My diary

結婚した男の休日モーニングルーティン【朝の習慣】

結婚した男の休日モーニングルーティン【朝の習慣】

YouTubeでは沢山のモーニングルーティンというのが投稿されており、面白いと思ったので動画ではなく自分の記録として今現在の自分の休日でのモーニングルーティーンを記録しておこうと思う。
なぜ休日かというと、私は仕事上出勤時間が変わったりする為、平日のは基本的に出勤時間30分まで寝ているからだ。

その30分の間に、服を着替えて、軽いご飯を食べて出ていくので特に書く事は少ないのでやめました。
ちなみに、この習慣は高校生の頃からずっとこんな感じです。

さて、休日のモーニングルーティンというのは、概ね決まっている。
30歳の過ぎた結婚した普通のおじさんがどの様な日常を送っているのかという興味が有る人は少ないと思うが、自分が数年後読み返した時の記録になればと思っている完全に自分の記録様の記事である。

本記事では、結婚した男の休日モーニングルーティンについて記録していこうと思う。

結婚した男の休日モーニングルーティン【朝の習慣】

結婚した男の休日モーニングルーティン【朝の習慣】

結婚した男の休日モーニングルーティンを記載する前に、私のスペックを書いておこう

DAISUKEのスペック

  • 年齢:31歳
  • 性別:男
  • 職種:サラリーマン
  • 子供:女の子1人
  • 結婚済み
  • アパート暮らし
  • 趣味:多数

それでは、順番に起きてやっている事を記載していこう。

起床は平日と変わらない7時くらい

起床時間は大体7時半、それよりも早くはならないし遅くもならない。
目が覚めてから必ずする事は目薬をさす事。
私はドライアイが酷く、そのままにしておくと目を開けられないので再び睡眠に入ってしまう事もあるので、まずは目薬が第一。

トイレに行きたくなる事が多々だが、休日は布団でスマホを開き小説を読み始める。
基本的、隣で妻が寝ているが妻は朝が弱い為基本的に私より先に起きる事は少ない。
おまけに子供も朝が弱いので、私だけが起きている、そして静かな布団の中で読める小説は最高の至福の時間と言える。

8時に布団から脱出

8時くらいになると、子供が起き始める。
そうなると、大体お腹すいたというので私も布団から出る事にする。
この時妻はまだ眠っている。

布団からでたら、トイレに行き我慢していた尿意を開放させて体内の不純物を排出する。
その後必ずコップ一杯水を飲む事にしている、これは胃腸や脳の働きをよくすると聞いたので試している。
プラシーボかもしれないが、なんとなく効果が有る様に感じる。

そしてとりあえず、子供のご飯を準備する。
朝から大層な料理は出来ないので、コンフレークだったり、昨日の残り物で対処する。

8時半に洗濯やブログを書き始める

ご飯タイムが終わったら、洗濯をまず回す。
その間にブログを書き始めるのが、休日でまずやる事である。
夜でも構わないのだが、夜の方が頭が死んでいるので基本的にスラスラかけるのはどちらかといえば、朝なのでなるべく朝にやるべき事は持ってきている。
これは、仕事でもそうだけど面倒と思う事か、考える様な仕事は基本的に朝対処した方がスムーズなのでおすすめ。

時には全く思いつかない時もあるが、その時はその時で考える。
大体このブログが1時間〜2時間くらいかかると思う。
そして、書き終わった頃くらいの妻が目覚めたりする。
この書いている間に大体、自分のお腹が空いてくるのでヨーグルトとグラノーラを混ぜたものを食べる。

なぜヨーグルトとグラノーラなのかというと、私は胃腸が弱いみたいで腸内環境を有る程度整えないとおならが出過ぎたり、めちゃくちゃ臭い。
なので、出来るだけ抑える為に朝はヨーグルトは必ず食べる様にしている。
カルシウムもとらないといけないですしね。

ブログが書き終わり次第自由時間

この書き終わりはわからないのですが、大体10時前には終わる事が多いです。
休日なので、出かける予定があればその時間から出ていきますし、なければ本を読むかゲームをしています。

私は基本的にインドアで全てを解決出来てしまうので自分から何処か行きたいは言いません。
なので、子供か妻が行先を指定してもらわないと永遠と自宅になるという事ですね。

やはり、動画の方がこういうのを記録にするのは面白いですね。
以上になります。

結婚した男の休日モーニングルーティン【まとめ】

結婚した男の休日モーニングルーティン【まとめ】

一般男性のおっさんのルーティンなんて知った所でと思います。
恐らくなんの為にもなりませんし、なんの価値もないでしょう。
むしろ、読んでいただけた人は『時間の無駄だった!』と思っていただけたら幸いです ( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
ブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-My diary
-,

© 2020 Dデザイング