家庭・生活

レビューはあてにならないので自分で考えよう【安い物は安い】

スポンサードリンク

はい!どうも、DAISUKEです!(@desing_d

アマゾンの商品レビューとかってサクラもいるって聞くし、本当に信じていいのか分からない

この様な事を悩んでいませんか?
結論を言ってしまうと、レビューってあまり当てにはならないので、参考材料としては良いですが盲信的に信じてしまうのはお勧めしません。

レビューはなりすまし(サクラ)もあり得ますし、商品を送った際にレビューを書いたら何かプレゼント的なグレーな商売をしている所も実はあるのです。
そうすると、プレゼントをくれるのに悪い事を書けないし、星も低評価って心理的に付けづらくなりますよね。
必然的に5段評価であれば、3以上は確保出来るので純粋にその商品が良い物かどうかという事がわかりにくくなってしまいます。

ただ、このプレゼント系のパターンだと感想も簡単な物ばかりなので、大体わかります。
あとは、レビューを書いているのも人間なので、周りの評判などに影響されてディスりたい、何か偉そうな事言いたい、様は匿名でマウントを取りたがる人もいるので、世間的に話題になっている時期なのか?と言う事も気にしたらいいと思いまうす。

本記事では、レビューはあてにならないので自分で考えようという事について紹介しています。

スポンサーリンク

レビューはあてにならないので自分で考えよう【安い物は安い】

レビューはあてにならないので自分で考えよう【安い物は安い】

レビューはあてにならないので自分で考えた方が良い理由は以下の通りです。

ポイント

  • レビューの多くは主観的な感想
  • レビューは金で作る事が出来る
  • レビューは参考程度、基本は口コミや検索

以上になります。
それでは、詳しく解説してきます。

レビューの多くは主観的な感想

レビューの多くは主観的な感想が多いです。
当たり前ですが、自分が使った感想とかなのでその人の基準がわかりにくいという事だったり、星5でも『良い商品でした!』とか書かれていても意味がわからないですよね。

物事の多くは完璧な商品と言うのは基本的に存在しないと思っているので、大体メリットもあればデメリットも存在すると思っていますし、高い物が良い物とは言い切れませんが、安い物というのはそれ相応のスペックだとも言えます。
なので、レビューを見る際は星の数を見るのではなく、写真や内容を気にした方が良いと思います。

星はあくまでその人の主観的に付けた点数なので、生活水準の高い低いだったり、色々なガジェットを触っているのでも評価は変化してくると思います。
感想を読むのが面倒だから星の数で『この商品は売れている』と思ってしまう人も多いかと思いますが、そうではなく、内容をしっかり確認しましょう。
LANケーブルの様にあまり変化の無い物であれば、メーカーと金額だけ気にすればいいと思いますが、似た様な商品が多い物でそれなりの金額がする物って結構困りますよね。

もし、今現在星の数だけで商品を買っているのであれば、もしかしたら損をしている可能性もありますし、もっと良い商品が実はあるかもしれませんので、レビュー星の数だけで購入を決定するのは止める様にしましょう。

ココがポイント

レビューはライターの様なプロが書いている訳ではなく、ユーザーであり素人です。なので本当の声とも言えますが主観的な感情が強いと思うので、それに自分の感性がマッチするかはわかりません。

レビューは金で作る事が出来る

悲しい現実ですが、商品レビューは金で作る事ができますし、世間的にネガティブイメージが流行ると評価を下げて書く人がとても多いです。
誰かがそう言っていたから、それはそういう物だ!という固定概念が生まれてしまい単純に流されただけの感想が生まれたりします。

冒頭でも言いましたが、レビューは依頼する事もできますし商品を買った時などに『レビューを書いてくれた人に○○をプレゼント!』だったり、『レビューを書いてくれたら○○円返金致します』この様な事は、恐らくAmazonでも楽天などでもNGとしていると思いますが、普通に行われている事です。
これが悪い事だと私は思いませんが、こういったやり方でレビューを集めている商品もあると言う事を理解しておく事が必要です。
というか、こういう事が行われている時点で、レビューって実は評価が信頼性が低いと言う事がわかりますよね。

勿論、有料系のサービスでもしレビュー機能があればそういった所は正しいかもしれませんが、少なくともA○azonや楽○のはこういったサクラレビューが少なからずあると思っていますし、実際に私はとある商品を購入した際にそうった誘導する手紙が入っていた事が何度かあります。
商品レビューとはそれだけでも、SEO的な観点で上位表示される事もあると思いますし、星の数が多い=良い商品を思ってくれる人が増えたら購入する人が増えるので、そういう事をする人も当たり前ですがいます。

なので、レビューはそもそも作ろうと思えばお金や物で作り出す事が出来るくらい微妙なニュアンスな物と思ってください。

ココがポイント

レビューは金で作る事が出来るし、お金儲けが目的ならそういった事は当たり前に出てくる。

レビューは参考程度、基本は口コミや検索

では、レビューを基準にしてはいけないのか?と言われればそうではありません。
商品レビューはあくまで一つの参考事例として知っておく程度で良いと思います。

中には信じれるレビューもあるので、全てを否定するのはナンセンスです。
ただ、一番信頼的に硬いのは、私生活の中での口コミだったり、その分野が得意な人に聞いたり。
検索して出てきて尚且つPRでない記事などを参考にするのは有りだと思います。

PRはPRと理解した上で見るのは手段として有りだと思いますが、基本的にそこまでの価値はない場合が多いので参考程度にしましょう。
最終的には自分で考えてどれを買うのかと言うのを自分で決める事になりますがそういった思考はとても大事になってきます。

突然家に来た保険の営業なども自分で良いのか悪いのか考える必要があります。
自分で決めるという力は実は意外と大事で、常に使い続ける事が必要でもあります。

レビューを全当てにするのではなく、自分の思考を信じて選択する力をつける様にしてみてください。

ココがポイント

レビューは参考程度にして、あらゆる情報を参考にして自分だけの答えを出す事がいいでしょう。

スポンサーリンク

レビューはあてにならないので自分で考えよう【まとめ】

レビューはあてにならないので自分で考えよう【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
商品レビューは100%信じるのは結構危険なので、おすすめしません。

自分で買う物は自分で考えて選択する事などを常に考えておくといいでしょう。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-家庭・生活
-,

© 2020 D-desing