My diary

心で動く人【心で動くが分からない】

心で動く人【心で動くが分からない】

はい!どうも、DAISUKEです!(@desing_d

昔から頭で考え過ぎると言う事があり、結局動けないで生きている日々に鬱々としていた。
行動出来る人と言うのは、頭で考えるより先に体が動いていると聞く。
科学的にも、脳は変化を嫌うから『やらなくていい理由』と言うのを考えてしまいがちになるそうです。
逆に体を動かしてしまうと、脳はそれに伴って『やる方法』などを考えるそうなので、頭でっかちと言うのは余り意味がありません。

ただ、中にはそう言った考えよりも『心で動く』という人がいて、面白いなと思いました。
そう言った考えは方と言えばスピリチュアル(見えない物)側だと思いますが、現代に発達した科学ではなく自分を信じると言う事。
この自分を信じると言うのは現代ではとても必要な事であり、恐らく私が今欲しいのはこの『心で動けるモノ』と言うのも、論理的思考は意外と得意ですし仕事もそこまで不満はありません。
結婚もして、子供もいて、新しい命もまた増えようとして幸せでもあります。

ただ、本当に昔から自分のパーツが揃っていない感じがして、『心から何かをする事』と言うのがなく、どこか寂しい気持ちもずっとあるのです。
何故そんな抽象的な考えに行き着いたのか?と言う事と、今の自分の気持ちと似た様な人がいるかもしれないので、ここに今の私の気持ちを書き残しておこうと思います。

心で動く人が美しいと思った

私はパソコンの事が他人より詳しいので、今の会社ではパソコン関係だったり、ホームページの作成などもしています。
そうなると、自分はパソコンが好きと思っていましたが、最近では別にそうではないと感じてきました。
確かに興味があった時はありましたが、そこまで好きな訳でもなく、要領がいいから他人より情報収集が得意だったと言う事です。

パソコンと言うのはルールが決まっており、答えがあるモノが多いです。
AIなどはわかりませんが、複雑に絡み合ってはいますが調べれば大体の事は出てきますし、解決できます。
しかし、人間と言うのはそもそも完全には理解されていません。

科学的にこうだ!と言うのはいくつも出てきてはいますが、統計上という話も多いので自分がそこに当てはまらない人間も少なからずいると言う事です。
タバコを吸っても癌にならない人もいれば、タバコを吸っていなくても癌になってしまう人もいる様に絶対はないのです。
とは言っても別に科学を否定している訳ではありませんし、科学も大好きです。

ただ、そんな中で色々試しても自分の気持ちにフィットする事は訪れないですし。
まだ見えてきません。

そんな中、する事は『心で決めている』という人がいて、なる程自分ってその考えは無かったなと思っていました。
損得勘定ではありませんが、無意識的に人目を気にしたり、自分がやりたいから行動するという結構、子供の頃には当たり前にあった事を忘れているのだと思います。
そういった人を見て、羨ましいと思いましたし、何より気持ちよさそうに見えたんですよね。
お金では無い物はきっとそこにあって、今の自分には魅力的に見えたと言う事です。

日々の生活で他人との心のズレ

私は表面上のモノと言うのが殆ど興味がありません。
例えば、社交辞令は社交辞令となんとなくわかりますし。
ブランドモノなどで着飾っても、薄い人か厚い人かはなんとなくわかります。

例えば、昔からテレビって余り見ていません。
まだネットがない時代から、テレビと言う物に執着が薄かったです。
強いて見ていたのはアニメくらいですかね。

なので『あいのり見た?』みたいな会話も入る事が出来ませんし、他人の恋愛も全く興味がありません。
他人の悪口も聞いていて気分が悪くなるので嫌いですし、みんなでワイワイやっている人よりも1人でポツンとしている人の方が気になったり。
まぁ、それでもいじめに会う事もなく、なんとなく学生生活を送った記憶がありますが、楽しかった?と言われればそうでもない様なきがします。
結局横目を見ていた様な気がしますし、興味ないけど興味のあるフリをして自分を偽っていた時もあったと思います。
多分だれでもそういった時期があるのだと思いますが、それって結局楽しくないんですよね。

今は大人になったので、有る程度自分の好き嫌いと言うのがわかっているつもりですが、『心から』というキーワードで問いかけた場合は分からないんですよね。
そこで気がついたのは、偽った自分も自分ではあるのだけど、その偽った事によって本来自分の中にある物に布を掛けてしまっていて分からなくなっているのではないかと思っています。
一応言っておきますが、私は鬱ではないですし普通に現在も幸せだと思ってポジティブに生きています。

ただ、本当に自分が心からやりたい事なのか?

と自分に問うと、『NO』と返ってくるのです。
現代では、多くの情報が溢れていますし、色々な人の価値観を見る事ができますし。
日本というのは学生の頃から同調心理が異常に強いので、どうしても横目を見る事になってしまいます。

こういった結果、自分のやりたい事が迷子になってしまって、充実感と言うのを感じれなくなってしまっているのではないかと思うのです。
なので、もし他人と違うと思っても無理に相手に合わせる事なく、そのままの自分で居てください。
勿論、社会のルールや法律は守る必要はありますが、無意味に自分を押し殺さないでください。

心で動くと言うのは、どう生きていくかと言う事

なんで心で動く事に魅入られたかと言えば、生き様がカッコいいと思ったから。
もうその選択の一つ一つが、その人の生き方で尚且つ愛が有る事が殆ど。

有名人だとUVERworldのTAKUYA∞さんはメッセージ性の高い歌詞に表現力で毎度心を動かされます。
あった事ないのでわかりませんが、恐らく自分にも厳しくでも愛がある人だと思うのです。
歌と言うのは、譜面的な上手い下手はあると思いますが、心が動く上手い下手には敵わないと思っています。
こう言った所で無意識的にも私たちは、心を動かされているのであれば、きっと心で行動するという事もあるのではないのか?と思うのです。

そして、その心で動くと言う選択は良くも悪くも覚悟がいるのだと思います。
だから人は感動するし、心に響くのだと思うのです。

こう淡々と書いていて気がつきましたが、そうなると私は覚悟が足りないと言う事なんでしょう。
人目や評価を気にしないで、自分と言う物語の主人公は私であるという事を否定しないで受け入れて覚悟を決めなければ手に入れる事は出来ないと言う事なんでしょう。
現代では、テレビでこう言っていた。周りはこうしている。など自分の答えの様で自分の答えでない薄っぺらい物が沢山あります。
それをずっと脳死プレイで選択していくと、あたかも自分の考えている様に勘違いして実はそれは洗脳に違いのではないか?と思ったりします。

そして、そろそろその洗脳から逃れて自分の物語を始めた方が良いよ!と言われている気がします。
自分でもまだ整理が出来ていませんが、また進展したらこの様な自分の中身を書いて行こうと思います。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-My diary
-,

© 2020 D-desing