いて、埋め込みたい画像を選びます。

Instagramをブログに埋め込む方法1

画像を表示したら、右下の…をクリックします。

Instagramをブログに埋め込む方法2

表示された項目から、埋め込みを選びます。
ここに表示されている、Instagramのツールを使うのはOKなので、シェアしたい時などはここを使いましょう!

Instagramをブログに埋め込む方法3

埋め込みコードをコピーします。

Instagramをブログに埋め込む方法4

そして、コードをこの様に貼り付けます。

Daisuke Kitagawaさん(@daisuke_0823)がシェアした投稿 -

これで、ブログに簡単に埋め込めましたね!

スポンサーリンク

Instagramで著作権を気にして正しく使う方法【まとめ】

Instagramで著作権を気にして正しく使う方法【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
これで安心して、Instagramの投稿をブログなどで使う事ができますね。

SNSなどが当たり前になり、他人の著作権を無視した行為が増えてきています。
確かに、インターネット上のものというのは所有物と判断されにくいですが、全て誰かの所有物であるのです。

Instagramに関して、誰かに使われたくないと思う人はプロフィールに注意書きをする。鍵をかけるなどして、自分の作品を守りましょう。
それでは、読んで頂いてありがとうございました。

スポンサーリンク

-アフィリエイト
-

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.