趣味・VOD

ハンドメイド作品をネットで販売してみよう【誰でも簡単に始めれるよ!】

投稿日:2019年2月25日 更新日:

ハンドメイド作品をネットで販売してみよう【誰でも簡単に始めれるよ!】

こんにちは、ダイスケです(@desing_d
ハンドメイド作品を作っていてイベント出店もいいけどなかなか都合のいいイベントがなかったり、お子さんがいる方だと長い時間を取るのが難しかったり、委託販売もなかなか好都合、好条件の場所が見つからなかったり....

そんな時にとても便利だな!と思ったのはネットショップでの販売です。
でも、やり方がわからない...難しそう....とネガティブなイメージが湧いてきちゃいますよね。
確かに、ネットに不慣れなだと難しそうなイメージですが、最近ではサイトも充実しているので、基本情報登録ができてしまえば、あとは簡単に出品作業ができます。

よく聞くハンドメイドサイトだと、minne、Creema、BASEなど
私はminneとBASEを使用していますが、とても簡単に登録できたし、特に難しいと感じる事はありませんでした!
なので、出品する際にしておくといい事や出品するといい時間帯などをまとめてみました!

本記事を読んで頂くと、簡単にハンドメイド商品をネットで販売出来る様になります。

ハンドメイド作品をネットで販売してみよう

ハンドメイド作品をネットで販売してみよう

ハンドメイド商品をネットで販売する時に必要な手順は。

  • minneなどに登録
  • ハンドメイド作品の写真を撮る
  • 配送やラッピングの準備

まだ、minん¥neなどに登録されていない方は、まずは登録をしてくださいね!



↑minneは登録はこちら↑

ハンドメイド作品を出品する際にしておくといい事

ハンドメイド作品を出品する際にしておくといい事

ハンドメイド作品を出品するのは簡単なんですが、その後の発送だったりの最初を考えるのが結構大変です。
好きな方なら簡単に出来てしまうそうですが、そうでもないですよね。
なので、売れる前から売れる事を想定して、アレコレ考えておくと後が楽ですね。

作品の写真を撮る

ネットショップでの販売の際には必ず必要ですね!
配置や背景、どうしたら作品が素敵にみえるかなど考えて撮るといいと思います。
小さな作品でしたら、背景に色画用紙やおしゃれな柄のペーパーなど使う方も多いみたいです。
小さなライトもあるとグッとプロっぽい写真になります。

配送用の箱、クッション材の用意

これも必ず必要ですね!
箱はネットで探すのをおススメします。
形も豊富ですし、リーズナブルに購入できると思います。
クッション材は配送中の万が一の事故防止に入れておくといいでしょう。
100円ショップでも売っていますし、 クラフト紙をクシャクシャとしたものでもおしゃれかもしれません。

送料のチェック

配送会社、大きさ、地域で違ってくるので調べておきましょう。

作品の説明や注意事項、こだわり部分など

作品説明欄に書く文章なども考えておくとスムーズに進みます。
注意事項はしっかり記入するのをおススメします、何かあった時の逃げ道は沢山あった方がよいです。
例えば、ドライフラワーなどは、繊細で壊れやすい事や時間とともに色、形が変化していく事、当たり前だと思う事を書いておけば、トラブルを事前に避ける事ができます。

ラッピング用品の準備

ラッピングをお願いされる事も多いです。
設定で有料にもできますし、事前に説明欄にラッピング有無を記入しておくのもわかりやすくていいと思います。

あとは、納品書やお礼状などもあるといいかもしれません。

私はお礼状を作品に添える用にしています。
内容は....
〇〇様
この度は購入ありがとうございます。
気に入って頂けると幸いです。
またご縁がありましたら、よろしくおねがいします。
と季節の一文を添えて、なるべく手書きで書き上げます。

手書きが好きなのと、手書きのお礼状ってなんだか暖かい感じがするのが個人的に好きなので....。

これらをしておくと出品作業がとてもスムーズに進むとおもいます。

出品する時間帯とターゲット層絞りをしましょう!

ネットショップは作家さんが沢山登録していますし、その分商品数が多く、更新率も多いので適当な時間に作品をネットにアップするとどんどんと新しい作品に埋もれていってしまいます。
なので、作品を見てほしいターゲットを絞りましょう!
作品を見てほしいターゲット層がスマホやネットを見る時間帯を予測してなるべくその時間帯に作品をアップしましょう。
例えば、ママ層をターゲットにするとしたら、人によって異なりますが、お子さんや旦那さんを送り出してひと段落した時間、家事など終わらせた後のリラックスタイム、おやすみ前のスマホタイムなどなど
ターゲット層がゆっくりネットを見ている時にアップするのがいいそうです。

作品をアップする頻度も3日に一回だったり週一だったり決めておくといいみたいです。
実際、SNSですがアップする頻度と時間帯に気をつけて更新するようにしたら、いいねの数やフォロワーが少しずつですが増えてきました!

ハンドメイド作品をネットで販売してみよう【まとめ】

ハンドメイド作品をネットで販売してみよう【まとめ】

顔が見えない分お礼状やお礼のメッセージ、配送確認などこまめに送ったりすると好感度アップや、リピートに繋がるそうです。

お家にいながら作品販売できるネットショップ、この機会にはじめてみましょう!



↑minneの登録はこちらから↑

 

スポンサーリンク

-趣味・VOD
-

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.