家庭・生活

買い占める人の心理とは?【無意識的に不安を感じている】

スポンサードリンク

今回のコロナウイルスで、マスクや除菌系の商品が姿を消し。
さらにトイレットペーパーやティッシュなども姿を消しつつある。

私も一応ニュースは見るし、SNSなども確認するのでティッシュが無くなるぞ!というのは目にした。
そして、翌朝案の定薬局は長蛇の列をなしていて、ティッシュ、トイレットペーパー、おまけにキッチンペーパーも無くなっている。
ついでに見て回った結果、お菓子やカップラーメン、水なども週末の薬局の数倍は無くなっている様に感じる。

恐らく、ティッシュを買って行った人の中にもその情報はデマと知っている人もいるだろう。
だけど、なぜ人は買い占めてしまうのか。
生理用品も売り切れの所もあるそうだ。
本当に必要な人が買えば恐らく無くなる事はない供給量だったはず。
恐らく、まだ家にストックが数個ある家庭も多いはず。

だけど、買い占めてしまう。
この心理は恐らく、変化からのストレスという不安からの行動だと思われる。
人間は変化に弱く、今回はウイルスという事で結構未知で予測が出来ないと思う。
学校は休みになり、仕事も在宅になり、お店なども潰れている。
その変化に無意識ながらでもストレスを感じ、日用品や無くなるかもしれない商品を確保する事で安心感を得ているのではないかと思う。
本記事では、買い占める人の心理について個人的に思った事を書いていこうと思う。

スポンサーリンク

買い占める人の心理とは?【無意識的に不安を感じている】

買い占める人の心理とは?【無意識的に不安を感じている】

買い占める人の心理は以下の通りです。

ポイント

  • やはり不安なのである
  • 悲しいけど、転売目的もいるかもね
  • 我が身が大事は仕方ないのである

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

やはり不安なのである

冒頭でも話した通り、人間は変化にストレスを感じる生き物です。
結婚した時、引越しした時、同棲した時など、ストレスを感じた事はありませんか?

特に、今回の様な非常事態の時には不安を煽るツイートをする人は沢山いますし、ニュースも不安を煽る言い方もします。
勿論、危機感を持つ事は必要ですので多少は必要ではありますが、過剰反応しすぎると本来本当に必要な人のところには商品がいかないで、安心感を得る為だけに買ってしまうという現象も起きてしまうので注意が必要です。

人間は日用品を買う事によって、ストレスを緩和する人が多いそうです。
確かに、ティッシュなどは腐るものでもないですし、多くあっても大して困る事もないので買ってしまいますよね。
それに、仕事などで感じた事がある人がいると思いますが、なにもする事がないとストレスを感じるという事ありませんか?
それも似た様な物で、問題が起きているから何かしないと不安ですし、その不安のまま居るのがストレスなので関係した物を買ってしまうという事ですね。

確かに、予想出来ない環境で不安は募るかもしれませんが、水も食糧もあるのでとりあえずは何とかなるのでは?と思うのが私の意見です。
逆にこの二つがストップする災害などはかなりシビアに考える必要があると思います。

ココがポイント

不安を減らす為に買ってしまう

悲しいけど、転売目的もいるかもね

日本はまともな人が多いと思われていると思いますが、それでも転売目的で買い占める人もいます。
この辺は少数だと思いますが、なにぶん1人で沢山買ってしまうので結構たちが悪いです。
マスクなどは、1人が1ヶ月くらい保てばとりあえず大丈夫だと思いますが、恐らく数年分とかストックしてしまうのではないでしょうか。

トイレットペーパーやティッシュなども、単価は安いのでワンチャン売れるかも?と思って買う人もいそうですよね。
特に会社が停止しているところはそういう事を考える人が出てきても可笑しくないと思います。
確かに、経済が悪化すると物価も変わったりするので色々な価値が変動するので、株などは勝負をする人もいるでしょう。
その手段が、今世の中に需要の有るものを買っているだけなので、転売といってもやっている事は普通の商売だと思います。

ただ、モラル的によくないですし、気持ちの良い事ではないので私も個人的にはあまり好きではないですし、こういう時くらいは必要な分を必要な人にパスして欲しいと思います。
とは言っても、やっている本人のこういう常識的な回答は頭の中にある上で行っていると思うので、無理だと思いますが。
一応、1人の意見としてここに書いておきます。

ココがポイント

悪意を持って買う人もいるという事です。

我が身が大事は仕方ないのである

色々書きましたが、我が身が大事というのは当たり前なので悪い事ではありません。
ですが、少し考えて欲しい時はあります。

例えば、マスクを買うにしても。
3人家族で、全員それなりの年齢で、過去に大きな病気も持病もない人というのはマスクは必要ですが、3ヶ月分などはいらないと思います。
それより、小さなお子さんがいたり、通勤が電車通勤の人、個人的には年寄りが一番危険なのでは?と思います。
ティッシュなどは、花粉症もありますが、これも小さなお子さんや、年寄りの方、特に介護している人などはとても必要だと思います。

当たり前の様に使っているものを無くせという訳ではなく、使い方を工夫してみたりする事でいつも以上に使う事はなくなると思いますし。
そうした結果、本当に必要な人が買えて幸せになるのが一番優しい世界が出来るのではないかなと思います。
綺麗事かもしれませんが、自分だけの事を考えていても何も幸せにはなりません。
個々が他人を思いやる事でしか平和というのはこないと思っています。

自分や、家族はとても大事ですが、一度自分の周りの環境を見て判断してみてはいかがでしょうか?
自分達の必要以上に家にストックしてあり、十分過ぎる程であればもっと他の人の手にも渡ったはずです。
難しい問題ではありますが、この様な非常事態の時だからこそ、冷静な判断が必要だと思います。

スポンサーリンク

買い占める人の心理とは?【まとめ】

買い占める人の心理とは?【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
買い占める人の心理とは、結果的には不安をなくす為という事だと思います。
これを買ったから、安心という。自分が行動したから大丈夫というマインドが欲しいのだともいます。

それは、恥ずかしい事でもないですし、多くの人が感じる事です。
ただ、過剰に反応しすぎて周りの人たちの事を考えなくなってしまうのは少し寂しい気もします。
余裕があればこそ、他人に優しくできます。
優しくしたら、巡って帰ってきます。

優しくして、今回の不安を乗り切っていきましょう。
それでは、読んでいただいてありがとうございました。
ブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-家庭・生活
-,

Copyright© Dデザイング , 2020 All Rights Reserved.