Web design

お名前.comからエックスサーバーにドメインの移管方法と理由のご紹介

投稿日:2019年1月14日 更新日:

お名前.comからエックスサーバーにドメインの移管方法と理由のご紹介
スポンサードリンク

前回はさくらサーバーからエックスサーバーにサーバー移管した記事を書きました!どうもダイスケ(@desing_d)です (=ω=.)
↓ちなみに前の記事はこちら↓
WordPressのサイトをさくらサーバーからエックスサーバーへの移管のやり方

はい、今回はお名前.comにの独自ドメインを、エックスサーバーに移管する方法という事です。
もう数日前の事なので、記憶が曖昧3センチな所がありますので、粗相がありましたら申し訳ありません。

あと、皆さん多分ブログやサイトを運営していると、サーバーの移管やドメインの移管は何を基準にして決めるのか分からなかったりしますよね。
まぁ、そういった人も私が移管作業をした理由を読んで頂き参考にして頂けたらと思います。

最初に言っておきますが、お名前.comのサービスが悪いとは思ってません。値段はお手頃なので、初めてwebサービスをしてドメインを取得したい方はおすすめです。

お名前.comからエックスサーバーにドメイン移管した理由は?

お名前.comからエックスサーバーにドメイン移管した理由は?

はい、まずはサックと理由を取り上げてあとから細かく説明しますね。
私がお名前.comからエックスサーバーにドメイン移管した理由は

・エックスサーバーがドメイン無料キャンペーンをやっていた。

・ドメインとサーバーと管理する場所を分けるのが面倒に感じた。

・お名前.comの私の契約ではWhois情報代行が有料で年間費が発生していた。

そこまで根本的なのがなくて、上記の上から理由度が高い感じです。
それでは、1つずつ説明してみましょう。

エックスサーバーがドメイン無料キャンペーン中だった

すごく単純な話で、エックスサーバーさんが「今サーバーを契約すると、サーバー1つにつき1独自ドメイン無料(移管も可)」をやっていたので、初期費用は掛かってしまうけど長期で見たらとてもおすすめな案件なキャンペーンだと感じました。
1年間とかではなく、契約している間はずっと無料といった神サービス。こまめにこの様なサービスをやっているのか分かりませんが、やっている時ならエックスサーバー一択でおすすめだと思います。

ドメインとサーバーと管理する場所を分けるのが面倒に感じた。

まぁ、実際あんまりドメインの管理サイトって覗かないのですが、お金を払っているのでアカウントを持っている事は違いないのですよ。
それで、他の私生活でも色々なサービスでアカウントを持っていたりしますので、数が増えてくると質量的に邪魔を感じませんが、部屋にゴミが散らかっているみたいで管理しにくかったんですよね。
ならば、サーバーと同じ所で契約してしまえばその手間がなくなるという事です。
実際は、サーバーが安い所、ドメインが安い所とありますので別々で契約する方も多いと思いますが、なんだかんだ少し高くても同じ場所で管理した方が面倒ではない!と最近感じました。

お名前.comの私の契約ではWhois情報代行が有料で年間費が発生していた

今現在がどうか知りませんが、私が登録した時は契約時にチェック項目があってその段階でチェックを入れれば無料でWhois情報代行をしてくれるっぽいのですが、私が契約云々をすっとばしてクリックしたので、後付けのサービスで有料サービスになってしまったんですよ。
エックスサーバーでは、契約した段階でデフォルトでWhois情報代行設定してあるので、不要な場合はあとで解除するパターンなので大変親切です。

上記3つが私がお名前.comからエックスサーバーにドメイン移管した理由になります。

スポンサーリンク

お名前.comからエックスサーバーにドメインの移管方法

お名前.comからエックスサーバーにドメインの移管方法

では、おなじみのさっくり進めて行きましょう!
ちなみに、ドメインの移管中にサイトが表示されなくなるという事はなかったので安心してください。
もし表示されないアクシデントが発生した場合は、サーバー会社に問い合わせましょう!

まずは、お名前.comでWhois情報代行設定がしてある場合は、これを解除します。
解除しておかないと移管申請時にくるメールが来なかったり、スムーズに移管作業が行われない事があります。

ドメイン移管失敗する問題

  • 登録者情報のメールアドレスが無効になっている
  • Whois情報公開代行サービスを設定中
  • ドメインの登録・更新など、料金に未清算がある

お名前.com Navi

お名前.com Naviにログインして頂き。

お名前.com ドメイン移管 その1ドメイン→ドメイン機能一覧を選びます。

お名前.com ドメイン移管 その2

Whois情報公開代行を選択します。

お名前.com ドメイン移管 その3

ここから、Whois情報公開代行の設定を解除できます。
解除ができたら、自分の情報が世界に丸裸状態なのでさっそくエックスサーバーでドメイン移管申請を出します。

まずは、エックスサーバーのインフォパネルまで行きます。
エックスサーバー

 

エックスサーバーのドメインの移管その1エックスサーバーのインフォパネルに行ったら、サービスのお申し込みをクリックします。
キャンペーン系のドメインの場合は、プレゼントなどの選択場所がありますので、そこを選んでください。

 

エックスサーバーのドメインの移管その2次に、ドメインの取得の移管を選びます。
新規お申し込みの方は、その上の新規申し込みからできると思います。

 

エックスサーバーのドメインの移管その3あとは、移管したいドメインを入力して検索をかけて進んで行くと移管申請すると移管手続きが進みます。

そのあと、エックスサーバーからのドメインの移管承認のメールと、お名前.comから移トランスファー申請の承認メールが来ます。ので、どちらも不備がなければOKにしていけば、移管作業は完了します。
とても簡単ですね!

エックスサーバーがおすすめな理由

エックスサーバーがおすすめな理由

なんでエックスサーバーがええねん!
最初は私もそう思っていました 。
で、よく詳しく書いてあるサイトもあるんですが、私はざっくりエックスサーバーがおすすめな理由を書きますね

・高い!けど、とにかく早い!

・サーバーの処理が優秀なのでアクセ数が多いサイトは負荷に耐えられる

・データが消えても安心の自動バックアップがデフォルト

・24時間365日のサポート

・無料独自SSLあり

・WordPress簡単移行 β版で移管作業が簡単

・ドメイン無料キャンペーンをしていた!

とまぁ、こんな感じでしょうか。
単純に、ブロガーの方々が多数が使っているエックスサーバーならとりあえず大丈夫かな?という安易な気持ちと、バックアップが地味に安心感をくれますね。
あとは、移管作業が簡単そうだったのと、独自ドメイン無料キャンペーンをしていた事ですね。
さくらサーバーと比べると少し高い気もしますが、結果快適になっているので私は満足しています。


お名前.comからエックスサーバーにドメインの移管方法まとめ

 

お名前.comからエックスサーバーにドメインの移管方法と理由のご紹介

 

いかがでしたでしょうか?
途中から面倒になって放棄してない?いやいやそんな事ありますが、正直全部の正解を教えるのはちょっと違うと思っていまして、あくまで自分で考える事は必ず必要だと思っています。
大人でも子供でもそれは等しく同じと思っています。

答えを書かれた物を見てやるだけなら誰でもできますが、自分で考える力は劣ろいていくばかりです。
脳死プレイの生活をしている人は大変多いです。昔からやっているから、みんながやっているから、全然ナンセンスですね。
もっと、自分オリジナルで考える生活をしていきましょう!
なので、エックスサーバーがおすすめです←ぇ
それではノシ

スポンサーリンク

-Web design
-, , ,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.