メンタル・仕事

物事は焦ると疲れるので程々に【焦ってしまう時は呼吸を忘れない事が大事】

2021年11月15日

急いては事を仕損じると言う言葉は意外と嫌いではありません。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

はてな

焦らされるとパニックになってしまう。
焦ると疲れて何もしたくなくなってしまう。

このような事を感じていませんか?
結論を言いますと、焦る事は疲れると思いますし出来るだけやりたくないと思います。
しかし、自分だけで生きている訳でもないので時には焦らされる事もあります。
その時に嫌だと嘆いても何とか現状を打破していかなければいけないので、そんな時は深呼吸しましょう。

呼吸が浅くなると、緊張し続けてしまいますし、緊張している中だと本領を発揮できない人もいます。
焦ると失敗する自分なんかダメではなくて、そういう人間もいて自分もその一人だと受け入れる事が大事です。
実は私も焦らされる事が苦手でもありますし、本番に弱い人間でよく失敗します。

そんな自分でも何とか生きているので大丈夫です。
本記事では、物事は焦ると疲れるので程々にと言う持論を書いています。

スポンサーリンク

物事は焦ると疲れるので程々に【焦ってしまう時は呼吸を忘れない事が大事】

物事は焦ると疲れるので程々に【焦ってしまう時は呼吸を忘れない事が大事】

物事は焦ると疲れるので程々にという理由は以下の通りです。

ポイント

  • 単純に焦ると疲れるので楽しくない
  • リラックスした状態の方が身動きが取りやすい人もいる
  • 焦る場面になったら、まずは深呼吸から

以上になります。
それでは、説明していきます。

単純に焦ると疲れるので楽しくない

子供みたいな感想ですが、焦ると疲れるので楽しくなくなってしまいます
中にはその緊張を楽しむ人もいますが、皆がそういう人間だとは限りません。

楽しくないと、生きている意味とか無駄な事を考えてしまいますし。
失敗などを繰り返したり、ストレス過多になると自己肯定感も失われていきます。
もっと酷くなると、自分は何をやってもダメなど思い込みも始まります。

仕事などをしていると、焦らされる場面は多く訪れます。
無茶振りなどは誰でも経験した事があるのではないでしょうか。
そういう経験も人生には必要だとは思いますが、そればかりだと楽しくないです。
私も基本的にはのんびりと生きていたい人間でもあるので、自分のペースを崩されると楽しくなくなります。

嫌な気持ちが続いてしまうと、自分の人生を邪魔しているのは仕事だ!と思って仕事をしたくなくなってしまいます。
疲れとは充実感を得るのに必要な事でもありますが、多すぎると楽しくない原因に変わってしまいます。

なので、焦ると疲れてしまうので、程々にサボる事をおすすめしますし。
結果がつながっているのであれば、多少手を抜いてもいいと思ったりします。
私たちは仕事のために生きているのではなく、自分の為に生きているのです。

ココがポイント

適当に手を抜いて、楽しい事を増やしていく。楽しめるならそれでも良いけど、楽しめない時は他の事で楽しむ癖をつける。

リラックスした状態の方が身動きが取りやすい人もいる

緊張している方が楽しい!生きがいを感じる!というポジティブ意見もありますが、全員がそうだと思いません
緩やかに生きて行きたい人もいると思います。
それに、誰かのプレッシャーの中でなく、自分の空間の中の方が自由で身動きが取れる人間もいます。

人間、焦りや監視などのプレッシャーにはそれなりのストレスが掛かると思うので人によってはそれで身動きが取れなくなってしまう人もいるでしょう。
私も本番には弱い人間ですし、自由でいる方が楽であったりします。
無理に焦らされてしまうと、投げやりになったり適当になってしまう事も度々あります。

なので、自分は焦らされる環境が苦手だとか、ゆっくり腰を据えて出来る事の方が向いているという人もいると思います。
この辺は、ポテンシャルというか個性だと思っているので、自分はその場ではもしかしたらダメかもしれませんが、場所を変えたら活躍出来る可能性もあると思います。

出来るだけ焦らされる環境から距離を取る事も大事だと思いますし、こういう人は人の感情などにも敏感だと思うので、出来るだけ疲れないように過ごす環境も大事だと思います。

自分はどういう時に疲れてしまうのか?どのくらいまでなら耐えられるのか?などを考えてみるといいと思います。

ココがポイント

リラックスしていないと、体も心も疲れてしまって何も楽しめなくなってしまいます。

焦る場面になったら、まずは深呼吸から

もし、焦る場面がきてしまったらまずは、深呼吸をしてください。
呼吸が浅くなると、緊張続きになってしまって自律神経を壊してしまいます。

物事に集中している時なども、呼吸が浅くなってしまう人も多いので気にしてみた方がいいと思います。
元々焦りやすい人は、自律神経を拗らせている人もいるかもしれませんし、その為にも規則正しい生活も大事だと思います。
数分や数秒手を止めた所で、大きく変わる事も少ないと思うので、焦ってしまった時には一度冷静に戻る事が大事です。

意外と、心の中では焦って心配しているけど、やってみたら早く終わった何て事も多いと思います。
物事は杞憂で終わる事も多いので、少し緩めてみましょう。
誰かに助けを呼んでもいいと思いますし、相談してもいいのです。
全て一人でやろうとしなくてもいいですし、時間ないに終わればOKなのです。

焦る事も程々に、自分をいじめる事も程々に。
緩やかに生きていけるといいですね。

ココがポイント

呼吸はとても大事な事であり、人間の心と繋がっている部分があると思っています。焦ってしまったらまずは大きく呼吸してリラックスしましょう。それだけでも大きく変わってきます。

スポンサーリンク

物事は焦ると疲れるので程々に【まとめ】

物事は焦ると疲れるので程々に【まとめ】

何度も言いますが、焦ると疲れます。
自分で望んでないのに焦ってしまう時もあるでしょう。
自信がないから、不安だから、時間がないからなど色々あるでしょう。

自分を成長させる事で耐性が出来る人もいれば、根本的にダメという人もいます。
その辺を無理に悪いように比べる事なく、冷静に自分を一番活躍させる出来る場所はどこなのか?と考えてみる事も大事です。
ゆっくり、焦る必要はないので、少しずつ考えていきましょう。

自分のペースは自分で作る物です。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

■notoで日記も書いています
>>noto:DAISUKE@思考のバランス

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
目標:10,000円のお寿司を食べたい

-メンタル・仕事
-, ,