メンタル・仕事

忙しくても自分の時間をしっかり持つ事が、ストレスを減らし幸せに繋がる

投稿日:2018年12月6日 更新日:

忙しくても自分の時間をしっかり持つ事が、ストレスを減らし幸せに繋がる
スポンサードリンク

こんにちは、ダースケ(@desing_d)です。
自分より他人を優先したり、自分後回しにしてしまう良い人っていますよね。
私もその気がありましたが、ちょっと思う事がありまして他人を優先する事を控えている時もあります。

それは、何故か。と思ったのは単純に他人の幸せでは自分は幸せになっていなかったからです。
別にその人が嫌いとか、妬ましいのではなく、あくまで自分自身の幸せはそこに無いんだと気が付いたのです。
なので、誰かの為ではなく自分の為に時間を使使う必要性をご紹介します。

自分の時間を持つ事で見える事がある

自分の時間を持つ事で見える事がある

まず、第一に余裕のある生活をする事です。
仕事など忙しすぎて暇なんかないZE!という方もいるでしょうけれど、忙しくてもいいのです。
自分の時間を作るという事が大事なのです。

それが、人それぞれで欲しい(満足)する時間は様々ですが、1時間でも2時間でも自分が好きな事(趣味など)を出来るじかん
仕事や他人の事を考えないで、自分の為に何かできる時間を作ると絡まった糸が解けるように見えてくるものがあったりします。

余裕というのは、暇であるのではなく、きちんと自分で時間を作り出せる生活という事です。
会社の飲み会を断る事、行きたく無いカラオケにNOという事、ちょっと買い物付き合って欲しいといわれ付き合ったものの、ちょっとではなく長すぎる買い物に、文句を言う事など・・・
誰かの為にやっている自分大好き!という方は、関係ない話ですのでこのページを閉じてください。
しかし、心当たりあるかたは、そこで自分が楽しい思いを出来てないのは可笑しいと気がつくべきなのです。

スポンサーリンク

他人は思ったより無責任

他人は思ったより無責任

こういった言い方は、少し寂しい気持ちもしますが、私が感じた事は他人は思ったより無責任という事です。
誰もが自分が一番可愛いので、面倒な仕事などは結構スルースキルを発動して、私関わりたく無いよ!オーラを出す人が結構います。

もちろん中には良い人もいますので、全員がそうではないのですが、無責任・というか無関心な人が殆どなので自分も少し手を抜くべきだと思ったのです。
目の前の困っている人を助けたいという、正義感はあるのですが、自分自身の事で一杯だったりその時の体調や心境などもあります。
まずは、自分に余裕が今あるか考えて、最後まで手助け、手伝い出来るか考えて行動するようにしています。

調子のいい事いって、最終的に放置プレイという事も多々見てきましたので、関わるなら最後までと個人的に思っています。
なので、他人は思ったより無関心で無責任なので、自分も多少は手を抜いてもバチは当たらないだろうと言う事です。

余った時間を誰かに使おう!

余った時間を誰かに使おう!

最終的に行き着いた答えは、「余った時間を誰かに使うおう」でした。
やはり、まず自分のメンタルや環境がある程度安定していないと、誰かに何かをする余裕なんて生まれませんし、出来たとしてもストレスになったり、変に見返りを求めたりと人間の汚い部分が出てきてしまったりするので、お互いが気持ちいい状態ではなく、自分が辛い状態になったりします。

それだと、自分の幸せが欠落していますので、ダメなのです。
まず、自分の時間をたっぷり取ったり、十分に取れない人は、毎日の習慣の中でこの時間だけは自分の時間と必ず取るようにしましょう。
その時間は、他の用事があっても断固拒否するくらいの自分の宝物タイムとしましょう。

そして、十分にリフレッシュできたら、気持ちよく毎日過ごせると思います。

まとめ

忙しくても自分の時間をしっかり持つ事が、ストレスを減らし幸せに繋がる

いかがでしたでしょうか?
まぁ、誰かの為っていうのも、根本からだと自分の為という考えもあるのですが
大体の人がそこまで深く考えていません。

やってあげたのに、など強く見返りを求めてしまって、嫌な気持ちになる人は尚更自分の時間を必ず作るべきです。
誰かの為ではなく、まずは自分の為に時間をつかってみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.