ソフト

パソコンブラウザ(Chrome)で広告を非表示にする方法【広告ブロックとScriptオフの方法】

パソコンブラウザ(Chrome)で広告を非表示にする方法【広告ブロックとScriptオフの方法】
スポンサードリンク

インターネットの使用率が増え、当たり前の様にコンテンツを楽しんていると思います。
多くの事は無料でサービスを受けられる為、広告収入のみで運営している物が多いと思います。

私のこのサイトも広告費だけで運営している様なものなので、教えてしまうのは本末転倒とも言えるのですが。
普通のGoogleアドセンス だけならともかく、海外サイトなどでは結構悪質な広告も多いですし、もっと酷いとウイルスに感染してしまう可能性もあります。
ですので、一応、対処の方法として広告ブロックの方法と、もっと根本的なScriptというプログラムをそもそも作動させないという設定について紹介しておこうと思います。

基本的に設定をしておく必要はありませんが、ちょっとこのサイト怪しい気がするなどの不安を感じたサイトをどうしても閲覧したい場合には設定してからみるといいかもしれません。
勿論、ウイルスソフトは必ず入れておいた方がいいので、入れておきましょう。
個人的にはESETというウイルスソフトがおすすめです。

ESETセキュリティソフト公式ホームページ

こちらは、あくまでパソコンの場合なのでiPhoneの場合はこちらの記事を参考にしてみてください。
iPhoneでSafariのScriptを無効にする設定方法【script無効で海外サイトのリスクを減らす】

本記事では、パソコンブラウザ(Chrome)で広告を非表示にする方法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

パソコンブラウザ(Chrome)で広告を非表示にする方法【広告ブロックとScriptオフの方法】

パソコンを使う際は、必ずウイルスソフトを導入してください。
ESET、ウイルスバスター、ノートン、Windows Defender、なんでも良いので必ず導入アクティブと最新バージョンにしておきましょう。

入れておけばある程度普通に使っている場合はウイルスなどの被害に会う事はないと思います。
一番コスパがいいのは、Windows Defenderは最近のWindowsなら最初から入っているので必ずアクティブにしておきましょう。

Macの場合は、何かしろ導入するかAppStore意外からは絶対にアプリをダウンロードしないなどを徹底しましょう。
そして、この方法をしても100%対処出来る訳ではありませんし、広告を非表示というだけで悪い事を考える人はアレコレ新しい対策をとってきます。
なので、安心するではなく、危険かどうかと自分で判断する事も大事なので、知らないサイトを閲覧する時は少し気にしてみましょう。

ココがポイント

100%安全はないので、自分でそもそも危ないサイトは見ない、知らないアプリはインストールしない様に心がけましょう。

パソコン(Chrome)で広告をブロックするプラグインAdblock Plus

パソコン(Chrome)で広告をブロックするプラグインAdblock Plus

広告をブロックするプラグインは多く存在しますが、個人的にはこれでOKだと思っています。
多くの人が利用していますし、個人的にも使っているので不便さを感じません。

こちらからダウンロードをしてください。
Adblock Plus

インストールすれば、アクティブになるのでそれで終わりです。
大体の広告はブロックされるので、邪魔な物が消えると思います。
ただ、自分がサイトを運営していて広告を確認したい時などはOFFにしないと、ずっと表示されないという現象になるので注意しましょう。

中には、最近の流行りの広告なども確認出来るので、個人的にはOFFにしています。
ONにするのは、沢山の探し物をする時や、海外の良くわからないサイトでないと情報がない時などです。
日本語は読めば大体わかりますが、英語は良くわからないので面倒だからです。

パソコン(Chrome)でScriptをOFFにする方法

これは、強力な分デザインなども崩れたりサイトによってはクリック出来なくなったりするので基本的にはおすすめしません。

ただ、Scriptというのは簡単に言うとプログラムなんですが実際動いているものは見えないので大丈夫かどうか?というのは目視では判断ができません。
なので、全ての不安を面倒だからOFFにしておけばよっぽど大丈夫だよね?という感じの手段と思って頂けたら幸いです。
ただ、Scriptというのはデザインの用途でも使われていたり、ナビゲーションなどでも使われている為。

  • デザインが崩れてみにくい。
  • 動きが変
  • メニューが開けない

この様な事が起こる可能性がある為、基本的にはONにしておくのがいいと思います。
まぁ、こういった手段があるという程度に頭の片隅に入れておく程度で良いと思います。

それでは、Chromeを起動して設定してみましょう。

ChromeスクリプトOFF1

Chromeの設定をクリックしましょう。

ChromeスクリプトOFF2

サイトの設定を選択します。

ChromeスクリプトOFF3

JavaScriptを選択しましょう。

ChromeスクリプトOFF4

許可をOFFにしたら、scriptがOFFになりました。
戻す時はここをONにしてあげればOKです。

簡単ですね。

スポンサーリンク

パソコンブラウザ(Chrome)で広告を非表示にする方法【まとめ】

パソコンブラウザ(Chrome)で広告を非表示にする方法【広告ブロックとScriptオフの方法】

いかがでしたでしょうか?
恐らく通常であれば、プラグインのみで大体なんとかできますし。
セキュリティソフトが入っていれば、危険なサイトを教えてくれるので安心です。

ただ、悪い事を考える人も次々に方法を考えてくるので、気をつける必要はあります。
それでは、読んでいただいてありがとうございました。
ブロガーダイスケでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-ソフト
-, , ,

© 2020 D-desing