人生

見返りは求めない方が幸せになる【ゼロには出来ないけど減らしていこう】

2023年1月13日

見返りは求めない方が幸せになる【ゼロには出来ないけど減らしていこう】

見返りを求めてする行動って、実は結構疲れたりするものです。
どうも、"だいすけ"です!(@desing_d

はてな

  • 見返りを求める事は悪い事なの?
  • 見返りを求めない方がストレスは減るの?

このようなことを悩んでいませんか?

結論を言いますと、見返りは基本的には求めない方が幸せになれると思っています。
他人の為に何かをするのはとても素晴らしい事ではありますが、見返りを求めるのはまた別の話です。
見返りというのは、自分が何かをしてあげたから対価として何かをして欲しいという欲求になると思います

しかし、必ずしも全ての人がお礼をしてくれる訳でもありませんし、自分が頼んだ訳ではないと言う人もいるでしょう。
その結果、自分は何も貰えないから不満になりストレスに変わってしまうのは変な話ですよね。
なので、見返りを元々求めない方が自分自信も楽ですし、自分がしたいからしているという風にした方がスッキリします。
とは言っても承認欲求などは少なくともゼロには出来ないので、多少は出てくるのは仕方ありません。
ですから、出来るだけ生活の中で他人に見返りを求めないという事を心がけるといいと思います。

本記事では、見返りは求めない方が幸せになるという事について持論を書いています。

スポンサーリンク

見返りを求めても必ず貰えるとは限らない。

見返りを求めても必ず貰えるとは限らない。

見返りを求めてしまう事は誰にでもあると思います、しかし望んだ所で必ずしも返ってくる訳ではありません。
そもそも、何かをしたら恩を返す必要があるかどうかも自分ではなく他人次第です。
仕事な訳でもないので、契約書がある訳でもありませんし、お金が発生している訳でもないので義務もないでしょう。
要は、見返りというのは良くも悪くも自由なのです。

何かをしたら、何かを返さなければいけないと思うのが多くの人が善良な心を持ってはいるとは思いますが、全ての人がそういう訳でもありませんし返すのが面倒と思う物事もあります
例えば、私の場合は最近は子供が産まれたので出産祝いをいただく事がありましたが、その返しをするのは正直面倒と思ったりします。
逆に私が知人などに出産祝いを渡す時はお返しは不要と必ず言います。
というのも、出産したから祝い金を渡しているのに、お返しでお金を使うのは意味が分からないと思いますし、出産後はバタバタしていてそんな余分な事に思考を使って欲しくないからです。
そんな事に時間やお金を使うなら、産まれた子供に使ってあげて欲しいと思っているので、自分への何かしろのアクションは必要なくて、どうしてもというなら一緒にご飯を食べに行こう!と言うレベルで十分だと思っています。

貰い物などのお返しも、何にすればいいだろう?と考えてしまうのも面倒ですよね。
それが楽しいと思える人もいれば、面倒と思ってしまう人もいるのも事実です。
なので、逆に最初から貰わない前提で動いた方が、自分も相手も自由な気持ちで行動出来るので生きるのが楽になると思っています。

ココがポイント

見返りを求めても、貰えない事は沢山あるので変に期待しない方が心が平安だと思います。

スポンサーリンク

自分がしたいから、何かをするようにしよう。

自分がしたいから、何かをするようにしよう。

私が常に心がけているのは『自分がしたいからした』と言う事ですね。
例えば、先ほどの出産祝いなどの話もそうですが、この友人には渡したい!と思ったから渡しただけであって、全員に渡している訳ではありませんし見返りを求めていません。
自分が気持ちよくなれるように渡しただけの自己満足の行動なので、その時点で既に私はもらっているのです

これが意外と全ての物事に言える事であって『自分がしなくて後悔しないか?』と考えてみると、自分がそれをしたいのか?したくないのか?考える事があります。
例えば、この人には何かしてあげたいと思うけど、この人は別にいいかな?と思う事もあると思います。
私はそれでいいと思います。
自分が元々何かしてあげたい!と思える人間に対して見返りを求めないで行動したい!と思える人にだけすればいいのだと思います。
そうする事で、何も返ってこなくても不満にはなりませんし、そういう人とだけ繋がっていれば大体幸せな空間になると思います。

仕事であっても、私生活であってもそうする事で随分楽になりますし、昔からの風習や習慣は正直無視していいと思っています。
自分には必要ない、自分はそうは思わないで問題ないのではないでしょうか。
少なくとも私はそうやって生きていますし、不自由を感じていません。
誰かのせいにするのではなくて、自分がしたいから行動する事で自分軸がしっかりすると思います。

ココがポイント

自分がしたいからすると言う行動は、他人に何かを求めている訳ではないのでとても楽です。

他人に期待しても、他人を変える事は出来ないと理解すると楽。

他人に期待しても、他人を変える事は出来ないと理解すると楽。

いくら、家族であろうが、恋人であろうが他人を変える事は出来ません。
何かを伝える事や言う事は出来ても、最終的に決めるのは本人なので誰も変える事は出来ません

例えば、自分の子供が大人になってから何も恩返ししてくれないと思う親がいたとしましょう。
しかし、子供からしたら生きてはこれたけど、暴力受けたし、まともなご飯もなかったなどの場合は恩は感じませんよね。
他にも、彼氏にいつもご飯を作ってあげているのに、何の感謝もないという女性がいたとしても、彼氏からしたらご飯作るのって普通のことじゃないの?と思われていれば感謝も何もないですよね。

このように、感謝や恩というのは人によって大小しますし、価値観によっても変化します。
レンズが変われば全て変わってしまうのです。
そして、見返りを求める時は必要以上に期待値を置いてしまうので、余計に返ってこないと苛立ってしまったりするものです。
なので、そういった他人の価値観を通過するものに関してはそもそも期待しない方が正解だと思っています。
貰えたらラッキー程度でいいと思います。

そこに期待値を置くぐらいなら自分の為に思考をした方が恐らく得です。
他人の価値観や行動に変に期待するから、ストレスを感じたりしてしまうのです。
なので、自分が何かをしたら何かを返してくれると見返りを期待しない方が結果的にストレスが減って幸せになると思います。

ココがポイント

見返りは相手が決めることなので、自分が気にしていても仕方ありません

見返りは求めない方が幸せになる【まとめ】

子供であろうが、友人であろうが、恋人であろうが、家族であろうが、変に見返りを求めるのは疲れるだけなのでやめましょう。
そうした方が自分の心も安静で生きることが出来ますし、イライラする事もないでしょう。
何かを得る事よりも、今ある幸せを噛み締めた方が無い物ねだりにならず実は充実したりします。

もし、見返りを期待し過ぎてしまう人は期待しないように自分の価値観を変化させていきましょう。

それでは、読んでいただいてありがとうございました!
DAISUKEでした。(@desing_d

YouTubeでラジオ配信などもしているので
興味がある方は是非とも聞いてみてください。

思考のバランスを発信しているラジオです
↓※チャンネル登録してくれると嬉しいです♪
>>YouTube:思考のバランスラジオ | DAISUKE Voice Blog

スポンサーリンク

最近のマイブーム

  • この記事を書いた人

DAISUKE

本サイト『Dデザイング』を運営しています。"だいすけ"です。
何となく生きづらい世の中なので
少しでも楽しく生きれる人が増えると良いなと思っています。
思考のバランスを発信していきます。
仕事:会社員です。HPを作ったり、デザインやパソコンの管理などもしています。
趣味:パソコン/植物/生き物/読書/アニメ/ラノベ/漫画など…
ブログ:約1400記事以上、ラジオ500本以上更新中

-人生
-, , ,