人生

良い加減に生きる方法【適当ではなく、適度な加減に生きると言うこと】

2022年4月21日

良い加減に生きる方法【適当ではなく、適度な加減に生きると言うこと】

適度な加減っていうのも実は意外と難しいですよね。
どうも、DAISUKEです!(@desing_d

はてな

  • 良い加減に生きるってどう言うこと?
  • 適当に生きれば良いってこと?

このような事で悩んでいませんか?
結論を言いますと、良い加減に生きると言うことは、適当に生きるという意味ではありません。
適度な加減で生きると言うことだと私は思っています。

簡単に言ってしまえば、頑張り過ぎず、頑張って生きるみたいな感じです。
人間、生きていれば体調がいい時悪い時、気分がすぐれない時調子がいい時など様々です。
そういった変動的なことも含めて良い加減を出来るだけ保って生きることが大事なのではないかと思います。

これは、時代の流れなどにも影響する物事だと思います。

本記事では、良い加減に生きる方法について持論を書いています。

スポンサーリンク

良い加減に生きる方法【適当ではなく、適度な加減に生きると言うこと】

良い加減に生きる方法は以下の通りです。

ポイント

  • 0か100で考えない。
  • 昔のことだけ見ないで、今を見定める
  • 頑張る事と無茶を混合しない

以上になります。
それでは、説明してきます。

0か100で考えない。

0か100で考えない。

0か100の思考というのは結構危険です。
というのも、世の中は基本的に0か100で物事を考えていないのと、人間自体もさまざまなバランスの中で成り立っていると思うからです

例えば、テレビやYouTubeなので『健康にいいのはこの食品!』的な動画を見てから、その食べ物しか食べなくなる人がいますが、人間一つの物だけ食べていればよければ、不健康になる人は少ないと思います。
一つの物から効率よく栄養を摂取できる物はあると思いますが、必要な栄養素を全て網羅出来る食品はないと思います。
なので、バランス良く色々なモノを食べるのがいいと言われるのはそういう理由だと思います。

それに、テレビやYouTubeなどで良いといっても、自分にとって足りてないのは食べ物栄養素ではなく、運動不足の可能性も、睡眠不足の可能性、ストレス多くの原因が世の中には存在します。

適当に生きると言う中で、めちゃくちゃに偏って生きるのではなく、このような多くの物事を出来るだけバランス良く取得して活用していく事が大事なのだと思っています。
0か100で考える事は思考的には楽ですが、体やメンタル的には結構ダメージが多いと思うので、めちゃくちゃに生きるのは違うと思います。

ココがポイント

偏った思考をするのではなく、バランス良く思考するのが大事だと思います。

昔のことだけ見ないで、今を見定める

昔のことだけ見ないで、今を見定める

我々は昔起こった出来事を基準に物事を判断します。
過去の経験から、どう動けばいいか?をある程度把握していくのだと思います。

ただ、現代では流動的に変わる物事が多いですし、過去に経験のない事もどんどん起こってきます
その時に、適当に生きるとしたら、過去の自分に慢心することなく、現状の分からないこと、知らない事をしっかり把握して調べる事や、誰かに助けを借りる事というのが、適当な生き方だと思ったりします。

勿論、出来ない事もありますし、分からない事もあると思います。
単純に、それを慢心しないで受け止める事から始めればいいと思います。
不明な事、不安な事を明確にして、それを解消するために一個ずつ対処していくのが無難だと思います。

昔のことだけに偏ってしまうと、『昔は◯◯だったから』という言葉で言い訳をして、今見ないふりをしてしまいます。
これは、少し危険でここ10年でもテクノロジーの発展は物凄い速さで駆け巡っているので、昔は当てにならないこともあります。
勿論、当てになることもあるので、使えると思うモノは使う、使えない事はとりあえず置いておいて新しいモノを取りに行くというのが、適当な選択だと思っています。

ココがポイント

予測出来ない事はいくらでも起こるので、それを使えない過去に慢心して過ごさない事だと思います

頑張る事と無茶を混合しない

頑張る事と無茶を混合しない

あと、一番大事だと思うのは、頑張る事と無茶を混合しない事だと思います。
頑張る事はとても大事ですし、時には無茶をすることもあるかもしれません。

ただ、何にしても自分の体の方が大事であり、仕事などに自分の身を犠牲にする必要はないと思っています
勿論、仕事が生きがいだ!仕事は死ぬためにしているという人はそれでもいいと思います。
自分のキャパを超えて物事をしていると、人間うつ病などになってしまいますし、生きる気力も軽減していきます。

頑張るというのは、体を壊すことではなく自分をぎりぎり苦しい所で努力することだと思うので、病気になっては本末転倒だと思ったりしています。
なので、頑張る=徹夜ではなくて、頑張る=自分のメンタルも含めていいポテンシャルと保ちつつ、新しいこともできる範囲で取得すること。だと思っているので、無茶して自分の体やメンタルを壊さないようにしてください。

ココがポイント

無茶をして壊すと長引くので、個人的にはおすすめしません

スポンサーリンク

良い加減に生きる方法【まとめ】

良い加減に生きるというのは、めちゃくちゃではなく、適切な加減で生きると言うことです。
これは、年齢に合ったこともあると思いますし、時代で必要な物事も変化するのでそれに適応していくと言うことです。

過去の自分も大事ではありますが、今の自分と過去の自分では異なる部分も多いと思います。
なので、そこに100%信頼ではなく、その経験も使いつつ今の現状を打破することも思考に入れて生きていくことが大事なのだと思います。

世の中は基本的にグレーです。
その分自分が白黒はっきりすると結構疲れるので気をつけましょう。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので、興味がある方は是非とも聞いてみてください。
思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

■notoで日記も書いています
>>noto:DAISUKE@思考のバランス

スポンサーリンク

最近のマイブーム

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
ブログ:約1400記事以上、ラジオ500本以上更新中

-人生
-, , ,