仕事・考え方

上司より部下は先に帰ってはダメなのか?【仕事が終わっていれば帰りましょう】

2022年10月4日

上司より部下は先に帰ってはダメなのか?【仕事が終わっていれば帰りましょう】

基本的には帰っても問題ないと思っています。
どうも、"だいすけ"です!(@desing_d

はてな

  • 上司より先に帰るのが気が引ける
  • 上司より先に帰るのって悪いこと?

このようなことを感じていませんか?
結論を言いますと、上司よりも先に帰ることは別に悪いことではないと思います。
ただ、『何か手伝えることありますか?』と一言聞くだけでも大分印象も変わってくると思いますし、実際に手伝えることがあれば評価も変わってくるのではないでしょうか?

別に仕事の評価とかどうでもいいから帰りたい!と思う人は帰っても何の問題もないと思いますし、もっと給料を上げたいだとか評価を気にする人はせめて一声掛けてから帰るようにしたらいいと思います。

本記事では、上司より部下は先に帰ってはダメなのか?ということについて持論を書いています。

スポンサーリンク

上司より部下は先に帰ってはダメなのか?【仕事が終わっていれば帰りましょう】

上司より部下は先に帰ってはダメなのか?という事については以下の通りです。

ポイント

  • 基本的には仕事が終わったら帰ればいい。
  • 一声かけるだけでも全然違うと思います。
  • 自分がどのポジションに行きたいのか?で考えてみよう。

以上になります。
それでは、説明してきますね。

基本的には仕事が終わったら帰ればいい。

基本的には仕事が終わったら帰ればいい。

基本的に仕事が終わったから帰る事は普通であって、悪いことではありません。
勿論、会社の勤務形態にもよる部分があるので、仕事が終わったという部分は個々で違うと思います。
それでも、勤務時間が終わった、自分のやるべき仕事が終わった場合は帰ることは問題ありません。
上司の人は上司の人で仕事をしている訳であって、仕事を他の人に振ってないと言うことは、その人にしか出来ないことの可能性が高いです

ただ、上司の人が帰らないと帰りずらいという気持ちはめちゃくちゃわかるのですが、仕事が遅い人だと無駄に帰るのが遅くなってしまうので気にしすぎてしまうと自分の時間を無駄にしてしまいます。

なので、その辺は割り切って自分のやるべきことは終わったんだから今日は帰る!と決めて動くしかないと思います。
いい人過ぎて自分の時間を過ごせなくなってしまうのは非常に勿体無いので、区切りをつけて行動するのがいいと私は思います。

ココがポイント

それぞれ持っている仕事が違うから、バラバラするのはある程度は仕方ないと思っています。

一声かけるだけでも全然違うと思います。

一声かけるだけでも全然違うと思います。

気になって痛くなってしまうような人は、一声かけるだけでも大分違うとお思いますし、仕事の評価も上がると思います。
ただ、デメリットとしては社交辞令ではなくて実際に仕事が増える可能性がある場合があるので注意しましょう。
それでも『何か手伝えることがありますか?』と聞いてくれることは嬉しいと思いますし、この人はやる気がある人だと思われると思うので、仕事への評価もつながります。

それに、自分の仕事以外の業務をすることは経験や勉強にもなる部分があると思うので、個人的には毎日でなくても定期的にこのようなことはした方がいいと思っています。
自分に時間の余裕があったりする時でないと、どのくらいの業務があるのか分からないのでその辺は考慮しましょう。

手伝う気がない場合でも『今日は少し用事があるのでこれで失礼します〜』的な感じでも当たり障りなくていいと思います

ココがポイント

『お疲れ様でした〜』だけよりも『何か手伝えることありますか?』と聞けるだけでも全然みられ方が違うと思います。

自分がどのポジションに行きたいのか?で考えてみよう。

自分がどのポジションに行きたいのか?で考えてみよう。

自分の業務が終わっていれば帰っていいのは間違いないですが、自分がその仕事場でどういったポジションに着きたいのか?で考えるといいと思っています。

例えば、この人は直ぐに帰る人だ!と思われるか、この人は手伝ってくれるいい人だ!と思われたいかという部分ですかね。
少し打算的になってしまいますが、新入社員などの場合は手伝った方がポジションは確保しやすいとは思いますが、それが定着してしまう可能性があるので注意が必要です。

ただ、手伝うことによって上司との人間関係も良好になると思いますし、コミュニケーションが生まれることによって評価されやすくなります。
物理的に成果をあげることができる人や、できる業務などであれば評価はしやすいと思いますが、世の中には評価されずらい仕事も沢山あります。
その時に武器になるのは、上司からの評価だと私は思ったりするので、その場合は上司と出来るだけ接点を持ち、尚且つ仕事を手伝うことによってポイントアップが狙えるのではないかと思っています。

色々考え過ぎてキモいと思われるかもしれませんが、自分がどうやって仕事をしていきたいか?は考えるのは大事なことだと思います。
その日だけ手伝うつもりが、どんどん手伝うことになってしまい気がついたら残業だらけという人も知っていますので、自分の意思はある程度決めておくといいと思います。

ココがポイント

自分がその職場でどうやって働いていきたいのか考えてみよう。

スポンサーリンク

上司より部下は先に帰ってはダメなのか?【まとめ】

上司より先に帰ることは別に問題はありません。
ただ、会社の雰囲気やローカルルールなどがある場合は違法ではありませんが、帰りずらい雰囲気の場所もあると思います。

自分の業務が終わっていたり、勤務時間が完了している場合は問題なく帰ることはできます。
個人的に気が引ける人は『何か手伝えることがありますか?』と聞いてから帰るといいと思います。
今日は本当に用事がある場合や、明日なら手伝える場合も『今日は用事があるのでもう上がりますけど、明日なら手伝えるのでやれることあったら言ってくださいね』的な雰囲気を出しておけば基本的にOKだと思います。

まぁ、あまり難しく考えないで帰りたかったら帰ればいいと思ったりもしますので、気軽に帰りましょう!

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

スポンサーリンク

最近のマイブーム

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
ブログ:約1400記事以上、ラジオ500本以上更新中

-仕事・考え方
-, ,