スマホ・タブレット

mac bookとiPhoneなどでAirDropできない時に確認する事

2021年3月10日

スポンサードリンク

休日出勤すると、なんとなく家族に悪い気持ちになります。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

MacにiPhoneからAirDropで画像を送りたいんだけど、なぜか送れないんだけどなんで?

この様な事に直面していませんか?
私も時たまあったりするのですが

連絡先登録してない人からは受信しないという設定をしているパターンと。
wifiがアクティブになっていない可能性が多いですかね。

他にも細かな物はあると思いますが、大体このパターンが多いですね。
物理的に容量がいっぱいの時もありますし、送りたいファイルがMacのPCないにない場合もできない事もありました。
そういった経験談も合わせて少しニッチになるかもしれませんが、書いて行こうと思います。

スポンサーリンク

mac bookとiPhoneなどでAirDropできない時に確認する事

mac bookとiPhoneなどでAirDropできない時に確認する事

mac bookとiPhoneなどでAirDropできない時に確認する事は以下の通りです。

ポイント

  • 初めての人とは、受信しない設定になっていないか?
  • BluetoothがONに接続できているのか?
  • 送れない時はメールと言うのが意外と解決としては早い

以上になります。
それでは、解説していきます。

初めての人とは、受信しない設定になっていないか?

初めての人はMac、iPhone共に受信しない設定になっている事が多いです。
まぁ、セキュリティの事を考えてオープンにしている人は少ないのではないか?と思ったりします。

Mac側

Mac側

iPhone側

ここを長押し

AirDropを選択

ここで、全てなどに変えると使えると思います。

使い方に関しては、問題ない前提で話しているので、使い方がそもそも分からない人は、他の記事を参考にしてみてください。

Wifi、BluetoothがONにできているのか?

私が良くあるのは、wifiとBluetoothをONにしてない事ですね。
というもの、仕事中はAirPodsをiMacで使いたいので、切り替えが面倒なのでiPhoneのBluetoothを良く切断してしまうのですね。
そのままにしている事が多いので出来ない事がありますし。
iMac側も基本的には有線で接続しているので、wifiをアクティブにしてない事が多いです。

無意識的にやっている事が多いので、なんで?となる事が多々あります。

他にも、MacにUSBをつないで、その中にあるデータを送ろうとしたら送れないのでなんでかな?と思ったら。
一度Mac内にデータを落とし込まないと送れない使用みたいでした。

小さな事ですが、壊れた?とか思ってしまう事もあるので、この辺を確認してみて欲しいですね。

ココがポイント

この辺は慣れていてもやりがちなので、確認してみて欲しいです。

送れない時はメールと言うのが意外と解決としては早い

色々やっても分からないよ!という人は、悩んでいる時間が面倒なので、最悪メールで送ってしまった方が早い事があります。
iPhone同士であれば、LINEとかでもいいかもしれません。
他にも、slackとかのチャットツールなども使ってもいいですし、自分のデバイス同士であればクラウドが便利ですね。

そのツールを使おうと思うと、そこに視野がいきがちですが、それ以外にも使えるツールは世の中には沢山存在しているので、別になんでも良いから送りたいというだけであれば、他の選択を考える事も大切だと思います。

意外と、一回きりの作業であれば、全然問題ないのでいくつかデータを送る術を持っておくといいでしょう。

ココがポイント

手段は色々あるので、AirDropに執着するのはやめましょう。

スポンサーリンク

mac bookとiPhoneなどでAirDropできない時に確認する事【まとめ】

mac bookとiPhoneなどでAirDropできない時に確認する事【まとめ】

自分のMacとiPhoneのやりとりは、クラウドした方が恐らく早いです。
誰かとのやりとりの場合は、表示されなかったらメールなどで送ってしまうのが早い。

意外とそんなもんだよな、と思いながら生きています。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-スマホ・タブレット
-, , , ,

© 2021 D-desing