メンタル・仕事

失敗を過剰に恐れないようにする方法【やっぱり失敗は恐いですよね】

2021年10月8日

失敗を過剰に恐れないようにする方法【やっぱり失敗は恐いですよね】

誰でも成功は嬉しいけど、失敗は恐いと思う物だと思っています。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

はてな

初めての事をする時など、失敗したらどうしよう。
ドキドキして夜も眠れないんだけど。

このような事で悩んでいませんか?
結論を言いますと、失敗は誰でも恐い物だと思っています。
だから、本番で失敗しないように練習をする事もあると思いますし、そのプレッシャーがあるから真剣に向き合う事もあると思います。
ただ、中にはそれが本当に苦手で体調を崩し過ぎてしまう人だったり、過剰反応し過ぎてしまう人もいます。

そうなってしまうと、情緒不安定が長引いてしまったり、病気になってしまう事もあります。
何より不安が多い時間が長い分人生を楽しめなくなってしまうので勿体無いですよね。

失敗を恐れる事自体は、誰にでもある物だと思うのでどうにも出来ないと思っていますが。
必要以上に過剰反応しないようにするだけでも大分変わると思います。
本記事では、失敗を過剰に恐れないようにする方法について持論を書いています。

スポンサーリンク

失敗を過剰に恐れないようにする方法【やっぱり失敗は恐いですよね】

失敗を過剰に恐れないようにする方法【やっぱり失敗は恐いですよね】

失敗を過剰に恐れないようにする方法は以下の通りです。

ポイント

  • 失敗するかもしれない物事を具体的にする
  • 失敗が不安なら練習するしかない
  • 時には逃げても構わないですよ

以上になります。
それでは、書いていきますね。

失敗するかもしれない物事を具体的にする

失敗するかもしれないと過剰に不安を感じてしまう人は、漠然と恐れていたりします。
物事によると思いますが、なぜ失敗するかもしれないのか?という事が具体的になればある程度は対処が可能です。

過剰反応する人は、その物事が理解できてないから『自分になんか出来ない』と思ってしまったりします。

自分に出来るわけがない=失敗する

このように考えてしまう結果だと思います。
理解する事によって、自分は◯◯だから失敗するという言い方が出来るようになるので、その◯◯の部分を埋める事が出来れば過剰に反応しなくても予防できるようになると思います。

私たちは知らない事を不安に思うので、占いなどに頼ったりします。
ですが、失敗は誰でもする物ですし、失敗からしか学ぶ事ができない事も多くあります。
怒られる事もあるかもしれません、傷つく事もあるかもしれません。
しかし、その分得られる事もあり、成長の栄養となるのもまた失敗でもあります。
まずは、失敗の何に恐れているのか?
それを自分の中で見つけてあげる事が大切だと思います

ココがポイント

失敗する不安要素を具体的にして、対策する事で過剰に反応し過ぎないようにするしかないと思います。

失敗が不安なら練習するしかない

失敗する事が不安で仕方ないと思うのは皆そうだと思います。
では、どうするのか?答えはシンプルで『行動する事』です。

私たちは、止まっている時の方が恐れてしまうので、行動する事で不安が和らぎます。
暇を持て余して、不安を考えてしまうと一番星のごとく輝いて見えてしまいます。
しかし、車を運転しながら夜空を眺める事が難しいように、動いていると他の事にも気が散るので不安に集中しなくてよくなります。
もし、失敗する事が不安で反芻して考えてしまう人は何か他の事で気を逸らす事をおすすめします

他にも、それが練習が必要な事だった場合は、練習するしかないと思っています。
舞台に立つ人でも、沢山の練習をすると思います。
失敗してはいけないですからね。
その失敗するかもしれないという不安を消すのは、練習に向き合った数だと思ったりします。

勿論、中には失敗をする事でしか覚えれない人もいます。
そう私です。
私は、バカなので自分が経験しないと、理解出来ない事が多いです。
それはそれで、当たって砕けろと思う部分を持つ事も大事です。
とか言いながら、そういう場面になると緊張し過ぎて吐きそうになったりしていますがね。
時には、強がる事も大事だと思います。
仮初の強がりを少しずつ本当にしていく方法もあると思います。

失敗する経験が増えれば増える程、物事によりますがある程度は慣れていく部分もあります。
この程度の失敗は全然大丈夫とか。
他の事でフォローできるから問題ないとか。
反復して経験する事で、自信に変わって行きます。
そうする事で、失敗自体が怖くないと思わなくなる事は少ないと思いますが、過剰に反応する事はしなくなっていくと思います

ココがポイント

失敗が不安なら行動する事が大事だと思いますし、失敗を繰り返す事で失敗の大きさを理解できるようになると、心が少し強くなれると思います。

時には逃げても構わないですよ

失敗する事が恐いと思うのは当たり前です。
失敗してはいけないと思って生きていた人が多い中で、失敗してもいいよ!と言っても難しいですよね。
それに、失敗はしてもいいけど、失敗してはいけないと思わないと良い物を生み出せない瞬間もあるのだと思います。
例えば、オリンピックなどで良い成績を出すのは、失敗してはいけない!というプレッシャーに打ち勝つから尊い瞬間になるのだと思います。

別にそういう物を求めていないよ!と言うのであれば、別に逃げ出す事も人生の選択肢だと思います。
逃げても後から戻って、もう一度トライしても良い訳ですし、逃げたら人生終わりではありません。
個人的には、その時は『戦略的撤退』という言い方をしていますが、それも戦術の一つと思えば軽くなります。

自分のメンタル具合だったり、周りの環境だったりなどで耐えられない瞬間もあります。
その時に無理に立ち向かって大きな失敗をして、酷く傷ついてしまう人もいます。
そうなってしまうと、立ち直るのに何年も掛かってしまうと人生が楽しくないですよね。

なので、そうならないように自衛の選択肢として、逃げる事を考えても良いと思います。

暇な人は、やしろあずき先生の『人生から「逃げる」コマンドを封印している人へ』という本をおすすめします。
読みやすいので、普段本を読まない人でも読み切れると思います。

ココがポイント

失敗を過剰に恐れてしまうのは、逃げられないと思っているからで、最悪逃げればいいや〜と思えたら結構強いですね。

スポンサーリンク

失敗を過剰に恐れないようにする方法【まとめ】

失敗を過剰に恐れないようにする方法【まとめ】

失敗を全く恐れないようにする事は根本的には無理だと思います。
そもそも、恐れない人はそういう人間なのだと思います。

ただ、ある程度失敗を経験すると、この程度の失敗はダメージじゃないなと思える瞬間もあります。
なので、後天的に身につけるとなると、やはり経験ではないかな?と思います。
知識だけ知っていても実際目の前にすると不安になるのが人間です。

自分の五感を使って自分の失敗に対しての価値観を変えていきましょう。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

■notoで日記も書いています
>>noto:DAISUKE@思考のバランス

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
目標:10,000円のお寿司を食べたい

-メンタル・仕事
-, ,