DESIGN Web design

デザインセンスが無い人でも誰でも鍛える事ができる、デザインセンスを磨く些細な習慣

投稿日:2018年6月21日 更新日:

デザインセンスが無い人でも誰でも鍛える事ができる、デザインセンスを磨く些細な習慣
スポンサードリンク

私自身デザイン?と思ってしまう時があります!どうもダイスケ(@desing_d)です (=ω=.)ノシ
所謂、デザインの仕事もしていたりする私なのですが、別に学校に通っていた訳でもありませんし
寧ろ、ちょっと最近まで1年間、ニートもしていました。

そんな私ですが、デザイン関連の仕事もしています。
よく、『私はセンスがないから』など、クライアントの方から聞くことがございます。

しかし、デザインセンスというのは誰でも鍛えることだ出来ますし
誰もがデザインしていく時代だとも思っています。

それでは、デザインセンスを鍛え方を紹介します。

デザインとは?

デザインとは?

そもそも、デザインとはなんなのでしょうか?

デザインは、さまざまな分野で異なる意味を持っている
出典:wiki

デザインというのは、昔からと意味合いが変わったというか、色々なジャンルで使われるようになりました。
僕のこのサイトも自分をデザインする意味で名前をつけています。

だから、デザインってなんだよ!!と、思ってしまいますよね。

デザインの定型でもう一つは誰かにユニークな期待をし達成するためのロードマップまたは戦略的アプローチであり、その目的を達成するための法的、政治的、社会的、環境的、安全上および経済上の制約の中での、仕様、計画、パラメータ、コスト、活動、プロセスである。
出典:wiki

これが近しいですかね。
クライアントなどから、情報を頂き、その情報をまとめ、目的を達成するための出力をし完成させる。

例えば、一枚のチラシをクライアンとから頼まれた場合
予算や云々もありますが、そのチラシは何のチラシか、ターゲットは何か、長期的なものか、どういったイメージをもたせたいか、
など打ち合わせをしている間で、固まって来ます。

その様な、クライアントが漠然とした案件を具体的に形に落とし込むのが僕がしているデザインに近いです。
この方法であれば、フォントの種類、文字の大きさ、文字の量、心理カラー、などはある程度無難な理論が出ていますのではめ込み。
それに、最近の流行、独自性を混ぜ込んで行きます。

大雑把に説明しましたが、僕はこんな感じなのではないかと思います。

スポンサーリンク

デザインセンスの鍛え方。

デザインセンスの鍛え方。

デザインセンスという言い方はあまり、考えたことないですが。
センスとは

物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。
出典:wiki

えーとですね。
先ほどに、最近の流行と、独自性を混ぜ込むとあるじゃないですか。
最近の流行に偏りすぎると、自分がなくなります。
独自性を偏ると、それはもはや芸術や自己満の世界になります。

これを、クライアントが満足にいく様に、上手にバランスをとって完成させる事ではないかと思います。

ちょっと分かりづらいかもしれませんね。

じゃあ、デザインセンスってどうやって鍛えれるのか!?
と思いますよね。

単純に、自分が好きなものをはっきりさせていく事。
世の中がいいと思うものを具体的にさせていく事。

ざっくり言ってこの2つなのではないかと思います。
流行=センスがある。ではないのです。

正直、テレビなどでファッション番組とかで見ていても、僕は良いと思う事はあまりありません。
自分なら、こうじゃね?とか、もっと違う色入れた方がいいんじゃね?
と心の中で研究します。

しかし、世の中ではそのファッションデザイナーさんがチョイスした服が流行であって良いのです。
そこを否定してはいけないのです。それもあり、自分の意見もある。

練習にいいと思うのは、電車の広告、雑誌の表紙などですかね。
とりあえず、沢山のものを意識して見るという事が何よりも大事です。

そして、この広告の何がいいのか、悪いのか
この、映像の何が違和感なのか、好きなのか。

相手に説明出来るぐらいまで、具体的に言語化しアウトプットする。
論理的に説明出来るものは、実はある程度誰でも出来る事だったりするのです。

ぶっちゃけてしまうと、素人相手なら、口が上手な人でも語れると思います。

完成で完結してだすのは、自己満か、芸術のどちらかだと思うのです。

デザインセンスの鍛え方まとめ

デザインセンスの鍛え方まとめ

いかがでしたでしょうか。
なるほど、わからん!と、なる人もいるでしょう。
最初は僕もそうでした、やってく上というか、やらざるを得ない状態でしたが・・・ =͟͟͞͞ ( ꒪౪꒪)

大事なのは、よく見て考えて、言語化すること。

よく見て考えの辺まで、結構出来ている人はいるのですが
伝える力がないと、相手も納得しません。

まずは、自分の好きな事なんでもいいです。
多肉植物でも、イラストでも、アニメでも、映画でも・・・
それが間違っているとか考えなくて良いです、個々で感じる事は違うので。

それを突き詰めていけば、ある程度のデザインセンスは磨かれていくと思います。
よんで頂きありがとうございました。
それでは(=ω=.) ノシ

スポンサーリンク

-DESIGN, Web design
-, , , ,

Copyright© Dデザイング , 2019 All Rights Reserved.