メンタル・仕事

理想と現実のギャップを受け止める事は大切です。【理想は幻想です。】

理想と現実のギャップを受け止める事は大切です。【理想は幻想です。】
スポンサードリンク

はい!どうもDAISUKEです!(@desing_d

理想と現実のギャップが激しすぎて生きるのが辛い

こんな事で悩んでいませんか?
結論を言ってしまうと、理想はただの理想なので現実を合わせてはいけません。
例えば、プロのギタリストを夢見てギターを始めた人がいきなりライブハウスに行っても観客が少ないのは当たり前ですよね。
YouTubeなども、沢山の人が初めているからとやってみたけど全然登録者数が増えないなんて事もありますよね。

意外と仕事などでもそうですが、理想と現実(実力)を見誤ってしまっていて苦しんでいる人が多いです。
そして、大体の人は脳内作業ばかり増やしてしまっていて、手を動かしていないのが現実です。

YouTubeやTwitter、読書などで知識などを得る事はとても簡単になりました。
それなりの技術であれば、それで十分でしょう。
しかし、ある一定のラインを突破したい場合は圧倒的に努力が足りなく技術不足というのが現実です。

本記事では、理想と現実のギャップを受け止める事は大切という事について紹介していきます。

スポンサーリンク

理想と現実のギャップを受け止める事は大切です。【理想は幻想です。】

理想と現実のギャップを受け止める事は大切です。【理想は幻想です。】

理想と現実のギャップを受け止める事は大切な理由は以下の通りです。

ポイント

  • アウトプット出来なければ全て妄想に過ぎない
  • 知識は使わなけれな自意識過剰になる
  • 等身大の自分を確認する事で、傲慢にならない

以上になります。
それでは、詳しく解説していきます。

アウトプット出来なければ全て妄想に過ぎない

残酷な話ではありますが、アウトプットが出来ない場合はそれは妄想にすぎません。
未来をイメージして進む事はとても大事ですが、頭の中でイメージしているだけでは所詮妄想でしかありません。

それを、形にする実力というのは努力でしか達成は不可能だと思っています。
上手に歌うレッスン方法は知っていても、実際に歌っていなければ歌は上手になりませんし。
プロのイラストレーターがイラストを描く動画を見ていても、自分が描かなければ上達する事はありません。

頭の中で描いているだけではそれは現実ではありませんし、所謂夢物語になってしまうのでそこにギャップを感じてしまうのであれば間違いです。
というか、当たり前です。

プロという立ち位置に立っている人の多くは、圧倒的な努力をしてそのポジションを取っていたりするので頭の中で考えながら尚且つひたすら手も動かしていると思います。
なので、そもそも、現実と理想のギャップに苦しんでいるのであれば圧倒的に行動しましょう。
頭で考えすぎるから苦しいのです。

動けは色々見えてきます。

ココがポイント

アウトプットしない理想は只の妄想です。それが悪い事だとは思いませんが、それで苦しむのは実は自分が行動していないからという可能性が高いです。

知識は使わなけれな自意識過剰になる

知識というのは沢山あった方が確かにいいですが。
使わなければ、自意識過剰になります。

要は、実力が伴っていないにも関わらず偉そうな態度の上司などですかね。
ですが、例えばGacktさんなどは、イケメンですし、センスもよく、歌も楽器も上手で恐らく相当な努力をしているストイックマンだと思います。
そういった人は実力た伴っているので偉そうな事を言っても、それは事実なのでそのまま受け入れる事が出来ます。

しかし、知っただけの知識や実行していない知識などは所詮自分の身になっていないので、説得力もありません。
なんで俺はこんなに色々知ってるのに!なんでみんな否定的なんだ!俺の事が正しいんだ!と思う人に限って根拠のない自信が多いです。
本を読む事や勉強する事などは正直当たり前で、それをしているからと言って天狗になってしまうのはいけません。

それを、実際に実行してみて結果を出せてからそういう行動を取るべきなのですが、結果が出た人はそこまで自意識過剰になりませんし。
結果を出せる人は、自意識過剰ではなく客観的に自分を確認出来る人物だと思います。

ココがポイント

理想と現実のギャップは自意識過剰になると大きくなります。それよりも客観的に自分を確認して、実績を作っていく事が結果的に幸せになれると思います。

等身大の自分を確認する事で、傲慢にならない

この問題は自分が達成出来ないでイライラする程度であれば自業自得でいいのですが。
歳を重ねると傲慢になって実績がないにも関わらず大きな口を出してしまい、嫌われたり、周りにストレスを与える存在になってしまうので注意が必要です。

傲慢というのは、難しいですが、頭の硬いおっさんにならない様に生きて行こうね!という感じです。

どうしても、横目を見ると自分より実力がある人や、恵まれている人というのは妬みたくなる時もあります。
しかし、それでは幸せになれないので、等身大の自分というのを常に確認する事をおすすめします。

自分の実力はこの程度だ、この仕事は向いていない、これは得意だし、これは好き。
でもこのレベルだと完全に趣味程度だから、仕事にするにはもっと努力が必要など。

現実と理想というか思考との間違い探しをしてなるべくギャップを減らしていく事によって、実力はある人はすごい!とか素直に受け入れる事がある程度出来る様になります。
むしろ、そこから年下でも認めてしまえればコツだとか、ポイントを教えてもらう事も出来ますし。
助けて貰える事もあるので、傲慢になっても良い事は全くないのです。

むしろ、自分自身を受け入れてコツコツ成長している人に人は集まって来ますし。助けても貰えます。
まずは、等身大の自分を素直に受け入れる事から初めてみましょう。

ココがポイント

特に男性はプライドなどが邪魔をするかもしれませんが、受け入れてしまえれば比べる必要がかなり減るので、大分楽になります。

スポンサーリンク

理想と現実のギャップを受け止める事は大切です。【まとめ】

理想と現実のギャップを受け止める事は大切です。【まとめ】

いかがでしたでしょうか?
理想と現実のギャップというのは、誰でも起こりうる事です。

ただ、理想と現実が違うのは当たり前ですし。
理想が現実にたどり着かないのは圧倒的に理想が高いか。
それに伴い行動していないからだと思います。

もし、その理想と現実のギャップに苦しんているのであれば、まずは理想を見直すか、行動を起こす事から初めてみてください。
そして、等身大の自分をしっかり認識して生きていきましょう。

それでは、読んでいただいてありがとうございました。
DAISUKEでした。(@desing_d

スポンサーリンク

-メンタル・仕事
-, , ,

© 2020 D-desing